← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2002年12月



ウィンダスの星の巫女たん。ハァハァ・・・
PC版に切り替えたので、今月からは高解像度SSです。

12月に入ってすぐ、白魔道士のレベルが50に!! ついに、ついにこの時が来たー!来たーー!!

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

レベル50といえば、ずっと夢見ていたレベル。冒険当初では、神の領域でした・・・ いやぁ、感慨深い。

レベル50にもなれば、ボスディンなど北部を除いた全てのフィールドの敵が「練習相手にもならない」表示に変わり、無敵になるのだ。丸腰で外を歩いても敵に襲われる心配は無い。ジュノ周辺のモンスターにビクビクしなくてもよくなったのだ!

■白ガルジョブバリエーション(装備込み数値)

PTモード(白50/黒25)

HP:837  MP:494  攻撃力:157  防御力:133
STR:47  DEX:40  VIT:53  AGI:45  INT:48  MND:60  CHR:45

*PT戦闘ではMPがあってナンボ。とにかく多くMPブーストを考えたモード。

・ソロモード(白50/黒25)

HP:879  MP:317  攻撃力:166  防御力:188
STR:51  DEX:40  VIT:54  AGI:44  INT:43  MND:60  CHR:42

*普段のモード。テレポとデジョンが使えて移動ラクラク。MPよりステータスUPを重視した装備。釣りやクエスト、ミッションなど。

・パワーモード(白50/戦25)

HP:930  MP:250  攻撃力:168  防御力:198
STR:55  DEX:40  VIT:55  AGI:44  INT:39  MND:59  CHR:42

*とにかく攻撃力を重視したモード。ダブルアタックやバーサクといった攻撃力をアップさせるアビリティが使えるのが魅力。狩りをする時や少し強めの敵を倒したい時など。

・マッスルモード(白50/ナ25)

HP:917  MP:265  攻撃力:168  防御力:200
STR:54  DEX:39  VIT:58  AGI:41  INT:38  MND:61  CHR:43

*攻撃力と高い防御力をあわせ持ち、さらにMPがアップするモード。ダブルアタックなどのアビリティは使えないが、基本ステータスは全組み合わせ中一番バランスが良い。狩りをする時や少し強めの敵を倒したい時など。

ベル50の次の目標はレベル60!と行きたいトコだけど、サポートジョブの黒魔道士のレベルが25のまま・・・ このままではサポ割れしてしまう。小市民な私は、まずはサポートジョブの黒魔道士のレベルを30に上げる事にした。

うーん、黒魔道士ひさしぶりだー! 黒の仕事は、回復役が足りていればすごくお気楽だ。適当に弱点の魔法を発動して、たまに連携に合わせたマジックバーストをさせるだけ。

ただ回復役が足りてないと、ピンチ用にMPを温存しつつ魔法を調整しなきゃいけないので、けっこうシビアだたりする。

でもまぁこうやって働けるのもPTに誘われればのお話で・・・

とある黒ガルの1日・・・

ログインと同時にビー玉を出し、競売チェックしたり倉庫キャラにアイテム送ったりしつつナンパを待つ。・・・雑用終わり。でもナンパは来ない・・・(白ならとっくに誘われている) マターリ下層でビー玉を出しつつ釣り糸をたらす。

ほどなく、1件目のナンパ。

**「もしよろしかったらPT組みませんか?」
わし「ガル黒でよろしかったら、お願いします^^」
数分の間。
**「・・・ごめんなさい。種族を見て無かったです」
わし「はーい」(チェックしてからテルしようね・・・)

まぁ、いつもの事さ・・・
ほどなくして、2件目のナンパ。

**「まだ組んでなかったらPT作りませんかー?」
わし「ガル黒でよろしければー」
**「あ、ごめん、また今度・・・」
わし「はーい」(早いなオイ)

まぁ、いつもの、いつもの事さ・・・・
ほどなくして、3件目のナンパ。

**「すいません、急用で抜けることになってしまって・・・私の代わりにPT行ってもらえませんか?」
サーチしてみると、クフィムからタル黒さんだった
わし「ガル黒でよろしければー(´・ω・`)」
何分か待たされる・・・
わし「・・・あのー?PTのお話はどうなったでしょうか?」
**「あ、すいません、なんか時間かかりそうで、ご迷惑かけちゃうかも?」
?と思って他の黒を探すと、同じレベルのタル黒さんが希望を出してる・・・
もしやと思って・・・
わし「あの、タル黒さんが希望だしてますが、そちらの方がいいのではないですか?」
**「・・・いいんですか!?すいません。そうさせてもらいますー」
漏れ「はーい」(ヤッパリネ)

うーん、私って、一体・・・
ほどなくして、4件目のナンパ。

**「PT入りませんか?27のシ、戦、ナ、白、白です」
漏れ「ガル黒でいいんですか!?ヽ(;´Д`)ノ」
**「・・・他にジョブないですか?」
漏れ「はい?」
**「黒の他に、ジョブチェンジできます?」
漏れ「あの、ガル黒がNGなら、結構ですが・・・」
**「うーん、ま、いいや、PT入って!」

ガル黒って、こんなに不人気だったっけ?と思ってジョブ特性見てみたら、しっかりありました・・・「オートリーダー」

でもいまさらリーダーやる気ナッシング・・・ 30までの辛抱さ・・・

トー祭りに参加してみた。ベトーとは獣人クゥダフの巣窟で、さまざまなクエストがある場所でもある。

いくつかやり残してるクエストがあったので、ちょうど良かった。

しかし・・・とあるクエストに必要なアイテムを落す敵が、15分POPで、しかも1匹しか出現しないので、現場は壮絶な取り合い合戦となっており、とてもとても殺伐としていて・・・   1回倒したら  次は15分後で・・・  けっこう  待ってる   間が長かったり・・・ 夜も   遅かったり・・・ 待ってる 間 ちょっと  ウトウトぎみ だった  り・・・ ・ ・・  ・・  ・

・・・ごめんなさい、寝落ちしましたヽ(;´Д`)ノ

めてから7ヶ月間。ずっとバストゥークに所属してましたが、この国の戦績アイテムや、街の売り物などはどちらかというと戦士向きで、魔道士をメインにしてしまった私にはあまりメリットのない国になってしまった。

そこで、魔道士にメリットのあるウィンダスに移籍する事に。これは前々から思ってたけど、先月のM11クリアでようやく移籍できるようになったのだ。バストゥークの溜まった戦績をアイテムと交換して、わしはウィンダスの天の塔へ登った。

移籍手続きを済ませると、さっそくオープニングが始まる。これはゲームを始めた時と同じもので、ちょっとドキドキ。さらには「冒険者優待券」までもらえて、まさに0からのスタートといった感じ。ランクも1なので、さっそくランク上げのミッションをこなす事に。

バストゥークのミッションは「ある敵を倒してあるアイテムを取って来い」というのが多く、とても面倒だったけど、ウィンダスのミッションはパズル要素が高く、ちょっと面白い。しかもお気楽である。

ミッションでは「ホルトト遺跡」にしょっちゅう訪れる。訪れるたびにゴブをリンク狩りしていじめたりして(ぉぃ

り知れない勢いでランクを上げていき、ついにドラゴン戦まで来た!

バストゥークが絡むミッションではライオンたん登場!・・・ハァハァ(*´д`*)

ドラゴン vs 白ガルカ ・・・ソロでズバっと余裕で撃破ヽ(`Д´)ノ

そんな事より、あぁ・・・ ライオンたんのお尻・・・ハァハァ(*´д`*)

ドラゴン退治の帰り、オークをリンク狩りしていじめてみる (ぉぃぉぃ

ランクが上がると、天の塔のさらに上階へいけるようになる。それはそれは神秘な空間だった。

さらには、星の巫女たんにも会え、直接ミッションを受けれるように。

ランク4へのデルクフを単独で登り・・・

ランク5への魔晶石集めも単独で行った。これは必要アイテムはすでに入手済みなので、石もってくるだけでとても簡単。

というワケで、わずか3日でランク1からランク5へ昇格しました。休日使えば1日で出来るかも。通常のレベル上げながらだと3ヶ月かかったのに・・・

賊狩りツアーに参加してみた。船に乗るとたまに登場する海賊。コイツを倒すと、海賊を倒した証の「砂の護符」が手に入るのだ。

甲板の上は他にも海賊狙いのPTがいて、ごったがえしている。

船の中はまるで芋洗い状態。数回船を往復するも、海賊船は現れず・・・

・・・フテ腐れてタル釣り。

結局この日は海賊現れず。後に1人で挑戦、するとイキナリ海賊と遭遇!!見事「砂の護符」もゲット! そういえば初航海では海賊出て怖い思いしたんだよなぁ・・・今では1人で海賊と戦えるまでに。強くなったな、うん。

リスマス当日は、何してたかって?当然ヴァナにいましたが何か?(´・ω・`)

ログイン画面もクリスマスムードに。

街に入ってみると、なんとトレント(樹型モンスター)が出現!!何事か?!と思ったら・・・

夜になって納得。クリスマスツリーなのでした。・・・お、脅かすなーヽ(;´Д`)ノ

クリスマス当日にFFやってるなんて、わしだけかもーとおもいきや、意外とログインしてる人が多い。調べてみると全エリアで3000人も。一人じゃない、わしは一人じゃないんだー・゚・(つД`)・゚・

リスマスをヴァナで過ごしたわし。年末年始はどこで過ごすかって?当然ヴァナですがnan(ry

12月31日11時50分。人が多く集まるジュノのルルデの庭に来てみると、ちょうど「みんなでカウントダウンしよう」という呼びかけが。

そして始まるカウントダウン。5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・!!

1月1日になった瞬間、集まっていた全員が派手な魔法やアビを発動。そして目まぐるしく流れる「あけましておめでとう」のメッセージ!!



これはその時のログのほんの一部。ルルデに集まった約300人の熱はいつまでも冷めることはなかった。

とりあえず近くにいた人たちと記念撮影。ヴァナで正月迎えるなんて寂しいかな?と思ってたけど、とんでもない、とっても楽しかった!

Rufaの冒険は、まだまだ続く・・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.