← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2005年6月

EVER QUEST II ONLINE
Viviと黄金のカエル
2005年6月


今月はエバークエスト2にどっぷりハマっていたので、FF11の日記はお休みです・・・

というワケで・・・ 今月はエバークエスト2についてレビューします。

*注意*
以下のエバークエスト2評価は、2005年6月時点のものです。バージョンアップ等によゲーム内容は大きく変化します。


エバークエスト・・・ MMORPGをプレイしている方なら、その名を知らぬ者はいないくらい、有名なMMORPGです。

私は初MMORPGがFF11だったので、MMORPGの知識はあんまりないんですが、なんでも、FF11はエバークエストを参考にして作られたらしいしです。

そのエバークエストが、システムやグラフィックなどを一新。エバークエスト2として生まれ変わったのです。しかも、FF11のスクウェアエニックス管理で。

これは、面白そうかもしれないな〜、と思いつつも、ちょっと洋物ゲームで気になるのはグラフィックの嗜好。

実は前作のエバークエスト(1)も、少し気にはなっていたのです。ですが、いかんせん数年前のグラフィック技術で、デザインもいわゆる洋物ゲーム特有のアメコミ調というか、ケバケバしいというか、ちょっと馴染めそうにないグラフィックだったので手を出さないでいました。

はたして、エバークエスト2はどうか・・・?

いやはや、エバークエスト2のHPを見てビックリ。心配のグラフィックは格段に向上しています。さすが技術の進歩は凄い。とくに、水や光の処理が凄いっぽい。デザインは・・・相変わらずアメリカンだけど、まぁ、これは「味」として無理やり許容できなくもない?

さて、とりあえず実際にプレイするとしたら、どんなキャラクターにしようかなぁ〜などと、種族紹介ページを眺めてみる。

私はデカい男なので(主に横幅が)、ガッツリしたキャラが、感情移入しやすい。FF11でいえばガルカ。リネージュ2でいえばオークだ。

エバークエスト2では、選べる種族が15種類と非常に多く、しかも男女別なので、実質30種類!FF11の3倍以上もある。それだけで、ゲーム内の賑やかな様子が想像できる。

さて、その中でガッツリ系種族は・・・・

バーバリアン・・・典型的ガッツリ型人間だ。でも、あくまで人間ちっくなので、なんかフツーだな、ボツ。

オーガ・・・うわぁ・・・いや、ガッツリしてるにはしてるけど・・・酷過ぎないかこれ・・・まるっきり敵モンスターじゃないかヽ(;´Д`)ノ 当然ボツ。

・・・うーむ、ガッツリ系はこの2種類だけか・・・なんか、エバークエスト2の種族は普通なのとケバいのと、差が極端過ぎるんだよなぁ・・・人は人だし、ネコはネコだし、カエルはカエルだし。FF11のミスラみたいに程よい感じにはできないのかしら?

・・・え?カエル?

か、か、カエルがいる!!

私の目を留めたのは、フロッグロックというカエル人間。

あ、あぁ・・・ 可愛いっ!!

カエル可愛いよカエル(*´д`*)ハァハァハァ・・・


エバークエスト2のゲーム自体よりも、フロッグロックという種族キャラクターに興味を・・・というかひと目惚れ状態に。

そんなワケで・・・

カエルの為にエバークエスト2のコレクターズボックスを注文。

このコレクターボックスは、マップやらシリアル付きカギオブジェが付いてたり、とてもとても、無駄に豪華。(←この手の初回特典に弱い)

さっそくインストール。そして、プレイ開始!!キャラクターメイキンッ!

・・・・えーっと、カエルカエルっと・・・(=´▽`=)

・・・・ん?

・・・・あれれ?

・・・・おかしいな・・・

カエルが選べないYO。

・・・・なぜ?

・・・・うーん、ちょっと公式サイトや掲示板見てみるか・・・

*フロッグロックはゲーム中のクエストが完了しないと選択できるようにはなりません。

・・・・な、なんですと?!

*しかもそのクエストはグループだとレベル25〜、ソロならレベル35〜で、攻略可能。

・・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)!?

*若しくは高レベルレイドをクリアしたサーバーならば、クエストをクリアせずとも誰でも選択できるようになります。しかし、クリアされるまでは2ヶ月はかかるでしょう。

・・・・(゜Д゜)ポカーン

く、くそう!!チクショー!!カエルで釣っておいてカエルが使えないとはどういう了見か!!!!

うー、ともあれ、せっかくパッケージ買っちゃったし、インストールもしちゃったし、カエルが使えるようになるまで、様子見プレイでもしてみるか・・・

というワケで、カエル以外の種族を選ばなければ・・・

カエル以外にも15種類もある種族。しかし、種類が無駄に多いワリには、ろくなのがない(ぉぃ

他の獣人っぽいのは気味が悪いし、人間タイプはフツー過ぎるし、さらに顔が濃いいし・・・

「どれも魅力的で選ぶのに悩む」のではなく、「どれも嫌で選ぶのに悩む」なんて・・・

EQ2には興味あるけど、キャラクターグラフィックが嫌でプレイしない、なんて意見を聞くが、よく分かる気がする・・・

そんなこんなで、キャラクターメイキング画面で小一時間ほど右往左往・・・

・・・・どうしよう・・・

・・・・あぁ、もう様子見だし、適当でええや。

・・・・普通の人間にしとこ。なんとなく女の子にしとこ。

・・・と、半ば投げやりに、Veksarサーバーにてヒューマン♀「Vivi」誕生。

顔は濃いけど体はセクシー(はぁと) モーションもおじぎなどの基本動作以外にも、セクシーポーズや投げキッスや死んだフリなどいっぱいあって楽しい。

コレクターボックス用特典として、自分の部屋で飼えるベビードラゴンや、竜の銅像などがゲーム内でゲット。特にベビードラゴンが可愛い!部屋の中をトコトコ歩いたり、居眠りしたり。

あ、ちなみにオオカミはViviが変身した姿ですのであしからず。

様子見と思いながらも、結局1ヶ月どっぷりプレイしてしまった・・・

以下にEQ2の感想というか、FF11との比較みたいな事をつらつら書いてみます。


■ゲーム進行について

FF11の場合、ゲームが始まると所属国へ放り出されて、「後はご勝手に」状態なのですが、EQ2は自国へ着く前に、チュートリアルな場所とクエストが用意されていて、ゲームを始めていきなり「何していいか分からない」という事態にはならない親切設計だ。

チュートリアルを抜け、自国についたらついたで、沢山のクエストが待っている。とにかく人と話せばクエスト発生。依頼先でもクエスト発生。戻ってきてもクエスト発生。敵を倒してクエスト発生。アイテム調べてクエスト発生。

とにかく、知らないうちにクエストまみれになっていく。まさに、エバークエスト。

FF11では、意識して「このクエストやろうか」という感じだけど、EQ2では自分の意識とは関係なくドドドーっとクエストが押し寄せてくる。

クエストといってもRPGお馴染みの、モンスターを何匹倒せとか、荷物をある人物に持っていけとか、いわゆる「お使い」ばっかりですが。

クエストをクリアすると、お金やアイテム、経験値が必ず貰えるのがミソ。さんざん苦労したあげくお礼だけとか、はした金ちょびっとなんかじゃない。苦労した分は、ちゃんと報われるのが良い。

ただ、ちょっと物足りなく感じるのは、やはり「演出」が無いからか・・・

FF11では些細なクエストでも、キャラが活き活きと動き回って「演出」してくれてましたが、EQ2では、手振り身振りのモーションとセリフだけ。

ちなみに、セリフは全て音声入りで凄いのですが、英語なので何言ってるのかサッパリ。いちおう訳メッセージは出るけど・・・やっぱ少し味気ないのは確か。

■移動について。

EQ2はFF11に比べ、移動速度も速いし、自分のパワー(MP)を消費してダッシュできる技(とんずら)を誰もが使え、ついでに自分のホームポイントへ帰還する技(デジョン)も誰もが持っている。

さらに他の早足呪文やアイテムも充実してるし、フィールド内・外を瞬間移動・自動移動する施設も充実している。EQ2で移動に関しては何の文句も無い。むしろ、簡単にエリア移動できすぎて味気ないくらいだ。

この移動に関しては、EQ2が特別優れているというワケでなく、他のMMOでも感じましたが、FF11の移動速度が際立って鈍足なんですよね・・・ 他のゲームをやってFF11に帰ってくると、必ず移動のトロさにイライラする。

あと、EQ2には「ジャンプ」があります。これも、とてもなにげに重要。

FF11の場合、ちょっとした段差に足をとられた時は、大きく迂回して段差を回避しなければならず、こんな数十センチ程の段差も乗越えられないのかよヽ(;´Д`)ノ とウンザリした事が多々あったハズ。

しかーし、EQ2はヒョイっとジャンプで回避できるのだ。あ、目の前に柵が・・・ヒョイ!あたりまえの事があたりまえにできる!この快適さは体験してみなくては分からない。

あと、移動といえば、海や川に潜れるか、山に登れるか、という要素も重要だ。

その点、EQ2はバッチリどっちもできる。特に海底探索は面白い。水中専用の敵が待ち構えているし、謎の遺跡を発見したり、ダンジョンへの入り口があったり。

「ジャンプ」と「水中移動」ができるので、橋の上から滝底へダイブ!なんて気持ちいいアクションもできる。*一歩間違うと岩に落ちて即死したりしますが・・・

■敵の強さバランスについて

FF11の敵の強さのバランスは、いわゆるパーティープレイ必須仕様。

低レベルならプレイヤーと敵の強さは均衡しているけど、高レベルになるにつれて同レベルでも敵の強さが圧倒的になり、段々とソロが不可能になり、PTを組まざるを得なくなるのだ。

EQ2の場合は、レベル以外にも強さが細かく設定されていて、同レベルの敵でも「ノーマル」「ヒロイック」「エピック」という3段階に分かれる。

レベル10のノーマルの敵は、レベル10のソロプレイヤーで倒すことができる。

レベル10のヒロイックの敵は、レベル10のソロプレイヤーで倒すことは不可能だけど、レベル10のグループで倒すことができる。

レベル10のエピックの敵は、レベル10のソロプレイヤーで倒すことは不可能で、レベル10のグループでも不可能で、レベル10の多人数レイドでやっと倒すことができる。

このように、EQ2ではソロ用、グループ用、レイド用と、目的別に強さの設定がされているのだ。なので、ソロの人はソロ用を、PT組んだらPT用をと、敵がかぶらななく、しかもソロ・PTが気分によって両方できる良いシステムだ。

さらに、敵はグループを組んでいたりして、1対多の戦闘や多対多の戦闘も普通だ。しかも、グループを組んでいる敵は少し弱くなっているのもミソ。

例えば、FF11では同レベル複数の敵に絡まれたら、なすすべもなくタコ殴りにされて終わりだ。しかしEQ2の場合、「ヒーラータイプを先に倒す」など上手く立ち回れば撃破することができるのだ。

そして、こういった修羅場の乗り切れば、それに見合ったボーナス経験値も得られる。

EQ2の敵の強さのバランスやシステムは、非常に素晴らしいと思う。EQ2をプレイして、一番感心した所だ。

■ジョブバランスについて

EQ2のジョブは、まずファイター、プリースト、メイジ、スカウトというアーキタイプと呼ばれる4つのジョブ原点があり、そこから細かく枝分かれして合計24ものジョブがある。

しかし、いくら細かく枝分かれして24ものジョブがあっても、最初のアーキタイプから主な役割は既に決まっている。

HP維持役のプリーストは、リジェネで徐々にHPを維持するタイプ、ワード(ストンスキン)で攻撃を無効化してHPを維持するタイプ、攻撃を受けたら発動するヒールでHPを維持するタイプ・・・

タンク(盾)役のファイターは、攻撃を防御アップ技等で凌ぐタイプ、攻撃を素早くかわして凌ぐタイプ、攻撃を自己回復して凌ぐタイプ・・・

いくら細かくジョブが再分化しても、仕事の仕方が違うだけで、やってる事(盾役・回復役)は同じなのだ。なので、24もジョブはいれど、大雑把に見れば結局はファイター、プリースト、メイジ、スカウトの4ジョブしかないと言っていいかもしれない。

では、プリーストは回復役しかできないのか?と言えばそうではなく、ジョブによっては強力な攻撃魔法なども覚えられるし、殴りもけっこう強かったりする。こういう細かい所が、24のジョブの個性として「意味」を持たせている。

戦闘での各ジョブの立ち回りは、タンク(盾)が敵をひきつけて、アタッカーが敵のHPを削り、ヒーラーがメンバーのHPを維持する。と、FF11と変わらない。

FF11で戦士をやってた人は、EQ2でファイターをできるだろうし、白魔道士をやってた人はプリーストができるだろう。

ここらへんは、EQ2がFF11に似てるのではなく、FF11が前作EQを参考にしたからなのでしょう。

ただ、違うところは、EQ2の場合あまりキャンプを必要としない事だろうか。

FF11はヒーリングで静止してなきゃMPが回復しないので、そういう仕様上キャンプ必須だけど、EQ2は静止してようが、歩いてようが、パワー(MP)は回復するので、静止している必要が無い=キャンプが必要無いのだ。

広大なフィールドを探検しながら・・・

「お!敵発見!倒せー!」「これ倒したら山のほう行ってみよう!」「謎の洞窟発見!!」「おおー怪しー!」「突撃じゃー!」「お!敵発見!倒せー!」

・・・などと、ワイワイ移動しまくりでレベル上げができるので、楽しい。

移動しまくりでは疲れるのでは?と思ったけど、そうでもない。むしろ、じっとヒーリングしてる方が退屈で苦痛だったりするのだ。

■グラフィックについて

戦闘システムや、敵の強さなどは良くできてるのですが、敵のグラフィックがなんともチープというか、見たまんまというか、芸が無いというか・・・

特にEQ2の動物系の敵は、見た目がそのまま既存の動物なのだ。クマはクマだし、シカはシカだし、カニはカニだし、ライオンはライオンだし。とにかくそのまんま。

せっかく「地球」とは違う「別世界」なんだから、もっとゲーム的オリジナリティがあってもいいのに。ワザとそうしてるのか(地球の過去という設定とか?)、デザイナーに芸が無いのかは分かりませんが・・・

逆にFF11の敵グラフィックは、一目で「あ、カニだ芋虫だ」と分かって、さらにちゃんとオリジナリティのある造形がされている。しかもセンスがいい。ここらへん、スクウェアは流石だ。

・・・と、ここまで読んで気づかれたと想いますが、私はけっこうグラフィックには拘る派である。そして、グラフィックで許せない・・・というか、拘る所がもうひとつある。

下の画像はFF11とEQ2の木のグラフィックなのですが、木の付け根に注目して下さい。FF11は付け根部分に付け根専用のテクスチャが貼られていて「自然に木がはえている」感じが出ているのに対し、

EQ2の方は、付け根専用テクスチャがないので、まるで「置物のように木がポンと置いてある」感じに見えてしまうのだ。

・・・ええ、わかってる。自分でも細かい事言ってるって、わかってる。

でも、どーしても、こういう手抜き・・・というか、作り込みの甘さを見ると萎えてしまう。これは「EQ2だから」という理由ではなく、他のゲームでも感じている所だ。

EQ2のグラフィックの技術はFF11のそれよりはるかに高い。岩や金属の質感、水の質感や動きなど、1つ1つパーツとして見ると凄く素晴らしい。

ですが、全体で見るとパーツの1つ1つが「置き物」のように見えてしまう。まるで派手なバラエティ番組のセットのようで、パーツ1つ1つが自己主張して全体的に馴染みが無いのだ。加えてアメリカンな色調の濃さも、パーツの無駄な自己主張に拍車をかける。

逆にFF11は、グラフィックの技術は低いものの、上の木の付け根テクスチャのように、パーツとパーツの接触部分に専用テクスチャを用意するなどしてグラデーションを作り、パーツとパーツとを上手く馴染ませている。さらに、色調を地味に抑える事で、落ち着きが出て全体的なまとまりができる。

ちょっと批判ちっくになってしまったけど、決してエバークエスト2のグラフィックがチャチだと言ってるワケではない。派手好きか、地味好きか、そういったレベルの話であり、実際グラフィック技術は必要十分以上なレベルだ。

グラフィックが良いから良いゲーム。悪いから悪いゲームと言ってるワケでもなく、ただの好みの問題ですのであしからず。

ここらへんのグラフィック云々は完全に個人の好みで左右されると思う。FF11より、EQ2のグラフィックが良いという人もいるだろう。だけど、私はFF11の方が全体の完成度が高いと思う。なにより、その世界にいて落ち着くのです。(ただの慣れだと思うけど)

やっぱり、グラフィック(だけ)はFF11が一番だなぁと思うのでした。


さて、エバークエスト2を自分なりに書いてみて、これといって批判してるトコは無いとこに気づく。

クエストの演出不足やグラフィック云々は、重箱の隅をつつく程度のモノだし・・・ 細かな嗜好を無視して、1つのゲームとして考えればFF11より優れていると思う。

あと、エバークエスト2を始める前、FF11より難易度が高く、とっつき難いゲームだと思っていたのですが、とんでもない。

FF11に比べ、EQ2は全然ヌルいです。ヌルヌルです。親切設計です。快適設計です。理不尽なストレスも皆無です。バランスも良いです。

初心者にMMORPGを薦めるとしたら、間違いなくFF11よりEQ2になるでしょう。

*注意*
以上のエバークエスト2評価は、2005年6月時点のものです。バージョンアップ等によゲーム内容は大きく変化します。

さて、様子見つもりだったのに1ヶ月どっぷりプレイしてしまいました・・・これも、EQ2が面白かったという証拠。

Viviのレベルも25になったので、同レベルの人達と例のカエル開放クエストをクリア。やっとカエルが使用可能に!!

VIVI「さぁ、もう大丈夫よカエルさん、私があなたを解放してあげる・・・」

私は、そっと目の前のフロッグロックに手をかざす。まだこの世界に定着しきれていないのかフロッグロックの体は透明で陽炎みたいに揺れている。

やがて、うっすらとフロッグロックの目が開かれ、私をキョトンと見つめた。

フロッグロック「・・・こ、ここは?・・・お、お前は誰だ・・・!?」

VIVI「・・・あら、私があなたを解放してあげたのよ。恩人に向かって『誰だ』は無いんじゃない?」

フロッグロック「・・・解放?・・・そうか、そなたが・・・それは失礼した」

VIVI「ふふ。ねぇ、あなたお名前は?あ、私はビビよ」

Rufa「わしか?わしの名は・・・ルファ。わしを解放してくれて、ありがとう、ビビ殿」

フロッグロックのRufaはそう言って笑った。

そして、陽炎のように揺れていた体が、ハッキリと形作られ、この世界に定着する。

VIVI「・・・綺麗・・・」

私は、Rufaを思わず見つめて、ため息をつく。

その体は、まばゆい黄金の光を放っていた・・・

Rufaの冒険はまだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

EverQuest is a registered trademark of Sony Computer Entertainment America Inc. in the United States and/or other countries. (c) 2005 Sony Computer Entertainment America Inc.All Rights Reserved.