← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2003年8月



タルタルが池に落っこちた〜! 「い、いま助けるタル〜!!」 Σ(゜Д゜)釣りで?!

*今月の日記にはネタバレ(ミッション画像など)が出てきますので、見たくない方は読まないようお願いします。

ル白の予定は、以下の2つのコマンドで決まる。

/sea all inv 60-65 (レベル60-65のPT参加希望者をサーチ)

23人見つかりました。

/sea all whm 60-65 (レベル60-65の白魔道士をサーチ)

30人見つかりました。

うはwww今日レベル上げ無理www

現在、高レベルでは白余り状態なので、PT希望者よりも白魔道士が多いときなどは、まず誘われないのだ。なぜなら、PTリーダーが白を探すときは、

希望有りタルタル白

希望有りミスラ・ヒューム白

希望無しタルタル白

希望無しミスラ・ヒューム白

希望有りエルヴァーン白

希望有りガルカ白

希望無しエルヴァーン白

希望無しガルカ白(わし)

・・・と、こういう順番で誘うので、優先度最低のガル白は誘われ難いのだ。

/sea all whm 60-65 のコマンドで、白字ネーム(ソロ)の白魔道士が青字ネーム(PT)に変わっていく順番がまさに上記の順番なのです(´・ω・`)

なので、ガル白な私が誘われるときは、白が欲しいのに全然いなくて、もうどうしようもなくて、とにかく崖っぷちの場合のみである。

というワケで、誘われる時はログインしてモグハウスから出る間もなく誘われる。(サーチリストに載った瞬間) そして、殆ど最後の6人目である。

そして、誘われない時はさっぱり誘われない。我ながら凄まじいまでのギャップである。

いままで誘われやすい(時間無いリーマンにピッタリ)というのもあって、白魔道士続けてきたけど・・・これじゃ素直にガル前衛やってたほうが良かったんじゃ・・・

とはいえ、今更他ジョブを60以上上げる気も起きないし・・・ ま、いっか(´・ω・`)

われない時は、ただボーっとしているワケじゃない。PT希望出しつつ、ジュノ周辺で釣りをするのが日課となっている。釣りだけで1日が終わってしまう日もあるけど・・・

現在釣りスキルは70。主にバタリアで銀鮫(シルバーシャーク)漁をしている。

しかしこの場所はモンスターが釣れてしまうのが面倒なのだ。退屈な釣りの間の刺激にはなるけど、3匹連続モンスターとかだとさすがに萎える・・・

ちなみにシルバーシャークは、セルビナのZaldonに渡すとハラキリしてくれる。ハラキリすると稀にトライデントという両手槍が手に入るのだ。しかし手に入る確立はとてもとてもとても低く、10ダース渡してやっと手に入るくらいの確立です・・・

ラートの拡張で、マップの数がグンと増え、同時に高レベル狩場もたくさんできて、以前のような「このレベルにはこの敵」のような定番ものが少なくなった。以前は骨骨ファンタジーとか、ダボイファンタジーとか、特定の狩場にPTがひしめいたモノでしたが・・・

高レベル狩場は、アルテバ砂漠から行く場所が多い。移動でよくチョコボを利用するのですが、広大な砂漠を疾走するのはとても気持ち良くて好きです。

アルテバ砂漠から一番近い狩場は流砂洞。獲物はクモや蟻人など。ジラートで追加された新グラフィックのモンスターが相手なのでチョット新鮮な気分でレベル上げできる。高レベル狩場の中では好きなトコだ。

アルテバ砂漠から入るクフタルの洞門も狩場の1つ。カニやらサボテンさんやらがうじゃうじゃいる。奥にはゴブリンやコカトリスも。

クフタルの洞門を抜けると、テリガン岬に出る。って、まんまセルビナ砂丘じゃん!ゴブにビクビクしながら移動するのも、セルビナ砂丘そのまんまである。俗に言う「セルビナ砂丘2周目」である。

しかしセルビナ砂丘とは違って、怖そうなモンスターがうじゃうじゃいる。こんなトコで戦ったら激しくリンクしそう・・・

・・・と思ってたらやっぱりリンクしまくり・・・ ここでの戦いはリンク上等のサバイバルだ・・・

他にはブブリム半島から行くオンゾゾの迷宮も「通」な狩場となっている。中はサソリやらサソリやらサソリやらが密集していて大変デンジャラスである。

移動途中に、障害物の骨などに当たって動けなくなった時などは、冷たい汗出まくり。ちなみに内部はシャクラミに酷似していて、俗に言う「シャクラミ2周目」

獲物はレベル上げの相手としては珍しいクァールだ。ぶっちゃけ私はクァールをレベル上げ相手にしたのはこれが初めてである。いざ戦ってみると、そんなに嫌な攻撃もないし、普通にレベル上げできる。なぜいままでレベル上げの相手にしなかったのだろう・・・マニアックな場所に生息してるからかな?

狩場をいくつか紹介して来ましたが、やはり「人気の定番狩場」というものはある。聖地ジタから行くボヤーダ樹がそれだ。ここはアクティブな敵が少ないので、他の狩場よりもいくらか安全なのだ。お気に入りの場所は大滝前。暑〜い夏に、たとえ気分的にでも涼しく感じられる場所だから・・・

ここでの獲物はトンボとかイモムシだ。獲物も内部の雰囲気もクロウラーの巣に酷似していて、俗に言う「クロウラーの巣2周目」・・・

・・・なんか、新エリアのほとんどが2周目的な地形で新鮮味が無いよーな・・・

ここでは、釣り役の人が絡まれて連れてくるカニを殴るのがちょっと楽しみだったりする。

釣り役 「ごめん、カニからまれ;;;」
前衛メンバ 「あぅ;;」
後衛メンバ 「うは;;」(カニキタ━━━(゜∀゜)━━━!!殴れるwwwww)

釣り役 「次は気をつけます・・・」
前衛メンバ 「ドンマイ」
後衛メンバ 「気にしないでー」(もー、どんどんカニ持ってきてー(・∀・)ノシ)

ちなみに、カニに絡まれない上手い釣り役さんは嫌いです。

あ、そうそう・・・

ジラートエリアでの戦闘って、専用BGMになったんですね〜

いまごろ気づきました(・∀・)ヾ

あと、ボヤーダはけっこう事故が多い(気がする)。ちょっとした気の緩みが即事故に。全滅したPTの建て直しにその日のプレイ時間が潰れてしまうなんて日もあったりする・・・ 不本意ながらもレイズ2大活躍だ。でも、自PTよりも他PTのメンバーをレイズする機会が多いのはなぜ・・・

さて、こういう事故に備えてリレイズ2をしときたいけども、リレイズ2ってなかなかかけづらいですよね。MP175も食うので狩りが順調な時など、流れを止めてしまう事になるし・・・

釣り役:釣ったー
PTメン:おk
わし:おk (あぁ、リレイズ2したいけどMP半分しかないよ・・・)

釣り役:釣ったー
PTメン:おk
わし:おk (うぅ、ちゃんと次にリレイズ2しますって言おう・・・)

釣り役:釣ったー
PTメン:おk
わし:おk (むぅ、結局言えなかった;;誰かトイレ行かないかな・・・)

釣り役:釣ったー
PTメン:おk
わし:おk (うーん、なんか順調だし、リレイズ2いらないかな??)

釣り役:釣ったー あ、ごめwリンクwww
PTメン:うはw
わし:うはw (連戦でMPほとんどないよ・・・どりゃー!女神の祝福じゃ!・・・ゲフッ)

釣り役:やたw6チェーンww
PTメン:ウマー でも白さん死んじゃったね・・・
わし:うぅ・・・リレイズ2してません・・・

釣り役:リレイズ2ちゃんとしといたほうが良いよ!
PTメン:サポ白だからレイズしかないけど、ごめんねー
わし:はい・・・ ((´・ω・`)ポショーン)

最近は問答無用でキッチリ1時間おきにリレイズ2するようにしています(´-`)

ベル61以降の経験値はなんと3万。60からいきなり1万増えた時はビビリました・・・ 途方も無い数字に見えたけども、いざレベル上げしてみると、とりあえず上げられない事は無いという感じ。だいたい1週間に1レベルというペースだ。

しっかし、高レベルでの狩りは回転が速い。とくに詩人さん&赤魔道士さんの黄金コンビがいると、MP枯れずに狩り放題である。PTはモンスター虐殺マシーンと化してしまう・・・

というか、そういう虐殺マシーンと化さないと、まともに経験値がかせげなくなってしまっている。

そして、詩人さんも赤魔道士さんもいないPTだと、ガクンと自給が減ってしまう。もはや、高レベルでの狩りでは、詩人さんか赤魔道士さんがいないとまともに稼げないバランスになってしまっているのだ・・・にんともかんとも・・・

というワケで、今日も今日とて、あなたにケアルー

あなたにケアルー・・・っと・・・たまには大ダメージでもぶっぱなしたいなぁ・・・

大ダメージといえば黒魔道士。サポの黒魔道士が33で止まっていて、 このままレベル上げしていくとサポ割れしそうなので、久々に黒を上げてみる事に。

さて、みなさんご存知のように、ガル黒は誘われない。マジ誘われない。
誘われないといっても、
「ガル白並みの優先度の低さ?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろアウトオブ眼中。スゲェ!なんか種族とかジョブ関係無いの。
ガル白とかタルモンクとかを超越してる。無視だし超誘われない。
しかも後衛余りまくってるし。ヤバイよ、後衛余りだよ。
だって普通は後衛余らないじゃん。PT入ったら白白召召黒黒とかだったら困るじゃん。「ガル黒さんサポ戦士で盾よろw」とか言われたら困るっしょ。
だかrg(ry

(´-`).。oO(長くなりそうだから辞めた)

とりあえずログインしたらジュノの釣堀(入場料200円)でマッタリ釣り糸をたらしてお誘いを待つ。(レベル低いので、さすがにバタリアでは釣りできない・・・)

でも、人もいなけりゃ後衛も余ってるので、誘われるのはだいたい2日に1回程度ですけど。

このレベルでの狩場は主にクロウラーの巣だ。超久々なのだけど、雰囲気の似ているボヤーダ樹でレベル上げしていたので、あまり「懐かしい」という気分になれない・・・

そして驚いた事に、このレベルでも狩りの回転が凄まじく速い!まるでレベル60以降の狩りそのものである。まだMP半分も回復していないのに釣ってくる・・・ TPが貯まってる時などはMP2桁でも釣ってくる・・・ バラバラも無ければリフレシュも無いのに、とにかく回転が速い・・・ とてとて4チェーンってアナタ・・・

おかげで、黒魔法を打つ余裕が無い。弱体してケアルしての繰り返し・・・ あまりに仕事が劣化白と化してしまっている・・・ せっかく別ジョブ育てなんだから黒らしいことしたいよ(´・ω・`)

昔は、こんなに早いペースでは無かったハズ・・・ フル回復して、強狩ってTP貯めて、とてとてで2チェーン、フル回復。というパターンが一般的だった。ましてやMPが半分以下で釣ってくるなど論外。8割ほど回復したあたりで釣ってくるのが「常識」だった・・・ 黒魔法もガシガシ打ててたと思う・・・

なんというか、レベル60以降の超高回転狩りに皆慣れてしまって、低レベルでも同じ事をしている感じだ・・・

しかしそのお陰で?1回のレベル上げ狩りで1レベル上がって、さらに次のレベルまでの経験値が半分貯まる。でも、いままでは黒魔法スキルなど青時でレベルアップしてたのに、あまり黒魔法打てないのでスキルが白地のままレベルだけが上がっていく・・・ 信長でいう、レベルばかり上がって技能スカスカ状態だ。

ともあれ平日の数時間プレイでもサクっとレベルが上がるので気持ちいい。このままデジョン2の使えるレベル40までしちゃおうかなーなどと思ったけども、35で早くも黒魔道士挫折。何度も言うけど人がいないうえに後衛が余っているので、黒ガルなんぞさswれなgはあべぼば

白が70になったらまた上げよう(´・ω・`)

ベル上げと言えば、お約束の限界突破。今回のレベル70の限界突破クエの内容は何かな?NM数匹倒せだろうか。獣人の拠点に特攻だろうか。レアアイテムの取り合いだろうか・・・なんにしても良い予感はしない。

どんな無理難題を押し付けられるか、ガクガクブルブルしつつMaatじいさんに会ったら・・・え??今回のクエは人探し??

内容は、ヒントの4人の人物を探し出し、獣神印章を渡せとのこと。獣神印章は普段のレベル上げでボロボロ敵が落とすので、すでに10個ほどゲット済み。なので後はヒントの人物を探すのみ・・・

・・・さっそく攻略系HP検索中・・・

うはwww人物全員把握おkwwww

というワケで、ソロでサクっと30分もしないままクエ完了。

Maat:よろしい。そうやって自分の足を使い、地道に行動するのも、時には必要なことじゃ。これらを持ってきたお前さんなら、言わんでも分かっておろうがな。

Rufa:ごめんwww全て人任せwwwなんにも分かってないwww

Maat:うひゃwwwおkじゃwwwwww

月はひさびさにイベントが開催された。内容はサンドリア、バストゥーク、ウィンダスの3国付近に、謎の巨大生物が現れるので、冒険者たちで協力して倒せ。というもの。

注目なのが、謎の巨大生物は「今まで見たこともない奇妙な生き物」というトコ。うーん、どんな生き物なんだろう・・・新グラフィックなのかな?ワクワク・・・・って

カエルかよ!

全然謎じゃないよ・・・ 要塞地下とかでイヤってほど見ましたよ・・・ どうせ既存のグラフィック使うなら、ワイバーンとかのほうがまだレアだったんじゃ??・・・ともあれ巨大だな。デカすぎだ。(って近寄りすぎ)

さっそく参加権が得られる旗に触れる。ちなみにこの旗を探すのに15分くらいかかった。人が多すぎて表示されないから、位置が分からないのだ・・・

みんなで寄ってたかってタコ殴り。レベル30制限がつくので、私はナイトで参加。バッチリこの日のために百人フル装備を倉庫から引っ張り出して気合十分!

とにかく、タコ殴り。なんも考えずみんなでポカポカ殴るだけってのも楽しいですねぇ(=´▽`=) ・・・しかし皆さん、ちょっとづつガケに寄って来てません??

どんどんガケに移動してしまって、カベにめりこむカエル様。カベモンスターっぽくなってカコイイかも?

そしてどんどんカベにめりこみ、さらに人が多すぎてついに表示されなくなったカエル様。みんなでカベを殴っております。ええっと、新たな鉱山発掘ですか?

カエル探そうと視線グリグリ。もうなにがなにやら。わけわからん状態・・・

こりゃいかん。人が多すぎてどうにもならん。さすがにすぐには死なないだろうから、少し時間あけて再挑戦しようと、その場でログアウト。

・・・しばらくして再ログイン。

おぉ、ガクっと人が減ってるな。さてさて、カエル様はどこかいなー?あれ?どこかなー?あれれ?どこー??あり?いない??

「あのー?カエルって倒されちゃったんですか?」と近くの人に聞いてみると「あー、なんかイベント自体中止になったみたいですよ」とのこと・・・え?中止って・・・

しばらくして流れてきたシステムメッセージ・・・ /huh

SytemMessage
本日のイベントは、不具合により誠に勝手ながら中止とさせていただきます。詳細ならびに今後の予定につきましては後日改めてお知らせいたします。

ベントは無かった事にして、レベル上げ再開・・・と思ったけどちょいとダルメル気分なので、久々にミッションでもやってみる事に。

*以降ネタバレ(ミッション画像など)が出てきますので、見たくない方は読まないようお願いします。

なんでもミッションをこなしていくと、新エリアのトゥーリアに行けるらしい。トゥーリアは浮き島になっていて、とてもとてもラピュタらしい。そしてミッションといえば、ライオンたんのおしり!!

ラピュタ行ってみたい!!ライオンたんの新作おしりも見たい!!(アナタ動機ガ不純ナノネ〜)

ウィンダスミッションの重要人物。というか主人公的なアジドマリジド(舌噛みそう) 激しくパインアポー。けっこうファンも多いとか・・・

まずはウィンミッション6-1。ホルトトのNMガーディアン戦をして満月の泉へ行くという内容。12人で行きましたが、NM戦闘は激しく余裕でした。盾役の人がそこそこ高レベルなら6人PTでも大丈夫かも。

戦闘の後は満月の泉へ行くため、トライマライ水路へ。実は私、トライマライ水路に行くのはこれが初めて。・・・いやぁ、めっさカッコいいダンジョンですねぇ・・・あまり訪れる機会が無いのが惜しい。

トライマライ水路奥の満月の泉に到着。しっかし、ウィンダスの地下って謎だらけっていうか穴だらけですなぁ・・・地盤沈下おきそう・・・

続いてウィンミッション6-2。ギデアスでBC戦してオズトロヤ城の最上階へ行くという内容。BC戦は6人限定なので、フルアラ特攻力押し技が使えないのが難点。

さっそく6人集めて、いざBC戦闘へ!!!ヽ(`Д´)ノどぅりゃぁぁぁ!!!

・・・って、こんな時に_| ̄|○ i|||i

戦闘始めた時じゃなかったのが不幸中の幸いか・・・

しかし、再ログインしようにも一向に繋がらず・・・おかしい、と思ってたら、なんとサーバーダウンで、全サーバー・全員落ちてしまったようだ・・・

ちなみに他のMMOでは日常茶飯事らしいサーバーダウンですが、FF11ではとても稀なのです。1年以上プレイしてますが、落とされたのって5回くらいしか無いかも。とにかく、こんなにサーバーの安定したMMOはFF11くらいらしい。

1時間ほどでやっと復帰。ミッションで集まった仲間も続々とログインして来た。しかし、1人だけ機器トラブルで復帰できず、しかたなく5人でBC戦特攻!

ヤグNM4体との戦闘は激しかった!!なんせこっちは5人で劣勢状態からの戦いなのだ。何度もメンバー全員瀕死になり何度も全滅を覚悟しましたが、その度に堪えて堪えてなんとか1人の死者も出ず撃破!!すばらしいです。感動です。みんなグッジョブです!

その後、オズトロヤ城行って最上階へ。幸いカギ持ちが1人いたのであっさりクリア。見事ランク7に!

お次はウィンミッション7-1。トライマライ水路奥の研究所へ行けという内容。上は特攻フルアラメンバー、ホルトト遺跡入り口で記念撮影。

研究所前の扉はNMスライム4匹の門番がいて、全て倒さないと入れないらしい。1匹づつ釣って倒せば楽勝・・・のハズだったのですが、移動してる最中にスライムがリンク!ふと気づけば1PTが全滅。そして崩れていくアライアンス・・・事態が飲み込めずとにかく無我夢中でエスケプ。結局数人しか生き残れなかった・・・和気藹々お気楽ムードが一変して全滅へ・・・ウーム恐ろしい。

再チャレンジでは、慎重に1匹ずつスライムを釣って撃破。さっきの全滅がウソのように楽勝で勝ててしまった・・・

さっそく研究所とやらを物色。タルタル用の部屋のためか、ガルカの私にはちと狭い・・・ ウィンダスの奥深い歴史に触れることができました・・・

お次はウィンミッション7-2。ウガレピ寺院の奥の部屋へ行ってこいという内容。トライマライに続き、このウガレピ寺院も行くのは初めてである。

内部はトンベリがうじゃうじゃいて、インビジで隠れながら進むのですが、途中には魔法感知のロボやら壷やらもうじゃうじゃいるので非常にデンジャラスなのです。

インビジで移動中、「うわ、インビジ切れそう・・・しかも目の前トンベリいるし、近くにはロボもいるし・・・うわ、どないしょ・・・よ、よし、ロボが後ろ向いた隙にインビジじゃあ!!」

*注:後ろ向いてようが前向いてようが魔法感知は関係ありません。

激しくリンク。

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい_| ̄|○ i|||i

さて、目的の部屋に行く前に、その部屋のカギを人数分ゲットしなくてはならず、カギを落とすトンベリNM部屋に陣取ってカギ集め。アラなので倒すのは簡単なのですが、トンベリの特殊ワザ「みんなの恨み」が恐ろしい。なんでもトンベリを倒した数に比例してダメージが増えていくらしい。2千とか3千とかありえないダメージで狙われた人は即死・・・(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

ともあれ、ようやく人数分のカギをゲットして、いよいよ目的の部屋へ。みんなでインビジすると移動する方向など分かりづらいので、獣使いさんが呼び出した「誘導カニくん」を目印に移動。いやぁ、便利ですねぇ・・・

インビジで移動中、「うわ、またインビジ切れそう・・・しかも目の前トンベリいるし、近くにはロボもいるし・・・うわ、どないしょ・・・よ、よし、ロボが後ろ向いた隙にインビジじゃあ!!」

*注:何度も言いますが後ろ向いてようが前向いてようが魔法感知は関係ありません。

激しくリンク。 ま た 私 か!

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいホントごめんなさい_| ̄|○ i|||i

ワンポイントアドバイス:ウガレピ寺院行くときは、プリズムパウダーを持っていこう(´・ω・`)b

目的の部屋にて、謎のおばあさんに会う。・・・にしてもワンピースのサンジもビックリな凄い眉毛だ・・・(眉毛なのか?!)

おばあさんから非常に興味深いお話が聞けました。ウィンミッションストーリー、面白くなってきました!というワケで見事ランク8に!

あ、どんどん行ってみよう!お次はウィンミッション8-1。ダボイのNMオーク倒して呪術の杖ゲットしてどうのこうのという内容。(いい加減だなオイ)

なんでもこのミッション、杖さえゲットしちゃえば後はソロでクリア可能とのこと。さっそく杖ゲットすべく、フルアラでダボイへ特攻!!

ひさびさにダボイに来てみて、ちょっとビックリ。レベル上げPTがサッパリ居ないのだ・・・ レベル60キャップ時代は、毎晩毎晩レベル上げPTがひしめいて賑やかだったのに・・・現在はお金稼ぎのソロが数人いるだけでヒッソリとしている・・・

NMオークは中央島の廃墟の中にいました。ガ系が強烈でしたが、フルアラパワーで瞬殺。呪術の杖をゲットしていきます。ちなみにこの杖、なにげに装備できるんですねぇ、微妙な性能ですが・・・

NMオークは15分おきにPOPするので、その間は周りのザコオークを狩って暇つぶし。って、ザコといってもドラグーンとかですよ?強くなったんだなぁと実感。地味にスキルも上がってちょっと嬉しい。

あとダボイのコッファーカギもボロボロ出ました。嫌味なくらいボロボロ出ました。しまいにはアラ全員に行き渡って流れてしまうほどに・・・ベドーのコッファーカギもこのくらい出てくれれば!!_| ̄|○ i|||i

さて、杖もゲットしたし、後はこの杖をとあるタルタルに渡すだけである。そのタルタルは「みつけるくん」という人形が教えてくれるらしい・・・

「みつけるくん」の指示通り移動して、聖地ジタの奥にあるロメーヴへ。ここも初めて訪れる土地だ。ミッションをやると普段行っていない場所へ行けて楽しい。

ロメーヴは、フェインの遺跡がそのまま地上に出てきたような、不思議な場所だ。ふと水溜りを発見したので30分ほど釣り糸をたらす。・・・ゴミしか釣れませんでした(´・ω・`)

ここにはウェポンやらロボやらがうじゃうじゃいて、ウガレピ寺院以上に魔法厳禁なデンジャラスゾーンだ。ウガレピでの失敗を踏まえ、サイレントオイルたんまり持って、いざ最上階へ。

「みつけるくん」曰く、どうらやここに目的のタルタルがいるらしいが・・・

・・・!!

・・・現れたのはタルタルとは異質な、かといってトンベリとも違う謎の獣人(?)

みつけるくん「間違えちゃった」

・・・って、お前、とんでもないものと間違えていますよ?!アレは一体ナニ?!

謎は深まるばかり・・・

ロメーヴの先には、神々の間という場所があるとのことで見学に行ってみる。おぉ!!これは!!!!

なんと素晴らしい水溜りなんだ!!神なんてどうでもいい、さっそく釣り糸をたらす。(水溜りを見ると釣りせずにはいられない、もはや病気)・・・ゴミすら釣れませんでした(´・ω・`)

「みつけるくん」曰く、目的のタルタルはダボイにいるとの事で移動。このクソ人形め、ロメーヴまで行ったのは無駄足ですか、そうですか。

ダボイに来てみてビックリ。謎の大リンクに遭遇。全員AFでやたら大勢いるし、レベル上げPTでもなさそう・・・一体なんだったんだろう・・・

ともあれやっと目的のタルタルに出会え、杖を渡してミッション完了〜!

次はいよいよ最後のウィンミッション8-2。囚われたアジドマリジド(舌噛みそう)を救い出すという内容。

アジドマリジド(舌噛みそう)の妹、アプルルたんにこんな目で依頼されたら何でもしちゃいますよ!ガルおぢさんは!(*´д`*)ハァハァハァハァ

助ける方法はシャントット様が知っているらしい。なんでもウィンダスの全ての院の指輪を集めて来いとのこと。シャントット様、オホホポーズが素敵すぎ(*´д`*)

指輪集めに、ウィンダス中を走り回り、氷河のフェインに行ったり、ダボイへ行ったりと、なんというか、このゲームは無駄に移動が多すぎ!!マラソンファンタジーオンラインですか!!と。

最後の指輪をゲットすべく、ホルトト遺跡にてNMガーディアン戦闘。ここでの大活躍は獣使いさんが呼び出したキノコ。キノコが片方の敵の相手をしてくれてたおかげで、ずいぶん楽に勝てました!グッジョブ、キノコたん!

ミッションを通じて、何人かの獣使いさんと組みましたが、獣使いの強さ面白さ便利さが発見できました。現在獣使い人気みたいだし、やってみようかしら・・・

ともあれ、すべての院の指輪をゲットして・・・

無事に(?)、アジドマリジド(舌噛みそう)を救出。

見事ランク9になれましたー!ヤッター!!!めでたしめでたし。

・・・む?ちょっと待て・・・

ランク上がれば、トゥーリアに行けるようになるんじゃなかったのか?!行けるどころかトゥーリアの名前すら出てこないし、ライオンたんのおしりも出てこなかったではないか!!

・・・え?!

トゥーリア行けるのも、ライオンたんのおしりが見れるのもジラートミッション?!

な、なんだってー!! Σ ΩΩΩ

無駄にランクだけ上がったという事ですか・・・_| ̄|○ i|||i

いや、ぶっちゃけ、途中からうすうす気がついていたんですけどね・・・

まぁ、ストーリー面白かったからいいや(´・ω・`)

て、途中で中止になってしまった謎の巨大生物イベントが再開されました。前回見たので、もう謎の生物でもなんでもないんですけどね・・・

この日はちょっと夜遅く帰ってきたので、途中から参加。おぉ、見事カエル様復活されております!

しかも、HPあとわずかの瀕死状態!おぉ、なんとグッドタイミング!ちょっと様子みて寝ようかと思ってたんですが、こりゃ倒すまで頑張るぞ!!

前回のように、みんなでタコ殴り。なにげに前回よりも強くなっており、バタバタと人が死んでいく!!私も死につつ、レイズもらってゾンビアタック!!少しずつ、カエルのHPが減っていき、ついにカエル様消滅!!

おぉ!!勝った!!勝利の瞬間に間に合って良かった!!

 「やったー!」 「倒したー!!」 「みんなお疲れー!」 「バストゥーク万歳!」

 「バストゥークが一番先に倒したぞ!」 「バストゥーク最高!!」

冒険者の歓声がグスタベルクに響き渡る・・・

みんなグッジョブ!!バス万歳〜!!ヽ(`Д´)ノ

・・・ちょっと待て、「バス万歳!」って・・・

わし、いまウィンダス国民じゃん(´・ω・`)

ウィン国民ならサルタバルタのカエル倒すべきだったんだろう・・・ しかし、バストゥークへ来てしまったのは、バストゥークは私にとって初めてヴァナディールに降り立った、思い出深い国だし、ウィンダスよりもバストゥークの方が「故郷」って感じがするからだ・・・

そういえば、私はなぜウィンダスへ移籍したんだろう・・・思い起こせば、戦績アイテム目当てだったと思う。バストゥークは戦士寄りで、ウィンダスは魔道士寄りだったからだ。

あと、ウィンダスのほうが魔道士の国というイメージもあり、それらの理由で、ウィンダスへ移籍したけれども、結局「故郷」にはなれなかった。

うーん、なんだか、急にバストゥークが恋しくなってきた・・・

来月早々にでも、バストゥークに戻るかなぁ。

Rufaの冒険は、まだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.