← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2003年4月



今月はついに「ジラートの幻影」が発売ダー!!

*今月の日記にはネタバレ(闇の王の姿など)が出てきますので、見たくない方は読まないようお願いします。

月はいよいよ待望の拡張ディスク「ジラートの幻影」発売!!

ログイン画面でもカウントダウンしたりして、気分は盛り上がる!ワクワク。

ラートの幻影発売数日前、拡張に伴う大規模なバージョンアップが行われた。その内容の1つにお約束のレベル60限界突破クエストがあり、さっそく人が多いこの時期にサクッと終わらせる事に。

さすがにレベル60キャップ時期が長かったせいか、限界突破クエスト受けるマート爺さんの前はレベル60の人がいっぱい・・・全域サーチしてみると、なんと全人口の3分の1がレベル60以上!スゲエ・・・ 限界突破組アライアンスもあっという間に結成される。

基本は18人のフルアラで行動。それが現場に着くと3つも4つもフルアラがいる・・・

だけど人が多い分、敵を協力して瞬殺できるので、非常に安心感高い。かわいそうなくらいに、獣人をボコボコ。

というワケでサクッとダボイで1個目のアイテムをゲット。ふふふ、楽ちんだなー レベル55限界突破クエストよりも楽カモー?と余裕しゃくしゃく。

だがしかし・・・

まさか「人の多さ」があのような悲劇を生むとは、この時は想像すらしていなかったのだ・・・

ボイの次はベドー。

人の多さは、安心感を与えてくれて、実際安全ではあるのだけど・・・・

さすがにここまで多くなってくるとワケ分からなくなってくる・・・・ 自分のパーティーの仲間がどこにいるのかマップを見てみなくちゃ分からず、分かってもターゲットすら合わせるのが辛いくらい重い・・・

アイテムを取る現場に来てみると、人だかりでアイテムをゲットするターゲットが現れない・・・

ちょっと角度を変えてみてもターゲットは現れず・・・ なにやら、ターゲットポイントには同時にターゲットできる人数が限られている(システム的に)のが原因らしい・・・

マゴマゴしていると、次から次へと人はやってきて、ついにはなんとこのエリアだけで270人突破!!数十人でも取れなかったのにもはや絶望的に・・・

「とりあえず池にいる人は入り口付近まで下がってくれー!」

「おーい、話聞いてくれー!これじゃいつまでも取れるものも取れないよ!!」

「なんだ?なにが起こってるのか説明してくれ!」

「もうこのエリアには人こさせないでー!後からくるPTに伝えてー!」

「いちどみんなエリアから出て、順番に取らないか!」

「このエリア一方通行だから、一度出るとやり直しなんだよねー・・・」

「全員でログアウトしない?一人づつログインして・・・」

「池に入ってる人出て!!」

「おーい、話聞いてくれー!これじゃいつまでも取れるものも取れないよ!!」

「アライアンスで順番決めないか?」

「じゃあ、俺んとこ1番行くわ!」

「あ、じゃ私んとこは2番!」

「俺たちは2番でいいかい?」

「うーん、じゃ私んとこは3番でいいや」

「どうやって順番決めてんの?適当かよ?」

「だったらこっちが1番でもいいのかい?!」

「ウチはずっと前からいるんだ!先やらせてくれ」

「とりあえず池にいるヤツは出ろって!!!!」

「おーい、話聞いてくれー!これじゃいつまでも取れるものも取れないよ!!」

「えっと、なにが起こってるんだ?説明してくれー」

「これ以上、このエリアに人こさせないでー!後からくる人に伝えてー!」

などと延々とアイテム取る話し合い(半分言い争い)が続き、結局「ヴァナ時間で1時間おきに、ジョブごとに取ろう」という事に落ち着く。

かれこれ2時間くらいたっただろうか・・・やっと白魔道士の順番が来てアイテムを取る事ができたのだが・・・うまく取れない人がいたり、関係ないジョブの横入りなど問題は続く・・・ それにしても、白ガルが3匹もいるなんて、ミラクル?

アイテムターゲットは現れないのに容赦なく敵は現れる。しかし非常に動作が重く、うまくターゲットが合わなかったり、敵の直前まで行かないと表示されなかったり、HPが危なくなった人にケアルしたら、魔法が発動する頃にはもう死んでいたりと、通信ラグが酷い・・・ 270人もいるのに死者が出るなんて・・・

累々と横たわる敵の死体・・・ストレスの捌け口にされてる?!(((;゜Д゜)))

・・・この日、獣人の本拠地は冒険者に完全制圧された・・・

夜12時を過ぎ、1時を過ぎ、一向に人は減らず、いまだにアイテム取れない人多数。ジョブ順案もスムーズに事は進まず、かと言って他にいい案も出ず、ただ空しく時間ばかりが過ぎていき、獣人の死体だけが増えていく・・・

うーむ、この後にオズにも行かなきゃいけないのに・・・ このままじゃ朝までかかりそうなので、アイテム取れなかったメンバーを残していくのが心残りだったけども、この日は諦めてログアウト・・・

の日、改めて限界突破ツアーに挑戦。

あぁ・・・後はオズだけなのに、またダボイやベドーからやり直すのかなぁ・・・などと思いながら、目の前のいかにも「限界突破クエPT」の人に「限界突破クエのPTですか?空きがあったら白ガルを混ぜてもらえませんか?」と聞いたら「オズだけ行くPTでよければ・・・」との返事。

おぉ、なんという偶然。というか、同じような境遇の人って多かったのかな・・・

「もしかして、ベドーで人多くて諦めたクチですか?」と聞くと・・・ 「いえ、全滅したんでリベンジです」とのこと・・・って、全滅ってウソでしょ?そんな、まさか・・・

25人フルアラでオズへと向かう・・・まさかこの人数で全滅はありえないでしょう?と思いつつ内心ガクブル・・・

奥へ進むエレベーターはぎゅうぎゅう詰め・・・

現場へ着くと自分達のアラの他にもPTが・・・サーチすると60人もいる!昨日のベドーとまではいかなくても凄い人数だ・・・

さすがに60人もいれば全滅なんてありえないでしょ〜と、お気楽気分で奥へすすむ。

そんなお気楽心が油断を生んだのか、もう少しで頂上到達という時に敵が大リンク!!次々と人は倒れ、アライアンスが少しづつ、少しづつ崩壊していく・・・コーヒーに入れた角砂糖のように、ジワジワとゆっくり・・・

とにかく自PTを守るのが精一杯で、目の前で他PTの人が死んでも気づかないくらいパニック混戦状態。

「このままじゃ全滅だ!」 「脱出を!!」 「早くアイテムを!死ぬ前に早く!!」

私は瀕死のPTを立て直すため祝福を使って死亡。リレイズで生き返り、PTメンバーが全員アイテム取ったのを確認し無我夢中でエスケプ!!

死んじゃったものの、なんとかアイテムは取って脱出にも成功・・・しかし、60人もいたのに表へ脱出できたのはわずか15人余り・・・

冷静に考えれば、60人もいれば1体づつ倒して行くには十分すぎる戦力なのだ。

なのに全滅に近い事になってしまうのは、その戦力の過信にあるのか・・・ 人数多すぎで、しかも野良冒険者の集まりなので、統率できないというのもあるのかも・・・

月17日、ついに「ジラートの幻影」発売!!

つ、ついにキター!! 新ジョブを取ろうか?新大陸へ行こうか?新たなクエストやミッションをやろうか?あぁ、何をしていいのかワカラナーイ!!(・∀・)

とりあえず、新たな島「ゼプウェル島」「エルシモ島」の探索と、新ジョブ「召喚士」「竜騎士」「侍」「忍者」の取得を目標にする。

あともう1つ。真実かガセネタか知らないけど、ジラートで新たに追加された街で「レイズII」が店売りされるらしいとの情報が! 半分諦めかけてたレイズIIが手に入るチャンスか?!

まずは新たな土地「ゼプウェル島」の「ラバオ」という街を目指す。このラバオはガルカの故郷でもあるのだ。ガルカな私はまず最初に行かなくては!!

ゼプウェル島へは、バストゥークのツェールン鉱山から繋がった海底トンネル「コロロカ洞門」から行く。

薄暗いコロロカ洞門を抜けると、急に強烈な日差しが飛び込んでくる。アルテバ砂漠だ。ゼプウェル島は全体が砂漠に飲まれてしまった島らしい。

見知らぬ土地へ来た感動と不安。ラバオを目指そうにも地図がないのでどの方向へ進んでいいやらまったく検討がつかない・・・ 見知らぬモンスターもいっぱいいて心細かったので、近くにいた黒タルさんと行動を共にする事に。

とにかく砂漠はだだっ広い・・・ オアシスが一箇所あるだけで、あとは全部砂・・・

走れど走れど砂ばかり・・・ しばらくウロウロしてたら、ナイトの2人組と遭遇。どうやら我々と同じ迷子らしい。このナイト2人ともPTを組み、4人で砂漠を徘徊する事に・・・ 

砂漠にはオアシスの他にも謎の遺跡がいっぱい・・・ いずれこの遺跡の謎に触れる時が来るのだろうか・・・ドキドキ。

初めて見るモンスターと戦いつつ、砂漠の奥へとつき進む・・・ しばらくしてエリア切り替えポイントに到着!やった!ラバオについたー!!

・・・と喜び勇んで入ったら、洞窟だったり(´・ω・`)

・・・気を取り直して砂漠探索再開したらトルネードに巻き込まれたり。

いろんなトラブルを乗り越え、ようやくラバオに到着。ここがガルカの故郷かー・・・(意外にこぢんまりとしてるのね・・・) 冒険に地図は必需品だけど、地図の無い冒険もまた楽しいなぁと思えた数時間でしたー

ラバオにはでっかいオアシスがあり、釣りも可能。新種のサンドフィッシュが釣れたりしました。後でまたゆっくり釣りに来よう・・・

おっと、のん気に釣りしてる場合じゃない。レイズIIを探さなくては・・・しかし、お店を全部見渡したけども・・・売ってない。うーむ、違う街なのかなぁ・・・

アルテバ砂漠の真ん中には新たなテレポイントが。

さっそくテレポ取得クエストをやって、テレポルテ(なんか語呂が良い)をゲット!これでいつでも好きな時にゼプウェル島に来れるー!

の新たな島は「エルシモ島」だ!しかしこの島へは飛行艇でしか行く事ができず、しかも専用のパスが必要との事。

さらに、そのパスを手に入れるには、獣人を倒して手に入れるカギを3種類持ってくるか、15万円払うかのどちらかという、トンデモな話・・・

たかだかパスに15万も払うのはバカバカしいので、獣人のカギを取りに来たら・・・ やっぱりというかなんと言うか、同じ考えのライバルでいっぱいなのでした・・・

カギどころか、取り合いで敵すら狩れず。しかも100%ドロップではないので、たまに狩れてもカギはまったく落とさず・・・ こんな事を1回ならまだしも、3回もやらなくてはならないのかと思うと急に冷めてしまった・・・ てなワケで、諦めて15万払う事にしました・゚・(ノД`)・゚・

やっとこさエルシモ島行き飛行艇に乗る。おぉ、エルシモ島が見えたー!・・・でも清々しい気持ちにはなれなかったり・・・

ともあれ、エルシモ島の町カザムに到着。

このカザムはミスラの街で、ミスラがいっぱい。おっと、レイズIIを探さなくては・・・とお店を全部見たけど、カザムにも売っていなかった・・・ウーム・・・

族長ミスラに会ってみる。・・・すごいケバいよヽ(;´Д`)ノ

全体が砂漠のゼプウェル島とはうって変わって、エルシモ島は全体がジャングル
!!
 なんとも分かりやすいほど対照的。

砂漠は「何も無くて」迷ったけど、ジャングルは「道が入り組んで」迷う・・・

地下道があったり、落とし穴があったり、ホント迷路状態だ・・・地図持っていても迷うので、砂漠よりタチが悪い・・・だけど「探検してる感」は数段上で、迷ってる事が楽しい。新エリアでは、ここが一番好きかも。(まだ全部行ったワケじゃないけど)

ジャングルの奥にもにも新たなテレポイントあり。

さっそくテレポクエストをする。テレポルテは簡単だったけど、今回はトカゲが落とす「エルシモ名石」が必要なので、トカゲを狩る。狩る。狩る・・・

実に4時間ほどトカゲを狩りまくって、ようやくテレポヨトをゲット・・・つ、疲れたよ・・・ともあれこれでエルシモ島にもいつでも来れるようになった!

ルシモ島にはカザムの他にもうひとつ町がある。ブラックマーケットと呼ばれる闇の町ノーグだ。

*以降ネタバレ(闇の王の姿など)が出てきますので、見たくない方は読まないようお願いします。

ノーグへはジャングルの大滝の裏の洞窟から行く。いかにも裏の町っぽくてイイ!

洞窟の隠し扉の向こうに、ノーグへの入り口が・・・ドキドキ。この町こそレイズIIがありそう!絶対ありそう!!

・・・と、ノーグへ入った瞬間イベントが。おや?この見慣れたセクシーなお尻はっ!

おぉ!やっぱりライオンたん!!(*´д`*)ハァハァ・・・

いきなり回想イベントが始まる・・・ なにやら闇の王との対決後みたいだけど・・・

ジュノ大公カムラナートと弟?エルドナーシュ。いかにも妖しかったけどやっぱり悪役なのかな?

妖しげなジュノ大公カムラナートが怪しげなポーズをとった後・・・

妖しげなクリスタルが浮かび上がり・・・

妖しげな5人衆が登場・・・!!

突進するザイドアニキ!かっこいい!!!

ザイドアニキの攻撃を、ジュノ大公カムラナートはATフィールド?!で防御。なにコイツ、使徒??(某アニメの見すぎ・・・)

ザイドアニキの暗黒剣も通用しない?!危機一髪!!

危機一髪に現れた、この見覚えのあるセクシーなお尻はっ!!

あぁ!やっぱりライオンたん!(*´д`*)ハァハァ・・・

(´-`).。oO(ライオンたんが登場する時っていつもお尻のアップだよなぁ・・・)

ハァハァしてる場合でないっ・・・逃げっヽ(;´Д`)ノ

闇の王が再び覚醒・・・

謎の5人衆 VS 闇の王 ・・・はたして決着は?!

・・・と、いい所でイベント終了。やっとノーグの町へ入れた・・・ しかし今後のストーリーがとても気になる・・・

ノーグのボス、ギルガメッシュにも会いました。 しかし、ギルガメッシュがライオンたんのお父様だったとわ・・・

さて、さっそくノーグの町を探索しつつレイズIIを探すが・・・しかし、最後の望みのこの街にも売っていなかった。 どうやらレイズIIの店売り情報はガセネタだったみたい。 やはり印章99個集めるかハイプリヤグ倒さなきゃダメなのか・・・

しかし、今回のパッチで獣人はさらに強くなったし(60人アラが壊滅するほど)、まさか、ジラート発売後のほうがレイズIIの入手が難しくなろうとは・・・

こんな事なら、75万円で競売に安定供給されてた時に無理してでも買うんだった・・・ 今では100万円に値上がり、しかも即売れ・・・ てか100万なんて大金持ってないし・・・ 新魔法やら地図やらパスやら出費は重なるし・・・ もうだめぽ・・・

エリアまだまだあるけど、とりあえず探索はこのくらいにして、新ジョブゲットをする事に。

■竜騎士

まずはサンドでクエを受けて、シャクラミで飛竜の卵をゲット!

メリファトで卵を孵化。・・・子竜誕生!カワユイ(*´д`*)

ゲルスパでワイバーンと戦うとの事で行ってみると、ちょうど挑むPTがいたので仲間に混ぜてもらう。

おぉこれがワイバーン・・・新グラフィックだ・・・こわそー・・・

でも60前衛なら1人で倒せるレベルなので、PTでは瞬殺・・・

ついに、子竜たんをゲット!!竜騎士にジョブチェンジ可能に! 敵の取り合いやアイテムの取り合いなども無く、とても簡単だった。

■召喚士

まずは各地にいるリーチ(ぷよぷよ)を倒して、紅玉というアイテムをゲットするのですが・・・ やはりどこでもライバルはいっぱいなのでした・・・

リーチの巣があるシャクラミに移動して、リーチの取り合い。ジョブは白/戦士にして、挑発で奪う!! にしてもこういう取り合いは非常に疲れる・・・新エリアの飛行艇パスは金で解決できたけど、これはそうはいかない・・・

そんな殺伐とした取り合いを続けて3時間。ようやく紅玉をゲット!!

ウィンでクエを受けて、紅玉を持って7色の光を集めてこいとのこと。光=天候の事で、快晴、砂塵、強風、雷、雨、雪、熱波の7種類。

テレポホラ、メア、デム、ヴァズ、デジョンMP回復を繰り返して、快晴、砂塵、強風、雷、雨、雪はあっさりゲット。問題は熱波だった・・・かなりレアな天候で、しかも地域が限られているため、メリファトで見張ること2時間(上は全員熱波待ちの人々)、ようやく熱波が来て7種類コンプ!

7種類の光が集まった時、カーバンクルが覚醒!

ラテーヌのストーンサークルに舞い降りるカーバンクル・・・

ついにカーバンクルと契約!カーくんカワユイ(*´д`*)

契約を終え、カーくんは虹の向こうへ帰っていきました・・・ 召喚士にジョブチェンジ可能に!

■忍者

バスでクエを受けて、コロロカでNMリーチを倒す。これまたNM倒しに来たPTがいたので仲間に混ぜてもらう。

ノーグで取り返した刀は、アヤメの妹、カエデへと受け継がれた・・・

アヤメがなぜ侍なのか、忍者クエにどうして絡んでくるのか、謎がいろいろ分かって面白かった・・・ 忍者にジョブチェンジ可能に!

■侍

侍はノーグでクエを受けて、コンシュタットと新エリア聖地ジ・タのNMを倒すとのこと。 コンシュタットではなんとNMボム倒しの行列ができていました(1回倒すと、数分しないと再POPしない&1人1匹倒す必要あるため) 1時間待ってようやくNMボムを倒せました。ピークの時は7時間待ちだったとか・・・

お次は新エリア、聖地ジ・タ。ジャグナーのような雰囲気で巨木が立ち並んでいる風景は壮観。

妖しげな光る石があちこちに。BGMも相まって荘厳な雰囲気・・・ 侍のソロのレベル上げ(武者修行プレイ)にぴったりな場所かも。

奥底から光る池なんてのもあったりして・・・これまた神秘的だ・・・

聖地ジ・タを突き進むと、聖剣伝説のマナの木みたいな、とてつもなく巨大な木が現れた。 木の下にはちょうどNMトレントを倒しに来た黒&モンクの2PTがいたので、仲間に混ぜてもらう事に。(毎回毎回なんと運がいい&図々しい・・・)

相手はモンクさん1人でも勝てるようなレベルなのでこれまた楽勝。

ノーグで報告をして無銘刀をゲット!侍にジョブチェンジ可能に!

新ジョブをすべてゲット終了!! 新エリアは、まだまだ行ってない所いっぱいだけど、これから少しづつ探検して行こう・・・

それにしても・・・ レイズIIどうしよう・・・

手に入るまでレベル上げPT入りづらいよぅ・゚・(ノД`)・゚・

Rufaの冒険は、まだまだ続く・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.