← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2003年12月



燃える男のォォ!カラパスブレストォォォ!! (注)いちおう詩人です

今月は初っ端にバージョンアップがありました。このバージョンアップの注目は、レベル75までの開放と、その後のレベル固定でしょう・・・

このレベル75固定はちょっとショックだった・・・ 白魔道士65から詩人に転職し、いつかはテレポで自由自在にヴァナディールを飛び交うスーパー詩人になりたかったのに・・・

こんなに早く最大レベル固定が来るなら、白魔道士を続けてれば良かった気がするカモ・・・ せめてレベル85が良かったなぁ・・・(テレポ全種使えますし)

新たなバージョンアップで追加された装備カラパスブレストをさっそくゲット!白魔道士のホーリーブレストみたいに、見た目が完全な前衛装備なのが魅力です。しかし、初モノ価格で50万もしました・・・ヽ(;´Д`)ノ

いやはや、カラパス3点セットを揃えたら全財産吹っ飛んでしまいましたョ・・・

(´-`).。oO(な、なんか貯金してはドカン使いの繰り返しのような・・・)

この装備着込んでレベル上げPTの集合場所に行くと、必ず「ええっと、Rufaさんは詩人ですよね??」などと驚かれる。この反応がちょっと楽しみだったり(*´д`*)

見た目だけでなく、性能的にもこの装備は詩人にとっては良いです。というか、詩人のAF装備が使えなさすぎなんですが・・・

レベル60中盤になると狩場はボヤばっかりになってくる・・・ ちなみに、ボヤの入り口付近にはアクエリアスというカニNMがいて、けっこう遭遇率高い。

でも1PTではあっけなくぬっ殺されるので注意(´・ω・`)  たまたま2PT居合わせると先月のOzeのようににわかアライアンスで撃破できる。ドロップアイテムは狩人さんが欲しがる飛攻アップのオノや、何十万かで取引されてるダマスク素材など。

ともあれ、レベル上げ続けとうとう白魔道士と同じ65に到達!!ようやくここまで来れたー!

さっそく白魔道士と詩人のソロ能力を比べてみたり。

相手:ロランベリーのオチュー(モルボル)で3回戦。

装備:それぞれのAF、その他は共通装備(ファランクスリングなど)

サポートジョブはどちらも黒魔道士レベル32で、プロテスや防御歌などは一切無し。(アイコンはシグマークのみ)

■白魔道士レベル65

HP:1151 MP:521 攻撃力:240 防御力:270

武器:ダークモール D39 隔340 攻+10

>>与えたダメージ 平均:78 最高:100 最低:60

<<受けたダメージ 平均:28 最高:70 最低:12

オチューを3匹倒した時間:6分

■吟遊詩人レベル65

HP:1276 MP:161 攻撃力:239 防御力:253

武器:スパークレイピア D33 隔224 受け流し+5 (バッテリー無し)

>>与えたダメージ 平均:69 最高:89 最低:51

<<受けたダメージ 平均:23 最高:52 最低:12

オチューを3匹倒した時間:4分

なんか、白魔道士も詩人もあんまり大きな違いは無いですな。ちょっと白魔道士のほうが攻撃力はあるみたいだけど、間隔が長いので結果としては詩人の方が倒す時間は短い感じ。武器の間隔100の差は大きいです。受けるダメージはほぼ一緒。

雑魚狩りではメヌエットかけた詩人のほうが早いっぽいけど、ちょっと強い敵相手ではプロテスや回復魔法などがある白魔道士のほうが有利かも。

しかも白魔道士はテレポやヘイストなどが使える分、白魔道士のほうが良いジョブに見えてきた・・・ウーム・・・ ま、いっか。

なにやら新レシピで煌魚がブレイク中との事でさっそく釣りに行ってみたり。・・・なにげにライバルが多いのね・・・ でもあっという間に値下がってイマイチ。

氷河はダイナミックな風景が好きです・・・(PC版は吹雪エフェクトが消せるので視界クッキリ)

そうそう、お魚といえば、ついにジュノ競売に魚の大ボス的存在のリュウグウノツカイが出品!!あまりに釣り上げ率が低く、幻的存在だったので、私もいるかどうか疑わしかったのですが・・・ いやはや、ホントにいたのねぇー

よっしゃ!いっちょわしも挑戦しちゃるー!!

・・・結果、太公望1本、複合5本折られてすごすご帰りました・・・_| ̄|○ i|||i やはりそう簡単には釣れないかぁー でもいつか釣っちゃるぞー!!!

先月に続き、ジラートミッション「石碑巡礼」に行ってきました。

闇・光・火・水・風・土・氷・雷と8種類あって、そのうち光・火・風・雷の4種類はソロで取るのが不可能なので、ツアーで行く事に。

まずは風の石碑のあるテリガンへ。ここはよくレベル上げで利用する場所なので、あっさりクリア。

お次は石碑巡礼最大の難関とされる火の石碑のあるイフリートの釜へ。以前バスミッションで来た事あったけど、奥まで入るのは初めてだったり。うはー火山口だー怖いよー

内部は溶岩グラグラ、ボムやらサソリやらスライムやらヤバい敵がわんさかいます・・・デンジャラス(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

当たり前っちゃ当たり前だけど、レベル上げPTは一切無し・・・ いや、むしろここはレベル下げする場所か・・・

しかも移動の途中ではHNMのドラゴンが!!・・・ んな!ちょ、ちょっとまて、再奥の部屋とかならまだしも、なぜこんな通路にHNMがいるんだー!ヽ(;´Д`)ノ

幸い、HNM狩りの人たちがいて被害は免れましたが・・・いなかったら何人が犠牲になっていた事か・・・

ともあれ、幾多の難関を乗り越え、やっとこさ火の石碑へ到着、NMサル撃破!

いやはや、なんせフルアラで移動してるので、自分は完璧に移動してるつもりでも誰かがどこかで敵に絡まれてしまうんですよね・・・ 敵絡まれ→移動中断→敵絡まれ→移動中断を繰り返して時間かかりまくり。

1回収集つかなくて外へ出て最初からやり直したくらいです。今回の石碑巡礼ツアーの半分以上の時間はこの火の石碑でした・・・

お次は光の石碑のあるジタへ。移動途中で出会ったNMどーも君に群がるチョコボ隊の図。

ここでのお相手は・・・あぁ、デカカエルさんだー!!なつかしい(*´д`*)

最後は雷の石碑のあるベヒーモスの縄張りへ。そういえば一度もベヒーモスさん見たことないなぁ、と思って見に行ってみたら・・・ なんとキングベヒーモスさんが降臨されていましたー!

近づくと引き寄せられてメテオで瞬殺らしいので、ガクガク(((;゜Д゜)))ブルブルしながら遠くで観察。

RufaはKing Behemothをつんつんつついた。
RufaはKing Behemothをつんつんつついた。
RufaはKing Behemothをバシッとたたいた。
RufaはKing Behemothをバシッとたたいた。

・・・(`・ω・´)よし。

無事に光の石碑のNMウェポン2匹を倒して、石碑巡礼ミッション終了〜

さて、12月となれば世間はクリスマスムードなわけで・・・

ヴァナディールもタイトル画面からクリスマスムード!しかも今年は雪のエフェクト付き。

さて、クリスマスつってもまたキモいツリーモンスターでしょ?と思いきや・・・各国ごとに違うデザインの凄くゴージャスなツリーが出現!おぉこれは綺麗だー

バス港区の広場のツリー。あんまり人いなくて寂しいとこにも凝ったツリーが。

バス商業区の噴水のメインツリー。他の2国に比べたらちとゴージャスさに欠けるかな?

サンドにはいたるところに大きなツリーが。3国の中では一番派手だったかも。

サンド北のお城前のメインツリー。立派なツリーが6本も並んでます!よくこの場所で記念写真を撮っている団体さんを見かけます。一番人気かな?

ウィンのツリーはちょっと個性的。ヤシタイプの木をツリーにするー??

ウィン森の区の噴水のメインツリー。単体モノでは一番デカかったです。

なにやらサンドでクリスマスパーティーがあるとのことで参加。

サンドの酒場でのクリスマスパーティ、一発芸大会やらアカペラ合唱やらプレゼント交換やら、とても楽しかったですー

さて、クリスマスも過ぎた師走、なんと今年最後の大掃除イベント(?!)が開催。

掃除標的は去年のクリスマスツリーモンスター!!そういえば去年、このまま街で暴れてモグハから出たら瞬殺されたり、寝バザーとか一掃したりしたら面白いのにねーなどと言ってたのに、1年過ぎた今になって暴れるんですかー(;´A`)

システムはこの前のカエル退治イベントと一緒で、イベントに参加するとレベル制限されて、死亡ペナルティが無くなるというもの。モンスターも使いまわしならシステムも使いまわしか・・・どーせカエルの時と同じでしょ・・・と思いつつも参加。

バキボコドコズカ・・・みんなでツリーをタコ殴り。やっぱカエルの時と同じか・・・

ペチペチ殴っていたら、いきなりドカーンと範囲攻撃が来て吹っ飛ばされた!!

そういえば、この吹き飛ばしの効果も今月のバージョンアップで追加された新要素だったっけ。ちょっと新鮮カモ!

うりゃー!ペチペチドカドカ。

ズガーン!! ぐはー!

こなくそー!ペチペチドカドカ。

ドガーン!! どひゃー!

(´-`).。oO(あ、ヤバイ、なんか楽しくなって来たカモ・・・)

このツリーはグスタやサルタの他にもジャグナーやユタンガなど高レベルエリアにも出現。全部倒せとの事でしたが、私はグスタだけでおなか一杯・・・

〜 タルっ子ヴィヴィオの大冒険!2 〜

みなさんお久しぶりです、ヴィヴィオです。

ウィンダスでは1年の厄払いの1つに、海上に現れる「海の恐怖」という名のモンスターを倒すというものがあるらしいのです。それにボクも参加してみました。

というワケで、「タルシップ」に乗船です。タルタルだけしか乗っていない船です!

「海の恐怖」が現れるまで、まったり釣りをして待つのです。

みんな変な方向に気が合っているのです・・・

たまにカニさんが釣れるのでポコポコ叩くのです。ボクは怖いので遠くから釣竿で・・・エイエイ!!

すると、いきなりグネグネとうごめく黄色いモンスター出現!!以前、バストゥークに行く時も見かけたコイツは・・・

シーホラー!!

いま、はっきりと思い出した、コイツの名前。シーホラーだ!

・・・でも、ボクはなぜコイツの名前を・・・

「出たぞ!海の恐怖だ!」 「みんなで力を合わせて海の恐怖を絶つぞ!!」

・・・そうか、コイツ、シーホラーが厄払いの「海の恐怖」だったんだ・・・

見事、みんなで力を合わせて「海の恐怖」は退治されました。

『シ、シーホラーを倒しちゃった・・・』

このボクの言葉に驚いたふうにこちらを見たタルおじさんが、声をかけてきた。

「・・・もし!もしやキミは!」 『は、はい?』

「キ、キミはもしかして!ヴィヴィオ君かね?」 『・・・はい!そうです!』

「おぉ!おぉ!生きておったか!!」 『ボ、ボクの事をご存知なのですか!』

「お父さんは、残念な事になったな」 『え?父の事も何か知っているのですか?』

「・・・?キミはもしかして・・・?」 『・・・ボクは数年前からの記憶が無くて・・・』

「なんと、そうか・・・」 『あ、あの!ボクや、父の事、もっと詳しく教えて下さい!』

「・・・・」 『ボクの過去を知る人に、初めて出会ったんです!』

「・・・・」 『ボクの事を教えて!ボクの父は!母は!家は・・・!』

「・・・・知らぬのなら、いっそ知らぬままの方が良い、か・・・」 『え・・・』

「私の名はガルバジルバ、困った事があったらジュノに来なさい、私はいつでもそこにいる」

そう言うと見知らぬタルおじさん・・・いや、ガルバジルバは光に包まれ消えてしまった・・・

『・・・あ、待って・・・! 待って・・・・・』

やっと、会えたのに!!ボクを知る人に、やっと出会えたのに!!なぜ消えてしまうの?!なぜ・・・

・・・ジュノ?・・・ジュノに答えがあるの・・・? よ、よし、行ってみようジュノに!

でも・・・

・・・ジュノってどこ?

〜 タルっ子ヴィヴィオの大冒険!2 おわり〜

・・・と、また妄想全開でヴィヴィオストーリーを書いてしまった・・・ただ単にタルタル集会リンクシェルもらって集会に参加しただけなんですが(・∀・)

果たして、ヴィヴィオの過去には何が!なぜシーホラーを知っているのか!ヴィヴィオの過去を知る者、ガルバジルバは一体何者か?!次回に続く(あるのか?!)

さてさて、去年に続き今年もヴァナで年越しです・・・(ダメ人間全開デスネ♪)

去年の年越し祭りはシャウトだけでしたが、今年は花火など新アイテムもあって派手な年越し祭りでした。ルルデの庭の空には花火や、あけおめシャウトが飛び交う!

今年のあけおめシャウトのほんの一部。

さて、お正月には何が出るかな・・・去年は羊の群れだったから、今度はサルの群れかしら・・・

ともあれ、今年1年お世話になりましたー!

来年もよろしくお願いします(=´▽`=)

Rufaの冒険はまだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.