← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2003年9月



ガル黒って何かと似てる見たような・・・ ほら、フェ・イン辺りの・・・

*今月の日記にはネタバレ(ミッション画像など)が出てきますので、見たくない方は読まないようお願いします。

月に入ってすぐ、ウィンダスからバストゥークに移籍(出戻り)。やっぱり最初に始めた国のほうが「故郷」って感じしますし、ウィンダスの高ランク戦績装備に良いものも無いし・・・(バスにも特に無いけど・・・)

移籍したはいいけども、バストゥークのランクが5のままだった。闇王戦前の骨ボス戦闘まで終わらせてた状態だったので、後は闇王戦をすればランク6になれる!

【15:00】

というワケで、さっそくジュノでメンバー募集を始める。理想は前衛3人、黒1人、詩人or赤1人、白1人(わし)だけど、都合よく集まるかな・・・?

結局、集まった闇王討伐メンバーは、竜騎士(65)、竜騎士(56)、モンク(55)、赤魔道士(63)、赤魔道士(57)、白魔道士65(わし) (*レベルはうろ覚え)

理想PTにはならず、レベルもちょっとガタガタだけども、赤さん2人いるから大丈夫かなー?

ともあれ、いざ!闇の王戦へ!!ひさびさにドキドキするなぁ・・・

「あ・・・」

「どうしたの?タルモンクたん?」

「鼻血でてきた・・・」

「(*´д`*)」

「覚悟はいいかい?」 「うん」 「はい」 「鼻血大丈夫?w」 「大丈夫」 「いくよー!」 「おー!」 「ドキドキしてきたー」 「勝てるかなー」 「入りますねー」 「はーい」 「ほい」 「うい」 「OK」

「・・・あ、あれ・・・?」

「ど、どうしたの?赤魔道士さん?」

「変だな、部屋に入れない・・・」

「ちゃんとミッション受けた後に大統領から話聞いた??」

「あ・・・ごめん、聞いてない・・・」

「(´・ω・`)」

「どうしよう?」 「もうバトルフィールド入っちゃったよ」 「赤魔道士さん1人足りないと無理?」 「無理かな?」 「どうだろう・・・」 「やってみる?」 「やってみようか・・・」 「やりたい!」 「よ、よし行くぞ!!」 「5人で突撃じゃー!!!」

鼻血出そう・・・

やはり1人抜けると辛いのか・・・ 物理無効状態になるまでは余裕ムードだったのですが、物理無効状態以降、赤さんもわしもMP尽きて、なすすべも無く全滅。

「ごめん、私が参加できなかったから・・・」

「いやいや、ある意味負け覚悟だったしねー」

「赤魔道士さんが、ミッションちゃんと受けてから再挑戦だね」

「はい」

「よし、次こそは!!」

「・・・あ、ごめん、私ちょっと用事あって続けられない・・・」

「あう;;;」 「うーむ」 「そうかー」 「ジュノ戻って再編成?」 「でもこのメンツでクリアーしたいよね」 「うんうん」 「そうだねー」

「抜けちゃう人、何時ころ復帰する?」

「19時くらいですー」

「OK。じゃあ、19時にズヴァール城前集合でいいかな?」

「おっけー」 「了解」 「赤魔道士さんには、それまでにミッションをちゃんと受けてもらって」 「はい」 「了解〜」 「では、また後でねー」

【19:00】

再び、ズヴァール城前に集まるメンバー。

「全員揃ったかな?」 「赤魔道士さん、ミッション受けた?」 「大丈夫ですー」 「よしリベンジじゃ!」 「さっきは物理無効まで余裕だったから、赤さん2人はMP温存してもらって、物理無効になったら一気に精霊魔法を叩き込む作戦でどう?」 「OK」 「了解です」 「いくぞー!」 「おぉー!」

鼻血出そう・・・

なんで!? (・・・いや、なんでって言われても・・・)

またもや全滅です・・・ 今度は6人全員揃って余裕かと思ったのに・・・

なんというか、物理無効状態がガンです・・・ 赤さん2人の精霊攻撃でも状態切れず、結局MP尽きて、なすすべも無く全滅のパターン。

うーむ、やはり、魔力の泉が使える黒魔道士さん必須の予感が・・・

【22:00】

どうにも諦めきれないので、ジュノに戻ってPTを再編成する事に。今のメンバーは白、赤、赤、竜、竜、モの6人なので、新たに黒2人、詩2人、前衛2人を集めれば理想PTが2組できるはず!

しかし、前衛さんはすぐに集まったけど、肝心の黒さんと詩人さんが揃わない。さすがに時間が時間だけに、無理があるのだろうか・・・ とにかく、ジュノ全層を駆け回ってPT募集を続けた・・・ 募集シャウトを聞いた人からは、

「なんで2アラも集めるの?」 「闇王戦闘は6人限定ですよ?」

などと、ときおりツッコミも入りまくり。 分かっています。分かっています。これには深いワケがあるのです・・・_| ̄|○ i|||i

募集の最中、ジュノのルルデの庭でガルカ行進イベントが行われていた・・・ あぁ、面白そう・・・ だけども今はそれどこじゃない!早くPTメンバ集めないと!早く終わらせないと!明日仕事あるんだーっ!ヽ(;´Д`)ノ

やがてようやく黒さんがつかまり、もう一人の黒さんもお手伝いさんが加わってくれた。詩人さんも1人加わってくれたけども、どうしてもあと1人つかまらず、赤さんが参加。

加わったメンバーは、黒魔道士(60)、黒魔道士(65)、詩人(60)、赤魔道士(65)、戦士(63)、ナイト(57)の6人。 (*レベルはうろ覚え)

元のメンバーと合わせてPT再編成をして、以下の2つに分ける。

PT1:レベル60以下だけども、バランスパーティー。
ナイト(57)、竜騎士(56)、モンク(55)、詩人(60)、黒魔道士(60)、赤魔道士(57)

PT2:レベル60以上だけども、魔道士ばかりの少々不安パーティー。
竜騎士(65)、戦士(63)、黒魔道士(65)、赤魔道士(65)、赤魔道士(63)、白魔道士65(わし)

そういえば、2アラ再チャレンジって、ウィンダスの時の闇王戦と同じパターンじゃん・・・

ざズヴァール城へリベンジ・・・ ところが、ザルカバードに着いた途端、戦士さんが寝落ち・・・ って、わしのPTのメンバーじゃん! ただでさえ前衛いないPTなのに、これでは竜騎士さんが唯一の前衛になってしまう・・・

しばらくコールしつつ待ってたけど起きる気配も無く、しかたなく戦士さんをデジョンで送り返す。いまさらメンバー集めるのも時間の関係でできず、そのまま出発。

その後、その戦士さんは何の連絡もなくログアウトした模様。後日も連絡なかったし・・・ こういう「何も言わない」人間ってどうなんだろう・・・寝落ちは仕方ないにしても、ログアウトする時は意識あるんだから、一言言えばいいのになァ・・・

ともあれ、私のPTは竜、黒、赤、赤、白という不安構成のまま闇王戦闘へ・・・ 私は、3回目の闇王登場シーンを見つつ、また全滅した時のメンバーへの言い訳を考えていた・・・

ともかく3回目です。もう必死です。前衛少ないので、赤さんが前衛になって殴ってます。わしもヤグドリ&ハイエーテルがぶ飲みで頑張りました!!そして、何度も全滅を覚悟しましたが、なんとか辛勝・・・ ともかく、誰も死なずに勝てて良かったぁ・・・

ひさびさにライオンたんのおしりも拝見できました!!(*´д`*)ハァハァ

あぁ・・・ライオンたんのフトモモー(*´д`*)ハァハァハァハァ・・・ あ、あとちょっと、足を上げれば見える!あ、あと少し・・・!!!(マテ)

・・・っと、ハァハァしてる場合でない。こっちのPTはなんとか勝てたけど、もう1PTは大丈夫かな?こっちよりもバランスいいし6人だし大丈夫とは思うけど・・・

しばらくして、もう1PTから「全滅しました;;;」とテルが・・・

な、なんてこったい(つД⊂)

全滅してしまったもう1PTをレイズすべく、単独でズヴァール城に突入。あぁ・・・この城を突破するのも今日で4回目だ・・・ もう、すっかり中の構造は覚えてしまった・・・

ちなみに、このズヴァール城でやっかいな場所が後半のワープポイント。ワープした瞬間、インビジが切れてしまうので、周りのデーモンに気づかれないかヒヤヒヤなのだ。(1人だから確実にぬっころされる・・・)

なんとか全滅してしまったPTを復活。ここでわしは力尽きました・・・時間をみると・・・3:00です・・・最初のPT集め始めた時間が昨日の15:00だったから、実に12時間に及ぶ闇王戦でした・・・

ともあれ、めでたくバスランク6に!

ひさびさにシドさん見れましたー! いかにも「バス」って感じのメンバー勢ぞろいで懐かしい。

のまま、勢いで「バスランクも一気に9まで上げてしまえ!計画」開始ー!

さっそくミッション6-1を受ける。なにやらガルカが深くかかわるお話のようです・・・

アルテバ砂漠のNMを2体倒すとのことで、2アラで出発!

NMの名前はスフィンクス!(外見はマンティコアだけども) ウィン6-1のNM戦より手ごわかったかも。ともあれ2アラパワーで撃破。

さっそくバスに戻って報告。ガルカってけっこう謎多いのですねぇ・・・(自分の種族なのに何も分かっていない・・・)

どんどんミッションクリアしてしまえー!バスミッション6-2を受けて、6-1のメンバー全員でノーグへ。内容はイフリートの釜にアダマン鉱を持っていって、NMボムを倒すというもの。

しかし、このアダマン鉱がクセモノで、イフリートの釜で掘り出せるらしいのですが、周囲にボムやらボムやらボムやらがいて、とてもとてもデンジャラスらしい。

なので、競売から買うのが確実なのですが・・・今日は1個も出品されていませんでした(´・ω・`) アイテムが無い事には、ミッションも進められないし、アラは解散。

「バスランクも一気に9まで上げてしまえ!計画」 ・・・終了。

ッションも進められないし、レベル上げ再開するかなぁー・・・

しかし、なんだか、白魔道士も飽きてきた・・・ マンネリ(;´A`)

突然ですが、獣使い始めました。

最近にわかに増えてきた獣使い。当初は「謎ジョブ」の1つでしたが、最近になって
高レベルでのペットの強さや、呼び出しペット(通称ポケモン)の便利さが認識され始めたのだ。

たしかに、ミッションで何度か組みましたが強い印象だったし・・・(レベル上げPTでは一度も組んだことないけど) 気分転換がてら、獣使いで遊んでみる事に。

序盤、山串食えば10代くらいまで自分だけで普通に稼げるのですが、やってる事が他の前衛とかわらなく面白くないので5から獣操ってレベル上げしてみる。

獣使いの戦い方は、まず丁度〜おなつよまでの敵を操って、おなつよの敵ぶつける。ぶつけるペットは、敵よりも少し弱い程度がちょうどいい。

ぶつけたら、ペットと敵の戦いをマターリと観戦。自分のHPが減ってる時などは、ペットが戦っている間に離れてヒーリングをしておく。

ペットが死ぬ頃、もう敵は虫の息なので自分でとどめ。これを繰り返すのだ。

自分はほとんどダメージを受けなくて済むので、少ないヒーリングで狩り続けられるけど、ヒーリングしながら戦うのと同じか、それ以上時間がかかったりして、にんともかんとも微妙。でも、自分が死ぬリスクがはるかに小さいのが魅力だ。

最初は「面倒かも?」と思っていた獣使いも、慣れてくると大変楽しい。戦い方が他のジョブと大きく違うので、まるで別のゲームをしているような新鮮さがある。


一度でいいから見てみたい。画面いっぱいに巨大なマンドラたん。うたまるです。

あと獣使いはリンクの時の生存率が高い。敵3匹くらいリンクしたり、とてとてなんかに絡まれたり、たいていのジョブだと死んでしまうような状況で、獣使いは生き残る事ができる。

しかし、面白さの他にも大変な事も分かってくる。ペット使ったレベル上げは丁度〜同じ強さのモンスターがいっぱいいる事が条件なのですが、この狩場探しがまた難しいのだ・・・

丁度はいたけど・・・後は楽だけとか。同じ強さはいたけど・・・後は強だけとか。運良く同じ強さを2匹見つけても他のプレイヤーに狩られちゃったりとか。

かといって、ソロだけというのも単なる劣化戦士状態なので強いワケでもなく、なによりつまらない。

よく「獣使いはソロ可能だから時間の無い人向け」などと聞くけど、私は反対だと思う。チマチマ稼ぐのが苦で無くて、午前中とか人の少ない時間帯でプレイできる人向けの気がする・・・ ともあれ、ちょっと自分には向いていないカモ。

月もイベントが開催。とはいっても去年あった白ウサギ追いかけっこイベントとまったく一緒・・・ しかし、なぜか開催時間は金曜22:00〜土曜5:00という中途半端さ。なぜに?!

ともあれ例によって現れたモグからムーンカロット(ニンジン)をカバン一杯受け取る。

手始めにバタリアに出てみると・・・ おぉ、さっそく大勢の人がウサギを追いかけております。み ん な 必 死 だ な。(オマエモナ)

しかし、今年のウサギは妙に早すぎ!!しかも移動範囲広すぎ!!去年はもっと遅かったし、特定の範囲の場所しか移動しなかったので、ニンジンも渡せやすかったのに!!

今年のウサギは、発見!と思った次の瞬間には・・・

もう、はるか彼方へ・・・

えぇい!どこ行った!? うぉ?目の前に?!・・・と思った次の瞬間には・・・

すでに、はるか彼方へ・・・

えぇい!どうしろと?!ヽ(;´Д`)ノ

こうなったら奥の手だ!サポ狩人にして、広域サーチ。ウサギを追跡ターゲットにすれば、すぐに場所が分かる。あと、ニンジンを渡すマクロも、

 /item ムーンカロット <scan>

にすると、確実にウサギだけにニンジンを渡す事ができるのだ。

しかし、追跡ターゲットしてマップでウサギの位置確認してみると、改めて行動範囲が広すぎなのが良く分かる。なんたってマップの端から端まで移動してやがるのだ・・・ しかも、とんずらでも追いつけない速さで。こんなん絶対無理やて!

少しでも追いかけ易い地形のマップでやろうと思いザルカバードへ・・・ たしかに追いかけやすいけど、早すぎるので結局追いつけない・・・ あと地形が白なので見つけにくい罠も。

今度は砂漠へと移動。ここも追いかけやすいけど、やっぱり早すぎるのでどうにもならない・・・ どこへ行っても同じと悟る_| ̄|○ i|||i

もう・・・ もう、いいです・・・ 諦めました・・・ ・゚・(ノД`)・゚・

結局、かばん一杯にもらったニンジンの半分も渡す事ができず。収穫は月見団子5個。去年はすぐにニンジン空になって、モグからニンジンもらって繰り返しマラソンができたのに・・・

えーっと、イベントって、楽しむためのものですよね!?なぜにこう締め付けるのか。レベル上げでも締め付け、イベントでも締め付け、いったい何を楽しめというのだろうか・・・(´・ω・`)

て、気を取り直してレベル上げ再開! ・・・とはいえ、まだ白魔道士を再開する気持ちもないし、獣使いは、ちょっと自分には合わなかったし、どないしょ・・・

突然ですが、吟遊詩人始めました。

詩人といえば、高レベルでのレベル上げで引っ張りだこの人気ジョブだ。さまざまな歌の効果でPTをサポートする、縁の下の力持ち。しかも歌はMPを消費しないので、ガルカでも気兼ねなくできる唯一の後衛ジョブかも?

詩人=ソロ最弱 というイメージがあったので、さぞかし低レベルでも大変なのかなぁと思ってたのですが、ところがどっこい、ピーアンを覚える頃は鬼神のごとき強さになる。

まず、山串を食って準備。マドメヌかけて攻撃と命中をアップして、丁度〜おなつよを倒す。ピーアンとミンネをかけてHP回復しつつ、経験値15〜20くらい楽敵を何匹かやっつける。

楽敵から受けるダメージより、ピーアンで回復する量のほうが多いので、そのうちHPは全快して、さらにTPも溜まる。

HPも全快でTPも溜まってるので、マドメヌかけて攻撃と命中をアップすれば、おなつよ2チェーン余裕で倒せる。そしてまたピーアン&ミンネして楽敵を倒しつつHP回復&TP溜め。この連続で、ヒーリング無しで延々と敵を狩り続けられる。

まさに鬼神になった気分だ。休み無く敵を倒してるので、山串の効果も無駄なく存分に発揮できる。

ひさびさに故郷に戻って、グスタの山などに良く通ったけども・・・

なんというか、ここは乱獲狩場なんですか?リンク狩りしてる人をけっこう見たし・・・ マドメヌしてる準備中に敵を全部持っていかれてしまうので、狩る相手がいなくなってしまう・・・ 詩人は敵の取り合いは激しく苦手です(´・ω・`)

ベル10を超え、いよいよセルビナデビューの時が来た!

という事は、詩人で初PT参加という事になる・・・ しかし、どうしよう、実は低レベルで詩人さんと組んだ事など1度も無いので、正直PTでの立ち回りが良く分からないのだ。困った・・・ (私が詩人さんと良く組むようになったのは50代の骨骨ファンタジー時代から)

とりあえず前衛にメドメヌかけて自分も一緒に殴る。ひさびさに連携参加したりして楽しい(*´д`*) 後衛さんには、待機中にミンネかけたりして。

しかし、とてとて相手のメドメヌって微妙ですねぇ・・・ 特に低レベルだと歌の効果も薄いし。ソロで楽や丁度相手だと効果てき面なんですが。・・・激しく役立たずな予感(つД⊂)

高レベルでは大人気の詩人も、低レベルではとても微妙です・・・詩人の他に前衛か後衛を足したほうがずっと良い気がする・・・(;;・З・) さすがに誘われにくいので、お誘い待ちはいつもの釣りで・・・

あまり誘われないとはいえ、低レベルではサクサクレベルが上がるので、1回PT組めば普通に2〜3レベル上がってしまうのが救い。

リザード装備も久しぶり(*´д`*) しっかし、ガルカのリザード装備で楽器持つと謎生物デスネ・・・

ボギートレインなど、ひさびさの砂丘を満喫して、いよいよレベル20に!やったジュノデビューだー!バスからの通勤地獄から抜け出せる〜!ヽ(;´Д`)ノ

おぉ、なつかしのクフィム!ミミズさん、カニさん、またお世話になります。

ベル20代、30代になると、便利な魔法やアビリティを覚えたり、各ジョブの仕事が大きく様変わりする時期だ。なおかつ後々の高レベルまで続く「自分の戦闘スタイル」がある程度固まる頃でもある。

詩人はLv25でのバラードの追加が大きい。この歌の追加から、前衛後衛への歌の「歌い分け」が必要になってくるからだ。

「歌いわけ」は高レベルで詩人さんの働きをよく見ていたので、だいたいは分かるけども、いざ25になってみるとアタフタしてしまう・・・ 白魔道士をやっているとき、バラードを常に続けてくれた詩人さんが神に思えたので、それを見習って私も「バラードを切らさない」事を第一に歌い分けするようにしている・・・

しかしこの「歌い分け」、前衛と後衛の間を行ったり来たりするので、とても大変です・・・

まず前衛さんにマドメヌして・・・

ダダダダっと後衛さんの方へ移動して・・・

後衛さんにバラード。

そしてまたダダダダっと戦線に戻る。

「Rufaさん、武器もって凄い勢いで迫ってくるから・・・怖い!;;」

などと言われつつ・・・(´・ω・`)

0代を風のように駆け抜け、あっという間に30代へ・・・ このレベル帯はガンガン上がっていきますねぇ〜

30代からのレベル上げは、アルテバ砂漠がメジャーになりつつある。わしは白65なので、良く狩場タクシーしました。しかし、中にはルテ石持ってない人もいたりして、そんな時はテレポデム→コンシュ→グスタ→バス→コロロカ→アルテバと、ルテ石ゲットツアーも兼ねたりしつつ、砂漠へと向かう。

こう、広々としたとこでのレベル上げは気持ちいいですな。

先に話したように、20代、30代で戦闘スタイルが大きく変わる。特にその代表はシーフさんではなかろうか。とくに30になって覚える「騙まし討ち」が重要だ。

アビ単体で見ればそう難しいモノではないけれど、最近の風潮で「不意打ち」と「騙まし討ち」と「WS技の3つを同時に掛け合わせ、大ダメージかつヘイトコントロールをする「よこだま」という技が流行っているのだ。

ある日PT入ってきた新米シーフさん、なかなか「よこだま」が成功せず、PTメンバーから指導受けてました。しかし、何度教えても失敗の連続・・・

この新米シーフさん、何度やっても、



敵⇔盾

という配置になってしまって、よこだまが成功しないのだ。

「シーフさん、よこだまの仕組みは理解してる?」 「してるよ!」 「盾の人の横から攻撃するんだよ!」 「うん」 「シーフさん、それだと敵の横だよ、盾の人の横に立たないと!」 「分かってる」 「あぁ・・・また敵の横に・・・」

ちなみに、正しくは、

   シ
   ↓
敵⇔盾

こういう配置にならないと、「よこだま」は成功しないのだ。

失敗ばかりだったシーフさんも、ようやくコツがつかめたのか、だんだんと成功するように。シーフの中の人も大変だなぁと思いましたさ・・・

このように、レベルが上がるにつれて増えていくジョブアビリティと戦術。しかし詩人のアビリティは、

Lv1:ソウルボイス Lv15,25,45:レジストサイレス ・・・これだけ。

しかも、ソウルボイスはピンチ用の2時間アビだし、レジストサイレスは単なるジョブ特性だし、実質、普段使うジョブアビリティは無いのだ。

その代わり覚える歌が多いといっても、結局良く歌うのはマドリガル、メヌエット、バラード、エチュード、スレノディくらい。後はサポ回復と、たまにリンク処理でララバイ・・・

大変そうだと思っていた詩人の仕事だけども、いざやってみると、意外とやる事は少なく、単純かもしれない。

・・・まぁ、白魔道士はもっとやる事無くて単純なんですが・・・(つД⊂)

0中盤以降も、砂漠でのレベル上げは続く・・・

獲物は、クモ→カブト→キリン→アリ という順番だ。

30代後半には、種族装備が着れるようになった。ガルカの種族装備はMP+100なので、サポ白でのサポートがぐっと向上するのだ。

種族装備といえば、わしのお気に入りはエル♀の種族装備・・・ 真っ白で、エロくて、グッドである。(*´д`*)ハァハァ

倒れ姿もエル♀(・∀・)イイ!!

・・・ちなみに、砂漠で全滅すると、みんなHPはジュノなので大変だ。

でも、テレポルテポイント〜ラバオの間でレベル上げしていれば、けっこう人通り多いので、辻レイズしてもらえるのが助かる。

人通りの多い理由は、テレポルテからすぐラバオに行けるので、ラバオがすっかり帰りデジョンのメッカとなっているからだ。

人は、持ち歩く楽器がやたら多いのが、やってみてわかった。

楽器の中にはマドリガル+2など、特殊効果がある物が多く、しかも種類がいっぱいあるので、たくさんの楽器を持ち歩く必要があるのだ。

しかも、特殊効果を得るには、対応した歌ごとに楽器を装備変更する必要がある。歌のたびに装備を変更してるので、詩人さんが良くチカチカ点滅していた理由が良く分かります・・・

楽器のほかに、詩人にとって重要な装備がCHRアップ装備だ。味方にかける歌は歌のスキルだけが反映されるけど、敵にかける歌は歌のスキルに加えて、CHRも影響してくるのだ。

とくにリンクしたときのララバイなどの成功率に影響してくるので、けっこう重要だったりする。ガルカはもともとCHR低いのでなおさらだ。

そんなCHRアップで有名な装備はモンスターシグナだろう。なんとCHR+8のスグレモノだ。形も特殊グラフィックで面白い。その分、貴重な装備なので30万とお高い・・・

実は先月の釣りの収入で、ずっと前から欲しかったアストラルシールド(MP+30の盾)を70万で手に入れたのですが、金欠病でまた競売へ戻してしまうハメになってしまった・・・意外と詩人装備も特殊効果の楽器とか揃えていると金がかかるのです・・・(´・ω・`)

て、このまま吟遊詩人をメインにしようか?白魔道士に戻るか?悩んでいるうちにもうレベルが39になってしまった。

現在のレベルキャップであるレベル70が最高レベルなら、白魔道士メインのまま、あと5レベル上げるのが早いだろう。しかし、今後レベルキャップが外れ、いずれレベル100とかになると思うと、このまま白魔道士で進むのにためらってしまうのだ。

今後のレベル上げを考えると、このまま白魔道士で目指すより、新しく吟遊詩人で目指したほうが早い気がする。このゲームは何するにもレベルを上げるかがキモだし・・・

そんな事言うと、おまいはジョブにポリシーとかは無いのか?本当にやりたいジョブとか無いのか?と言われそうだけど・・・ ぶっちゃけ、有るような無いような(´・ω・`)

もともと、白魔道士やってた理由は、「誘われやすい」というのと、サポ黒にすればテレポ・デジョン・エスケプの「便利移動魔法が使える」という事だけだし・・・

あえて、是非ともやってみたい!極めてみたい!というジョブと言えば・・・

やっぱ「釣り士」くらいだろうか・・・

・・・ってか、そんなジョブは無いし。逆にどのジョブでもできるから、結局私にとってはジョブはなんでもいいのだ。レベルさえ・・・レベルさえ上がれば・・・

さて、どうするか・・・?

今、高レベル白魔道士は、増えすぎて飽和状態。ましてや私はガル白だし、この先に明るい未来は無いだろう。あえてその茨の道を行くのもまたアリかもしれないけど、やはり、吟遊詩人メインに切り替えた方が無難な気もする・・・

しかし、せっかく白魔道士65まで上げてAFも揃えたのにもったいない気も・・・でもガル白なんぞに未来はないし・・・吟遊詩人の歌はMP消費しないのでガルでも気兼ねなくできるし、レベル80になればサポでもテレポ使えるようになるし・・・あぁ、どうしよう・・・どうすればいいんだぁ!!(ゲームでテンパるなよ・・・)

無駄にテンパりつつ、Rufaの冒険はまだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.