← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2005年3月



うぉ!スゲー・・・

えー、最初はクソゲー扱いしていた新釣りですが、慣れてくるとどっこい、かなり素晴らしいデス。具体的になにが素晴らしいって、「海蛇の岩窟釣り」が素晴らしい。

「海蛇の岩窟釣り」の素晴らしい所・・・

●テレポヨトで気軽に行ける

●シュリンプルアー1個あればOK(太公望なら糸切れなし)

●テレビ見ながらダラダラやっても時給6万円以上

●モンスターがテキストだけで100%分かる(スニ釣りしなくていい)

●1時間程度なら「なにも釣れなかった」無しで入れ食いウハウハ

●釣れる魚の格闘にクセがなく簡単

釣り場は他にもクフィムでのイカ釣りや機船釣りなど、美味しい場所はあるのですが、海蛇ほど「お手軽」ではないんですよね。その点海蛇は、お手軽さと高収入を兼ね備えた素晴らしい釣り場なのです。(周囲のサハギン等に絡まれない高レベルが必要ですが)

海蛇のお手軽さポイントを詳しく説明すると・・・

●テレポヨトで気楽に行ける

海蛇ほ岩窟はノーグの近くなので、すごい遠いイメージがあるのですが、テレポヨトから歩けばそんなに時間かからないんです。テレポホラからセルビナ行くよりずっと早い。

●シュリンプルアー1個あればOK

生エサの準備をする事なく、シュリンプルアーが1個あればネビムナイト、グリモナイト、バストアブリームと超人気魚が釣れる上に、太公望の竿なら糸を切る魚がいないので、ずっと釣り続ける事ができる。

●モンスターがテキストだけで100%分かる

さて、上記の2つは以前からあった特徴ですが、今回の新釣りからはモンスターを100%判別できるようになりました。これが一番大きなポイントでしょう。

以前はコントローラーの振動や汗のグラフィック等、曖昧な情報でモンスターを見極めていたのですが、「釣り人の予感」のおかげでモンスターの見極めがテキストだけで100%分かるようになったのです。(スキルや釣り場によっては100%とは言えず)

このおかげでモンスターを釣る事が無くなり、ビクビクする事もなく、スニ釣りする事もなく、かなりマッタリと余裕ができます。

■海蛇の岩窟 釣りメッセージの違い
(スキル88:太公望&シュリンプルアー)

何かがかかったようだ!(ビックリ1つ)
しかし、悪い予感がする・・・・・・!!(他に数パターン有り)
(バストアブリーム)

何かがかかったようだ!(ビックリ1つ)
なんとなく釣れそうな予感がする!
(暴れ小:雑魚、ゴミ)
(暴れ中:ネビムナイト)
(暴れ大:バストアブリーム)


何かがかかったようだ!!!(ビックリ3つ)
しかし、悪い予感がする・・・・・・!!(他に数パターン有り)
(グリモナイト)

何かがかかったようだ!!!(ビックリ3つ)
なんとなく釣れそうな予感がする!

(モンスター)*Bボタンキャンセル

*スキルや装備によってメッセージは変わるので参考までに。

「釣りアクション」についても、スティックを倒すだけで良いのか?ガチャガチャするのが良いのか?ちょっと混乱していたのですが、釣れる魚によって操作を変える事が良いのが分かってきた。

雑魚・ゴミなど動きが鈍い魚は、魚が動いた逆の方向へ、普通に左スティック(テンキー)を倒すだけでOK。とくにゴミなんかはどっちかに倒しておけば勝手にHPが0になる。

伝説魚など動きが激しい魚は、魚が動いた逆の方向へ、左スティック(テンキー)を「ガチャガチャ(連打)」したほうが釣りやすい。

ちなみに、この釣りアクションはPS2とPCで難易度(?)が違うらしい。しかもPCでもスペックによっても違うらしい、なんだかなぁ・・・

とりあえず、私の環境(PC)ではガチャガチャ(連打)が良い感じデス。なぜ良いかはよく分からないけど、たぶんフェイント等に素早く対応できるからかな?

さらに釣りしやすくするために、ガチャガチャ格闘に特化した「ファイティングフィッシャーコマンダーPRO」まで開発!

「ファイティングフィッシャーコマンダーPRO」
−特許申請中−

(テンキーの邪魔なキー外しただけじゃまいか・・・)

スキルが88になって、釣り師範へと昇格いたしました!スキルカンストまでまだまだ道は遠い・・・


いろいろ思う所があって、黒魔道士再開しました・・・

 

ふと、なんとなく続けていた詩人・・・ PTでモテまくりなのをいい事に、そのままダラダラと続けてしまった。いわゆる「誘われる」のが目的でやってきたのだ。でも、それで良かった。FF11の大半はレベル上げだし、私はソロなど殆どしないので詩人である意味正解だったのだ。(特に時間の無い社会人には都合良い)

しかし、そんな詩人に疑問を抱き始めたのが、プロマシアミションでのBC戦闘だ。

殆どのBCが10分、長くても15分以内で終わってしまう。長期支援型の詩人にとってはこういう短期火力集中型の戦闘とは相性が悪い。

ソウルメヌメヌが唯一短期火力集中に貢献できそうだけど、2時間に1回だし、なにより詩人を外して他にアタッカーを入れたほうがまだマシ。

詩人はじわじわ技ばっかりでヒャッホイ技が皆無なのです・・・ BCでヒャッホイ技が無いのは詩人だけではないんですが、せめてソウルメヌメヌでアタッカー1.5人分くらいの違いがあれば存在理由があるのに・・・

詩人が貢献できそうなBCといったら。例えば敵が無尽蔵に湧いて出て来てずーっと1時間くらい戦闘しっぱなしとか、そんなBCがあったら活躍しそうだ。絶対やりたくないけど。

要はグタグタ愚痴言ってないで、ヒャッホイしたけりゃヒャッホイジョブを上げろと。

とまぁそんな理由で、BCでお役に立てれるアタッカーでも育ててみようと、黒を再開したワケで。

しかし、ガルカで黒魔道士となると超茨の道。覚悟を決めてやるですよ。

PT待ちの相棒、ジュノ港釣堀(入場料100ギル)が復活したのが嬉しい。誘われない日も、ギルが稼げてウハウハさ(´・ω・`)b

ガル黒、相変わらず誘われません。というか、ガル黒云々以前に人がいないです。人がいる時は、なぜか黒余り状態なので、ガル黒な私はあぶれます・・・ 高レベルなら黒PTって手もあるんでしょうが。

低レベル帯の狩場に行くと、良く外人さんが参加希望玉出しながらウロウロしてます。向こうでは、現地でPTを組む文化のようで。

戦闘してるPTに近づいて外部ケアルしたりと、必死に自己アピールをしてくる姿は微笑ましくもあり可哀相でもあり・・・

もし、我々が外人さんPTなら、

「ヘイ!そこのPT参加希望出してるキミ、俺たちと一緒にやらないか?」

とか言って、7人アラPT作ったりするのかなぁ・・・?

あと、レベル上げ自体がひさびさだったのですが、ドロップアイテムにロットしたら「アイテムは全て流しでお願いしますね^^」と注意されてしまった・・・

どうやら、いつの間にか「無ロット、アイテム流し」が主流になってしまったようで。とりあえず釣り役や詩人等忙しいジョブにはありがたいですな。(わしが詩人上げしてた時からこれが主流だったらなぁ)

先も言いましたが、なぜか40代黒魔道士が多い。なので、後衛が赤黒黒やら白黒黒やら、黒2人PTになる事が多いです。するってえと気になるのが同業者の魔法威力。

●巣のカブトへのブリザドIIのダメージ。
 黒ガルLv46→290
 黒タルLv43→290

●流砂のカブトへのブリザドIIのダメージ。
 黒ガルLv46→290
 黒ヒュムLv44→310

 o-o、
(´A`;) メガネメガネ・・・
ノ ノ)_ 

ええ、ガルカが黒向いてないってのは分かってますよ?でも、まさかレベル下の他種族にダメージで負けるとは想定外。ケアルとかは威力変わらないのに・・・

精霊って残酷なほどにステータスの結果が出るのですね。黒ガルが極端に少ない事や、INT装備が高価格な事に納得なのでした。


今月のイベントは去年でもあった「エッグハント」でした。

相変わらずモグの周りはタマゴバザーの群れが・・・楽しいの?このイベント・・・


さて、新釣りが来てから新たな金策ネタを模索中なのですが、みなさんは普段どんな金策してますか?わしは釣りしかしないのでスシ・スミが修正されたら終わりです。

そこで、昔流行ったミスリルマラソンを思い出したのです。ええ、もうとっくの昔に修正されているのですが、完全に稼げなくなったワケじゃあないんです。

ミスリルマラソンは普通の採掘と違って、殺伐としたポイント取り合いや横堀トラブルが無く、マッタリとできるのが良い点です。

【特別企画完全保存版】

 今から始める・・・
 〜 ミスリルマラソン

(1)まずはバストゥークに行って超裸になろう。ガッポリとミスリルをゲットするのだ!!

(2)次に「つるはし」をゲットしよう!もし競売価格が高かったら、店買いするのも手だ!つるはしはバストゥーク港の道具屋に売っているゾ!店買いだと1個184ギル、ダース2208ギルだ(名声により値段は変化する)。つるはしは4ダースほどゲットして、しめて8832ギル。ミスリルマラソンには初期投資が必要なのだ。

(3)準備ができたら「バルブロ鉱山」へGO!バストゥーク港から北グスタベルグの山経由で行くと早いゾ!

(4)バルブロ鉱山2FのI8、J8のミスリル採掘ポイントで「鉱山の砂利」をザクザク掘ろう。

(5)手に入れた「鉱山の砂利」をバルブロ2FのI7の精製機に入れてミスリルの砂粒をゲット。一度に8つしか精製できないので、何度もこの作業を繰り返そう。

(6)全部精製終わったら、パルブロ鉱山のH8の渡り舟でバストゥークへと帰ろう。

(7)さぁ、お待ちかねの精算ターイム!ガッポリ手に入れたミスリルを換金しよう。ミスリルの砂粒は1個63ギルで売れ・・・ ・・・え?

ろ、63ギルゥゥゥ????

い、いつの間にこんな値下がったんだ・・・ (150ギルくらいじゃなかったっけ?)

えーと、つるはし4ダース(8832ギル)で手に入れたミスリルの砂粒は48個。1個63ギルだから3024ギル。つまりは5808ギルの赤字・・・

あ、いや、たとえ150ギルでも赤字になるのか・・・ 買取価格&収集量供に下方修正されていたのね・・・

つるはしを競売転売すれば儲かった・・・のか_| ̄|○ i|||i

ミスリルマラソン終了。アフォでごめんなさい・・・


アフォついでにもう1つ。

去年から続けていた潜在消し。自分で潜在消しツアーを開催しつつ必死にやってたのですが、一向に消える気配がなくもう諦めていました。

しかし、わしは壮絶な勘違いをしていたのです・・・(またか)

「武器の潜在が消える」という事を↓このように↓想像していたのです・・・

そう、武器の説明から潜在項目がそのまんま消えるものだと勘違いしていたのです。はい、アフォですね。

「潜在が消える」とは、正しくは武器を装備した時に実際にステータスに反映されなくなる事だったんですねぇ・・・

という事で、もうすでに潜在はとっくの昔に消えていたのです。それなのに必死に潜在消しやってたのです。(´∀`)アハハハハハ(もう笑うしかないですネ)

さっそくWSNMツアーを組んでNMを倒し。

短剣WS「エヴィサレーション」をやっと習得できました!

おぉ、夢見てた多段WSがついにこの手に!これで釣れたモンスター処理も楽になるぞーと思ったけど、今はもうモンスター釣らないから処理も必要ないんだっけ・・・

Rufaの冒険はまだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.