← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2003年10月



グフフ、モグちゃん。だっこしてあげるぅ♪ ・・・く、食われるクポォォォ!!1!

*今月の日記にはネタバレ(ミッション画像など)が出てきますので、見たくない方は読まないようお願いします。(しかも初っ端から)

月、アダマン鉱が手に入らなかったために中断していた「バスランンクを一気に9にしてしまえ計画」

あの後も、ちょくちょく競売所に出品がないかチェックしていたのですが、一向に出品される気配もなく、ハテどうしようかと思っていたら、ジュノで「バスミッション6-2やらないか?」のシャウトが!キター!!

すでにアダマン鉱は2個手に入っていて、2アラメンバー募集らしい。うぉ!こんなチャンスいつ来るか分からん!さっそく参加じゃー!

というワケで、いざ2アラでイフリートの釜へ。

実はわし、イフリートの釜行くのは初めてだったりする。(ドキドキ) 歩けないくらいボムやらボムやらボムやらがいるのかと思ったけど、そうでもないのね・・・ 奥行くほどデンジャラスなのかしら?

目的地に到着して、NMボム戦闘!ボムでっかーい(((;゜Д゜))) オマケでトカゲもPOP。このトカゲはナイトさん1人が受け持って、残り全員でボムを叩く作戦。 幸い自爆での死者は無し。

ギルガメさんに、ボムからドロップした爆弾岩を渡してミッションクリアー!しかしこの時、衝撃の事実が!なんとバスのアイドル・アヤメたんはハタチだったのだ!!もっと年増かとおm・・・ゲフンゲフン

厄介なアダマン鉱ミッションをクリアーし、見事ランク7に!あとは突っ走るのみ!お次のミッション7-1はロ・メーヴに行って特殊サーメットを取って来いというもの。

またまた2アラでロ・メーヴへ。

そこでNMゴーレム2体と戦闘!これまたでかー(((;゜Д゜))) 元がでかいだけに、NMサイズとなると凄まじい迫力ですな。 ともあれ2アラパワーで撃退!見事アイテムゲットしてミッションクリアー!

さぁどんどん行ってみよー お次のミッション7-2はパルブロでBC戦闘。そういえばウィンミションの時にもBC戦闘あったなぁ、しかもかなり厳しかった思い出が・・・

いざパルブロへ来てみると、なんとBC戦闘の順番待ちが!!ここでは印章BC40のミミズ戦闘ができるのですが、「ある戦闘方法」で戦うと簡単に勝ててしまうため、非常に人気が高いのだ。

しかも近々修正間近というウワサもあり、どっと人が押し寄せている状況に・・・7番目くらいをゲットして戦える時間を待つ。あぁ、マンドクセ(;´A`)

あまりにヒマだったので近場の亀を叩いてたら懐かしの「クゥダフ人形」4つコンプしてしまった・・・ その昔、この人形求めて何日もパルブロへ通ったなぁ・・・ それが今や暇潰しで簡単にゲットしちゃうとはなぁ・・・

・・・などと感慨に耽っていたらやっと順番が回ってきたー!これで負けたらまた順番待ちなので、気合入れてGOー!ヽ(;´Д`)ノ

BCではNM亀5体と戦闘。しっかりとした編成&6人だったので、危なげもなく撃破して、ミッションクリアー!見事ランク8に!やりなおし食らわなくて良かった・・・

お次のミッション8-1は流砂洞の奥でのNMアリ戦闘。バスミッションでおなじみコーネリアたんも登場!お久しぶりデス・・・ (*´д`*)ハァハァ・・・

流砂洞の奥に進むと、なんとも巨大なガルカの像が!なんでも昔の偉い語り部さんだとか。

そこでNMアリ3体と戦闘!アリは寝ないので厄介です・・・ ともあれいつもの2アラパワーで撃破!

NMアリを倒した後、さらに流砂洞の奥へ進むことに・・・

奥にはなんと、古代の壁画の部屋が!!おぉ!なんかピラミッド内部探検みたいだー!

ザイドレポーターが登場して、壁画に描かれたガルカの歴史解説。

アンティカとの戦いの歴史から、ガルカの語り部の秘密まで、この壁画には描かれていたのでした・・・ 気分は、世界!不思議発見!!ヽ(`Д´)ノ

最後のミッション8-2はクフタル入り口でNMオバケ戦闘!最後にしては簡単だなーとか思っていたら、周りにいたオバケ数体が激しくリンクしてきてとんでもない事に!! こーいう罠があったのですね_| ̄|○ i|||i

イベントではアンティカ軍に追われてクフタルを敗走するガルカ達が・・・ あれ?ガルカ達が逃げ込んだのってコロロカじゃなかったっけ?と思ったら、このガルカ達は「おとり役」だったそうで・・・ なんというか、ガルカには悲しい歴史しかないのですか・・・ヽ(;´Д`)ノ

ガルカは深い悲しみを背負って生きてきたのですねー 故郷にも戻れず、バストゥークのヒューム達とも上手く行かず、町に住むガルカ達は不満をかなり溜め込んでいる様子・・・

果たしてガルカの今後はどうなるのでしょうか・・・ 若き新たな語り部はどう行動するのでしょうか・・・

なんか、ミッション6以降はずっとガルカのお話でした。(ある意味、以前の闇王ミッションもガルカの話とも言える・・・)

バスミッションはつまらないって良く聞くけど、それはガルカ以外の種族でプレイしてる人の感想なのかも?ガルカな私は大変興味深かったです。バスに戻っておいて良かったかも。ガルカでプレイしてる人は必見ですヨ。

事ランク9になれました。さて、詩人のレベル上げ再開ですー

詩人ってバラバラを覚える55までは微妙ジョブだと思うのですが、不思議とけっこう誘われるんですよねー さすがに玉出してもない状態で勧誘は来ないけど、玉出せばけっこう早くに誘われる。

ちなみに私は「良く誘われる人気ジョブがやりたい」という理由で詩人始めたんですが、なにやらこれはあまり好まれた考えでは無いみたい。私的には「誘われる」という要素は、そのジョブの魅力の1つだと思うのですが・・・ どうなんでしょ。

レベルも順調に上がって、前から着たかったブリガンダインも着てみたりして。

とにかく戦って!

戦って殴って!

戦って殴って戦って!

戦って殴って戦って殴って!

戦って殴って戦って殴って戦って!

・・・詩人のクセに殴ってばかりだって? ・・・細かい事キニシナイ!!(;・З・)

いや、だって殴ってたほうが面白いじゃない?(´・ω・`) 戦闘BGM聞けたほうが「俺はいま猛烈に戦闘している!」という気分になれるし・・・ ダメですか、死人ですか、そうですか・・・

などと、計り知れない勢いでレベルを上げていき、なんとレベル57になってしまった!!うーむ、我ながら恐ろしい早さだ・・・(((;゜Д゜)))

やっぱり詩人だからレベル上がるのが早いのかって?・・・いいえ、違います。ぶっちゃけ、こんなに早くレベルが上がったのも、全ては赤さんと、忍者さんと、シーフさんと、狩人さんと、戦士さんのおかげです・・・

運がいいのか、タイミングがピッタリだったのか、この5ジョブ+私(詩人)でレベル上げPT組む事が多くて、大変お世話になりました!

シーフさんのふいだまと、忍者さんの空蝉で回復いらず。
赤さんのリフレと、私のバラードでMPは無くならず。
戦士さんのシルブレと、私のメヌメヌで安定攻撃。
狩人さんのとどめの攻撃であっという間に敵が沈む!

いやはや、昔に比べてずいぶん楽に敵を倒せるようになったものです。

そうそう、55でバラバラを覚えてからは、より歌い分けがシビアに。とくに戦線にいるナイトさんや赤さんにバラを配るのが難しくも面白いです。

月は、いままでご無沙汰だったバージョンアップが行われ、新たなモーションやアイテムやミッションやクエストなどが多数追加!

新たに加わったアイテムの中に、詩人にとっての神楽器が追加!その名も「王国槍兵角笛+1」

マーチ+効果がついているのですが、この「+効果」が半端ではなくて、なんと一度吹いたら効果時間30分以上!しかも効果中はどんな武器も百列拳並みの早さに!!しかも効果が切れるまで他の歌が重ねがけ不可能という、あきらかにバg・・・ゲフンゲフン  ・・・と、とにかく、すごい楽器なのです!!

みんなでボカスカボカスカ!とにかく楽しい!!殴ってるだけで敵を撲殺できます。連携?んなもん無しー!

戦士も詩人も白も黒も!みんなで殴れ!それ殴れー!!祭りだ祭りだ!ウッヒョヒョヒョヒョヒョ!1!!

   ヒャッホォーーーーーイ!!

  ヒャッホォーーーーイ!!

 ヒャッホォーーーーイ!!

ヒャッホォーーーーイ!!

・・・ ・・・ 次の日、速攻でこの楽器は修正され魔法が解けてしまいました。

・・・ いい夢見させてもらいました。

さようなら、王国槍兵角笛+1・・・ さようなら、マーチ・・・ いままでのどのイベントよりも楽しかったです。(イベントだったのか?!)

ージョンアップでの新たなモーション、ズバリ「くつろいで座る」

いままで無かったのが不思議だった座るモーション。街中ではさっそくみんなくつろいで座りまくり。なんか、浮浪者の集団みたいだ・・・ヽ(;´Д`)ノ

輪になって座ってお話しすると、けっこう雰囲気出てイイ!しかも座ったまま手を振ったり他のモーションも加えられるのが面白い。

戦闘中もくつろいで座ったりして。・・・って、くつろぎすぎ!!やる気なさそー・・・

極めつけは、エル姉さまの座るモーション!最強!!

(・∀・)イイヨ イイヨー!!! (*´д`*)ハァハァハァハァハァハァ・・・

エル姉さまだけに「座ったまま足を組みかえるモーション」とか、「ちょっと恥ずかしそうに肌蹴た服を直すモーション」とか、是非追加してくださいお願いします。

ーションやアイテムの追加の他にも、「ラッキーロール」というゲーム賭博?も新たに追加された。

1人1日1回だけ、サイコロを振って数字を出し、その数字がどんどん累計されていき、ちょうど自分の番になった時に400前後になれば景品ゲット!というゲームだ。

実はわし、さっそく401ポイントを取って賞金10000ギルをゲットしました!!しかも副賞付き!!その副賞は、なんと翠石!!

・・・ええ、バスのハラキリでも貰える翠石です・・・ 嬉しいような、切ないような、微妙な気持ち・・・(´・ω・`)

ラバオはデジョンのメッカなので、いつも冒険者でいっぱいだ。ラッキーロールにもいつも人だかりが・・・ でも狙ってまでゲットしたい景品じゃないような気が・・・

数の追加アイテムの中で、最も多かったのは装備品だろうか。いままで、装備品の追加といえば、HNMを倒して手に入れるものや、数百万もするような廃人装備が主だったけど、今回は一般庶民でも手に入る装備が増えたのが嬉しい。

この鎧はなんと白魔道士専用防具!白魔道士の防具ってローブ系しかなかったのが不満でしたが、まさか鎧が追加されるとは・・・ しかも防御力は白AF胴装備よりも高く、しかもレベル41から装備できる神性能! ガルカが着ると激しくロボに!しかし、茶色の部分が赤色だったら、他の白AFと合って良かったのになぁ・・・惜しい。

ハデな装備の他に、いままで無かった普段着っぽい地味装備も追加。この青い服はなんと釣りスキル+1の追加効果付き!釣り人っぽい格好ができてスキルも上がって一石二鳥!

・・・などと装備追加に喜んでいたのですが、おかげでどんどん倉庫が圧迫していく罠に・・・_| ̄|○ i|||i

りシステムも、今回のバージョンアップで大きく変化しました。

いままではフィールド全体で魚のPOP数が決まっており、その魚をそのフィールドにいる釣り人で釣り合う形でした。釣り尽くされたら枯れて、ある一定時間たつと、また魚のPOPが復活するという仕組み。

なので、何時間釣りしていても魚が完全に枯れる事は無かったのです。・・・いままでは。

しかし、今回からは釣り人1人1人にも魚の釣り上げ数制限がかけられてしまいました。さらにその制限は時間(リアル1日?)たたないと復活しないときたもんだ。つまり、ライバルがいようといまいと、長時間釣りをしていると魚が完全に枯れて釣れなくなってしまうのだ。

さらに追い討ちをかけるように、ジュノ釣堀(飛行艇乗り場)での釣り上げ率も大幅に下がってしまった・・・ ジュノでPT参加待ちでよく利用していただけに、けっこう痛い。

実際何度か釣りしてみて、気付いた点。

最初の1時間は爆釣れする。いままでの満月状態並みに釣れる。しかも外道や錆物など、ゴミが殆ど一切釣れない。ウハウハ状態だ。

2時間経過すると、さすがに普通の釣り上げ確立になる。でもまだゴミは殆どかからない。マッタリ状態。

そして3時間経過すると、いままで釣れてなかったゴミがとたんにかかり出す。そしてカバンはあっという間にゴミでいっぱいになってしまう。

一旦こういった状態になると、そのフィールドでは殆どゴミしか釣れない。エリア変えしても無駄。時間(リアル1日?)たたないと、元には戻らないのだ。

なので、釣りは1日3時間までが限度になってしまった。それ以上釣りたければ、頻繁に釣りエリアを変えないとダメなのだ・・・ その代わりに最初は釣り上げやすくなったし、スキルも上がり易くなった(感じがするようなしないような)し、なんとも微妙だ・・・

ともあれ、釣りスキルは75を超え、いよいよ銀鮫漁を卒業。スキル75を超えると、スキルアップを望める魚もまたガクンと少なくなってくる。低スキル時は何釣ってもスキルは上がってたのになぁ・・・

クフィムでは三眼魚が狙い目だ。エサはミノーでいいので安上がり。ジュノからも近いので便利。気軽にスキルアップしたい時に良い。金儲けには向いていない。

ボスディン氷河の煌魚は、場所が遠いのでライバルが少なく穴場だ。生エサを仕入れるのが面倒なのと、たまにクソ強いタコが釣れてしまうのが厄介だ。集中してスキルアップをしたい時に良い。金儲けには向いていない。

私的なオススメは海蛇の岩窟だ。場所が遠くて人もいないし、スキルアップが狙えて、しかも高値で売れるバストアブリームやネビムナイトやグリモナイトが釣れて、クエアイテムのノーグ貝や濡れた巻物、さらには合成素材のサンゴのかけらまで釣れるので、最初の爆釣れ2時間だけでも、数万ギル稼げてしまう。

と、かなりおいしい釣り場だけども、かなり危険だったりもする。なぜなら釣れるモンスターの中にレベル65から見て「強そうだ」表示のモンスターが釣れてしまうからだ。

当然、1人では倒せないので、釣れたモンスターに襲われないよう、事前にスニークをかけてから釣りをする、通称「スニ釣り」が必須になる。

しかしこのスニ釣り、近くにスニークをかけていない人がいると、釣れたモンスターがその人に襲い掛かってしまう危険があるので、あまり好まれた方法ではない。

とはいえ、私が釣り場にしている所はレベル上げPTがいるワケでもなく、釣れるモンスター以外にも強いモンスターがいるので、通りがかる人もスニークをかけてるので、いまのところ害を与えてしまった事はないけれども・・・

もうひとつ、スニ釣りの厄介な所は「スニークは上書きできない」という仕様だ。「スニークの効果が切れそうだ」の表示が出たら、安全な場所へ移動してまたスニークをかけなおさないといけないので、非常に面倒。

もしかしたら、スニークが上書きできない理由は、このスニ釣り対策かもしれないと思うようになった・・・ スニークが上書きできれば、マクロで簡単・安全にスニ釣りできてしまいますからねぇ・・・

月はバージョンアップの他にイベントも開催!しかもいままでの使いまわしイベントじゃない!ハロウィーンイベント!

内容は、オバケに扮装した町の人々(NPC)に、おかしを上げるとお礼に様々なアイテムをくれるというもの。

ちゃんとイベント用に、おかし販売ゴブまで登場。

街中にはスケルトンやら幽霊やらが徘徊!モンスターが街中にいるだけでも新鮮だ! しかもオバケを追いかけている人はみな、NPCからもらったパンプキンヘッドをかぶり、コウモリのついたトリックスタッフを手にしているのもお祭り気分が高まる。

もらえるアイテムは、殆どが花火なのですが、たまに装備品などがもらえる。みんな、これが目当てだったりする。わしもパンプキンヘッド、トリックスタッフと、次々とゲット!

バストゥーク全員のオバケにおかしを渡して、パンプキンヘッドHQのホラーヘッドをゲット!敵対心-50という神性能!だけども満月&闇曜日&夜間限定という罠が・・・ 微妙すぎる・・・

もらえるアイテムの中には、トリートスタッフという大当たりアイテムがあるらしい。でもバストゥークは全部回ってしまったので、他の2国を回ってみる事に。

ウィンダスへ行くべく、ジュノの飛行艇乗り場へ。するとパンプキンヘッドかぶった人々で大混雑してました・・・

ウィンダスでも全員のオバケにおかしを渡したのですが、結果は全滅。全員花火だけでした・・・ あとはトリートスタッフだけなのにー!

最後にサンドリアへ行くべく、またまたジュノの飛行艇乗り場へ。カボチャ頭がさらに増えている気がするような・・・

サンドリアでも全滅・・・なんてこったい!これで3国全滅してしまった・・・ でもおかしを渡したフラグ?はリアルで1日たてば消えるらしいので、また明日挑戦だ!

というワケで、さっそく次の日におかし渡し再スタート。サンドリアで全滅し、次に来たウィンダスで、ようやくトリートスタッフをゲット!

なんと、潜在能力:デジョン!敵と戦闘中にランダムでデジョンする神アイテム!!レベル上げの帰りなどで重宝しますわー みんな必死になるワケですなぁ・・・

しかし、いままで「イベントアイテム=微妙アイテム」だったのに、これはちょと神性能過ぎる気が・・・ 修正される可能性大ですな。

ともあれハロウィーンイベント期間中は、どの街いっても、

パンプキンヘッドまみれで、なんとも賑やかでしたー! ちょうどアメリカ版FF11が発売された時期なので、3国も盛り上がって一石二鳥だったのかな。

〜 タルっ子ヴィヴィオの大冒険! 〜

みなさん初めまして!ボクの名はヴィヴィオ。ウィンダス魔法学校に通う、ごく普通のタルタルです。

ちょっと皆と違うところは、ボクには両親がいない事かな・・・ でも寂しくはないのです!ボクには優しいガルおじさんがついてるし!友達もいっぱいいるのです!

あ、ガルおじさんとは、ボクの親代わりをしてくれてる人なのです。その昔、ボクがバルクルム砂丘の海辺に流されて来た所を、釣りに来たガルおじさんに救われたのです。

でも、なぜボクが、バルクルムの海岸にいたのかは、分からないのです・・・ その時、名前以外の記憶が無くなってしまっていて・・・ その後、両親を探しにウィンダスに来たけれど、両親どころか、ボクを知っている人は誰もいなかったのです。

それ以来、ガルおじさんがボクの親代わりをしてくれているという事なのです。

ある日、ガルおじさんから大量のおかしが宅配されて来ました。いつも送られてくるのは、釣りギルドのお買い物用金くらいなのに、おかしが大量に送られて来たのは初めてなのです!で、でも、こ、こんなにいっぱい食べれないのです・・・

あ、手紙も一緒に入ってました!中には・・・

Trick or Treat!!

・・・とだけ書いて・・・あ!そうだ!今はハロウィーンだったのです!ボクも楽しめるように、おかしをいっぱいくれたのですね!ガルおじさん、ありがとです!

さっそくウィンダス中を回って、おかしを配ったのです。いろいろアイテムをいっぱいもらえたのです!

お友達のお話だと、ウィンダス以外の国でもハロウィンイベント中とのことなのです。うーん、行ってみたい!でも、ボクはずっとウィンダスにいたので、他の国には行った事がないのです・・・

「ボク、バストゥークへなら、行き方知ってるよ!」  『ほんとに?』

「うん、船に乗って行くんだ!」  『すごい!行ってみたい!』

「行こうか!?」  『うん、行こう!!』

こうして、タルタル2人の大冒険が始まったのです!

ボク達は、サルタバルタを抜けて、タロンギ渓谷まで来ました。緑豊かなサルタバルタとは変わって、とっても寂しく、空気が乾いた場所なのです。どこか、モンスターの心もまでも乾いてしまっているような、そんな冷たさを感じる場所なのです。

友達は白魔道士レベル5、ボクは黒魔道士レベル5。そんなボク達から見たら、モンスターはみんなとてもとても強そうで、とっても怖いです。でも、未知なる土地への好奇心が、ボクらに勇気を与えてくれるのです。

乾いた空気に潮の香りがつくころ、ボク達はブブリムまで来ていました。

「ふぅ、マウラに着いたー!」  『ふぅ、着きましたー!!』

「ここから船に乗るんだ!」  『うん。船に乗るのは、2回目になるのかなぁ・・・』

「前に乗った事あるんだ?」  『・・・うん』

「あぁ、ドキドキするなぁ!早く出発しないかなぁ」  『う、うん・・・』

「・・・どうしたの?震えてるみたい・・・」  『な、なんでもないよ・・・』

船に乗ると、なんだか言い知れない不安な気持ちがこみ上げて来ました。しかし、そんな不安をよそに、船はゆっくり出港したのです。

「出発だー!ねぇ甲板に出てみようよ!」  『う、うん』

トテトテトテ・・・ ガチャ・・・

「・・・う?うわわわ!!何だあれー!!」  『あ!あ!シーホラー!!!!』

扉を開けると、目の前には恐ろしいモンスターが蠢いていました。すぐさま、船室から冒険者が飛び出し、恐ろしいモンスターはたちまち退治されました。

「こ、ここなら大丈夫かな」  『・・・うん』

「ビックリしたね!怖かったね!」  『・・・うん』

「でも、なんであのモンスターの名前知ってたの?」  『・・・うん・・・ええ?!』

え?ボクがあの恐ろしいモンスターの名前を知っていた・・・? なぜ?初めて見たはずなのに、いや、でも、前に見た気もあるような・・・ ・・・ ・・・

「ねぇ、もう一回あのモンスターの名前言ってみて!」  『うーん、思い出せない』

「・・・ふーん、なんか変なの・・・」  『・・・うん、そうだよね・・・変なのです・・・』

モヤモヤした気分のまま、船はセルビナへ到着しました。「あの時」と、なにも変わっていないセルビナ・・・ 夜の湿った空気が塩気を帯びて、体に纏わりついてきます。

「もうすっかり夜中になっちゃったね」  『うん、そういえば・・・お腹もすいたね』

「砂丘には、夜に恐ろしいモンスターが出るみたいだから、朝になるまで街にいよう」  『そうだね、ご飯を食べて、少し寝よう』

ご飯は、いっぱいいっぱい、おかしがあるのです。

朝早く、ボク達はセルビナを出発しました。

バルクルム砂丘・・・ ボクが、ガルおじさんに助けられた場所なのです。ボクはなぜ、こんなところに流れついたんだろう・・・ ボクのお母さんとお父さんは、どこにいるんだろう・・・ ボクはなぜ1人なの・・・

「・・・どうしたの?泣いているの?」  『ううん、砂が、目に入っちゃったのです・・・』

バルクルム砂丘を抜けて、ボク達はコンシュタットへ着きました。久しぶりに緑を見て、ボクは胸いっぱいに深呼吸をしたのです。でも、口に砂塵が入ってしまって、口の中がちょっとシャリシャリになってしまいました。

「・・・あ、向こうに大きな建物があるよ」  『ホントだ・・・ お城かな?』

コンシュタットの中央には、白く大きな建物がありました。でも、建物には入り口が無く、ゴウゴウと音をたてて回っているクリスタルがあるだけでした。

「あ、クリスタルの欠片が落ちてる」  『ホントだ キレイだね』

「もらっちゃえ!この冒険の記念に!」  『うん、宝物発見だね!』

ボク達は、大きなクリスタルの下に落ちていたクリスタルの欠片を拾いました。そのクリスタルは、いままで見た事もない光を放っていました。

「・・・どうしたの?じっとクリスタルを見つめて」  『・・・あ、何でもないのです』

そのクリスタルからは、不思議な事に、精霊の力を感じませんでした。精霊の力が宿っていないクリスタルがあるなんて、初めてなのです。

コンシュタットを抜けて、ボク達はグスタベルグに到着しました。コンシュタットの砂塵にウンザリしていたのに、今度は砂と岩だらけの世界なんて・・・ 早くもサルタバルタに帰りたくなってしまいました。

「よし!ここを抜ければ、バストゥークだよ!」  『うん。・・・わ!大きな滝!!』

ボクは、グスタベルグの大きな滝の迫力に圧倒されてしまいました。何もかも押し流してしまいそうな力強い水流は、ボクの心のモヤモヤも、一気に押し流してくれたみたいです。

そしてついに、ボク達はバストゥークへと到着したのです!!洋服の中も、靴の中も砂まみれなのです!しゃりしゃりしゃり・・・

「やったー!着いたー!」(コテッ)  『やったのです!!着いたのです!!』

さっそくボク達は、バストゥークを駆け回っておかしを配りました。けれども、冒険の途中でほとんど食べちゃったので、あんまり配れなかったのでした・・・

でも、バストゥークでのハロウィン祭りで、ボクはトリートワンドという杖をもらったのです!

さっそくこの杖で、ポコリと敵を叩いてみたら・・・あら不思議!なんと、あっという間にウィンダスへ戻ってしまったのです!!スゴイのです!

・・・あ!せっかくバストゥークまで来たのだから、ガルおじさんに会ってくれば良かったのです・・・

・・・あわわ! お友達も、忘れてきてしまったのです・・・

〜 タルっ子ヴィヴィオの大冒険!おわり 〜

 

以上、、倉庫キャラのヴィヴィオ君の大冒険でした。実はこの日はハロウィンイベント最終日だったのです。でもまだトリートワンドが取れてなかったので、最後の手段で国移動したのでした。もう1人のタルも知り合いの倉庫キャラだったり。

倉庫キャラといえど、メインキャラ同様1年以上も付き合ってきて、しかも「Rufaの義理の息子」という脳内設定でプレイしてるので、愛着もついてしまったわけで・・・ この子だけトリートワンド取れないと微妙にくやしいですからねぇー

RufaとVivioの冒険はまだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.