← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2004年11月



潜在能力が消える気配が無い件について・・・

Lv75カンスト目指して、しこしこレベル上げ。Lv55から続いたマドメヌバラバラ流れ作業もようやく終わりそうです。

さてここ最近、黒PTでの影響か「釣りする詩人」がひそかに流行ってる様子。ただでさえPTの奴隷と言われている詩人が、さらに釣りまでするなんて非常にマゾいと思うのですが、興味が湧いたのでやってみる事に。

マドメヌバラバラを歌い終わったら、戦闘中に敵を釣ってくる詩人釣り。高レベルでのレベリング相手は弱めのとてとての連戦なので、戦闘が丁度終わった頃に次の獲物を用意できる。早かった場合はララバイで寝かせる。とにかく、戦闘解除するヒマもないほど忙しくなり、そして高効率になる。

ボケっと突っ立ってケアル補助や、効果微妙なスレ等歌ったり、必死で殴ったりしてるよりは、はるかにPTのお役に立てます。釣りしてると飽きないし、眠気防止にもなりますし、詩人は釣りしてナンボですな!

まぁ、コレに気づいた時はすでにレベル74だったワケで・・・果てしなく今更

ともあれ、なんだかんだでようやくLv75カンストしました!!そして楽しみにしていた最後の歌「乙女のヴィルレー」を習得!!なんと敵を魅了してしまう、凄い歌だそうで、さっそく使ってみる。

くらえ!(=゚∀゚)ノ 〜〜〜〜〜〜【乙女のヴィルレたん】)Д゚)・: ポヨヨヨン♪

  (゚д゚)ポカーン  ヽ(゚∀゚)ノ【たたかえ!】

  (゚д゚)ポカーン  ヽ(゚∀゚)ノ【かえれ!】

  (゚д゚)ポカーン  ヽ(゚∀゚)ノ【お手!】

  (゚Д゚)ハッ!?!   ヽ(゚∀゚)ノ【ちんちn】

     =(((`Д´)≡⊃)゚∀)、;’.・ ガッ!!

・・・ええ、たしかに敵を魅了できました。青ネームになってペットになりました。

でも、獣使いのようにペットコマンドが使えるワケでもなく。

さらには、竜騎士の子竜のように一緒に攻撃してくれるワケでもなく。

ただ、ペットになってボケーっと後を付いて来るだけ。そして30秒後に反乱。

・・・ええっと、ひとこと言っていいですか・・・

だから何?






 

さて、イヤな事はさっさと忘れて、次いってみよう!そうさ、乙女のヴィルレーなんて無かった!無かったんだよエドガー!!(誰だ)

さて、次いってみようと言っても・・・ レベル75になったし、プロマシアミッションも実装部まではコンプしたので、やる事なくなってしまった。

なので、未消化だったクエストなんぞを適当に潰してみる事に。

気になってたクエストの1つ、ウルガランのMAP入手。このクエストには「モブリンの温石」というアイテムが必要なのですが、このアイテム取得が厄介で、ムバロポロスにいるたった1匹のモブリンが稀に落とす物なのだ。

そう、想像通りこのモブリンがPOPするポイントには絶えず誰かが張り付いていて壮絶な奪い合いが行われていたのだ。

あまりにギスギスしていたので、当時はスルーしてたのですが、さすがに2ヶ月も経つとモブリンはすっかり放置されていて、ライバルも無く独占。「モブリンの温石」をゲッツ。

さて、この石をウルガランの洞窟へ持っていくのですが、これがまた厄介でまずウルガラン山頂まで登り、さらに山頂から滑り降りたところに、目的の洞窟入り口があるのだ。

しかもその洞窟は2つあって、1つはアタリで1つはハズレ。まるで○×ゲームの、発泡スチロールの壁の向こうは1つは床で1つは泥沼みたいな感じである。

これが山頂からの90°滑り台である。下のほうに見える穴が洞窟で、右がアタリで左がハズレ。運悪くハズレ洞窟へ降りたり、それ以前に洞窟以外の場所へ降りてしまうと「最初からやり直し」なのだ。

これは、ウルガラン山頂からの眺めである。絶景かな絶景かな。

えいままよ!っと飛び降りる。あっという間に着くのかな?と思ってたけど、意外とゆっくり落ちていく。左右の微調整もできたりする。あせらなければ、全然平気。無事にアタリの洞窟へ到着、ウルガラン地図ゲッツ。

Lv75になったら、挑戦してみたい所があった。それはデュナミス、通称「裏世界」だ。Lv75になったらというか、Lv75にならないと参加できないような、そんなオーラがあった。

ちょうどジュノで参加募集シャウトがあったので参加してみる事に。するとリーダーさんから専用リンクシェルをもらう。さすが、そこらのミッションツアーとは違うなぁ。

裏初参加はデュナミスサンドリア。待ち合わせ場所には人いっぱい!なんと50人近い人が集まっていた。なるほど参加してみて専用リンクシェルの必要性を改めて感じる。

ここで、PT編成をして、参加費を集める。このデュナミスに入るにはなんと100万ギルもの入場料が必要で、それをみんなでワリカンするのだ。50人なら、1人2万ギル支払う。

さらには1度デュナミスエリアへ入ると、3日間は他のデュナミスエリアへは入れないというルールもある。この特殊なルールが、専用リンクシェルの必要性の1つにもなっていると思う。

少し関心したのが、これらPT編成やら料金収集やらを、1人のリーダーがやるのではなく、積極的に皆が協力して行っているのだ。1人におんぶにだっこだと、PT編成だけで日が暮れてしまうだろう。私は初参加だったので、おんぶにだっこ状態でしたが・・・

準備も終わり、作戦を聞いていざデュナミスへ!おおおお、緊張するうううう。

釣り役部隊、黒魔道士部隊、第一部隊、第二部隊(以下人数によって部隊が増える)と部隊分けされる。重要なのは釣り役部隊だ。この部隊の人はデュナミスでの敵の配置、POPタイミングなど知り尽くした、いわばデュナミスのプロな人が勤める。攻略できるかどうかは、この部隊(の中の人)の腕次第なのだ。

主な戦闘の流れ。
1:釣り役部隊が敵(石像)を釣る。3、4体リンクするがそのまま逃げ続ける。
2:黒魔道士部隊が釣られて来た敵(石像)を1体引抜き瞬殺。すると敵(オーク)が数体POPする。
3:1匹目を第一部隊、2匹目を第二部隊と分担して処理。
4:処理が終わったら 2&3 の繰り返し。
5:釣った敵全てを撃破できたら、奥へ移動。釣り役部隊が新たな敵を釣る。

このように、少しずつ少しずつ、地味にかつ確実に突き進んで行くのだ。

ちなみに私は第三部隊でした。歌は最初前衛にマドバラ、後衛にバラバラと歌い分けしていましたが、なにせ混戦状態でPTメンバーは散り散り(特に後衛)。歌い分けなんて無駄と悟り、結局は弦楽器でバラバラだけやってました。

ちなみに、第三部隊だったので、POPした敵(オーク)が2匹以下だとやる事なくてヒマだったりする・・・

デュナミスでの詩人の役割は、自PTの強化よりも、「寝かし」のほうが重要である。この時ばかりは部隊関係なく、他の詩人さんと協力して役目を果たす。寝かしが重要な敵は、敵側のペット、敵側の召喚獣、モンクタイプの敵の百列拳防止、忍者タイプの敵の微塵防止。主にこの4つ。

特に召喚獣とモンクと忍者がヤバい。召喚獣の場合、寝かすか遠ざけるかしておかないと、アストラルフロウで大惨事になる。モンクの場合、百列拳状態になったら寝かしておかないと、次々とPCが殺されていく。忍者の場合、微塵防止に失敗すると、死者多数出るだけでなく、復活した忍者が大トレインを引き起こす事があるらしい。

ちなみに、魅了を持った敵との戦闘時、魅了されたPCを眠らせる事もある。さっきまで仲間だったPCにタコ殴りされると複雑な気分だ・・・

デュナミス攻略には釣り役部隊が重要。もし釣りに失敗し、大トレインが起きると、もうその暴走列車は誰にも制御できない・・・

いままでトレインは何度も見てきたけど、ここのトレインは迫力が違う!!目、赤いし!光ってるし!こわぁぁぁ・・・・

ヘイトリストに乗ってしまったら最後。なすすべなく轢き殺されるのでした・・・(。A。)

死体処理場にて復活。白魔道士の仕事は、PTの回復だけでなく、蘇生役という重要な役目もあるのだ。

大トレインをなんとか乗り越え、いよいよボス登場!デカすぎ!目光すぎ!無事撃破して、デュナミスサンドリアクリア!

そういえばデュナミスサンドリアでは詩人AF2の頭装備がドロップするらしいのですが、モンクのAF2しか出ませんでした。しかも間違って戦士さんがロットしちゃって非難轟々。ともあれ、クリアできたからいっか。

3日後、また前回と同じ裏LSに参加。今回はデュナミスジュノ。

けっこう良い所まで行ったのですが、大トレインで全滅してしまいました。残念。

クリアできませんでしたが、なんと狩人AF2装備「スカウトベレー」をゲット!やったー!

・・・って、ゲットしてどうするんだ(;´A`)

ロットした覚えないんですが、デュナミスから叩き出されたらゲッツしてました。誰も希望者がいなかったらしい。詩人AF2装備が出れば良かったのになぁ。今回も見る事すらできませんでした・・・

しかし、詩人AF2って果てしなく微妙装備なので、別に欲しくないんですけどね。おしゃれ装備でもないし、倉庫圧迫するだけだし。

Rufaの冒険はまだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.