← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2002年11月



ガルカの暗黒ヒーロー、Zeidアニキ。ハァハァ・・・

いに、半年経過。半年ですよ?6ヶ月ですよ?ゲームの設定メニューに、プレイ累計時間というのがあり、どれどれと見てみたら、55日と13時間。ふーん・・・55時間か、意外とやってな・・・ん?日?55日?!ごじゅうごにち!?!?

ええーと1日24時間ですから、24×55=1320・・・

1320時間!!!(`・ω・´)

スゴーイ(・∀・)

スゴーイ(´∀`)

スゴーイ(つ∀`)

・゚・(つД`)・゚・

・・・1320時間あったら何ができるだろう。いろんな事ができそうだ・・・ いや、考えるまい。考えちゃダメだ。見なかった事にしよう。うん。

もあれ、今日も今日とてレベル上げ。前回のパッチで敵が弱くなったおかげで、骨が戦いやすくてウマーである。

しっかし、毎日毎日骨骨骨・・・今日もコーロッケー明日もコーロッケー。とまぁ、コロッケのお陰で、レベルも30を超え、ついに種族装備がすべて着れるように!!

種族装備といっても、初期装備の色違いだったりする。左が初期装備で、右が種族装備。

これは後ろ。しっかし、ガルカの種族装備だけカッコ悪いんだなぁ・・・ボクどらいもんでーす♪ですか?(´・ω・`)

ベルは順調に上がり、とうとう憧れのテレポを習得できるレベル36も超えた!!さっそくテレポをマッスルフライトと命名。

・・・あ、ちなみに私は各魔法に独自の名前をつけていて

ケアル1〜4 ⇒ パワー1〜4
ケアルガ ⇒ マッスルパワー
ケアルガ2 ⇒ ハイパーマッスルパワー
プロテア&シェルラ ⇒ パワーバリアー
女神の祝福 ⇒ メガ・マッスルパワー
テレポ ⇒ マッスルフライト
ホーリー ⇒ マッスルビーム(予定)

・・・という具合である。しかし、マッスルフライトはちと怖がられている。異次元に飛ばされそうで・・・と。

いやー、しかし早い。我ながら計り知れない勢いでのレベルアップ!やはりこれは、白魔道士という職業にあると思う。種族装備や他のMPブースト装備のお陰で、MPはヒューム白並みにあるので、PTでも活躍する事ができるのだ。

しかし、中には白ガルカ=MP少ない役立たずという認識を持っている方もいるわけで、PT誘われても「あ、白ガルでしたか・・・また今度www」などと断れる事も少なくない・・・

でも、そうやって白ガルを仲間外れにする輩は効率房な事が多い。いかに効率よく経験値を稼ぐかしか頭にないのだ!ヽ(`Д´)ノ

逆に、白ガルでも快く誘ってくれる人は良い人が多い。と思う。だから誘ってくださいおねがいしますヽ(;´Д`)ノ

以上、白ガルの負惜しみでした。でもまぁ、正直、私がリーダーなら白ガルより白タル選びます。・・・ごめんなさい。

レポヴァズゲットツアーに参加。テレポヴァズといえばレベル42で習得する魔法なので、まだまだ先の話だけども・・・

まずはテレポヴァズのゲートクリスタルをゲットすべく、ザルカバードへ

ほんとにこんな極寒の奥地にテレポイントなんてあるんかいな・・・と思ってたらほんとにありました。雪深い遺跡の中に佇むテレポクリスタル。まるで今にもシヴァが出てきそうな雰囲気・・・ とりあえずゲートクリスタルゲット。

テレポヴァズはフェ・インの宝箱からゲットできる。しかし宝箱を開けるにはカギが必要で、カギをゲットするにはシェードという怖ーいモンスターを倒さねば手に入らない。

というワケで、フェ・インにてシェード狩り。シェードは外見がまんまエルバーンなので、なんかみんなで集団リンチしてるみたいヽ(;´Д`)ノ

ともあれ、みんなでシェードを虐殺しまくり、カギを何個かゲット!そのうち1個を私もゲット!!やた!!あとは宝箱・・・と思いきや宝箱がまるっきり見つからない・・・宝箱のPOP範囲はけっこう広く、すべての位置を探すのは困難。しかも誰かが取ると1時間後にしか再POPしないらしい・・・

ってなワケで、今回はカギゲットだけで終了。42になったら宝箱取りにいくか・・・

の目標はテレポヴァズだ!と気合を入れてレベル上げ。さて、これまでレベル上げしてきて、いろんなPTに巡り合えた。妙にギャグや話が合うPTや、戦士だけのPTや魔道士だけのPT、タルタルとガルカだけのPTなどなど・・・

そしてついに、なんと自分以外全員女性キャラというなんとも萌え萌えなPTに入ってしまった!!(*´д`*)

狩場や連携の相談中などは、関係ないおしゃべりチャットが大半を占めて、なかなか話が進まなかったりするけど・・・これはこれで(・∀・)イイ!

あぁー、なんかもぉー、おじさんはりきっちゃうゾー!みたいな。

りきっちゃったもんだから早くもレベル40を突破し、以前メインだったナイトのレベルを追い抜いた。白魔道士かつ、後衛魔道士としての立ち回りも板についてきた・・・と思う。

・・・( ´_ゝ`)む・・・・

なんか以前に似たようなセリフを言った気がするけど・・・ま、いっか(・∀・)

さっそく、テレポヴァズをゲットすべく単身フェ・インへ。もちろん、姿を消す魔法完備で。ソロで氷河横断はめちゃ怖いっす。

フェ・インの中はさらにさらに怖いワケで・・・・魔法が切れたら即死亡という緊張感。

中には闇のエレメンタルなんかもいたりして・・・ブ、ブラックホールみたい・・・

探し回ってフェ・イン内を一回りするも発見せず・・・こりゃ、根気がいりそう・・・なので、一回り探してはログアウト、時間たってからログインして、探してはログアウトを繰り返す。

繰り返す事4回目で、ようやく宝箱発見!!テレポヴァズゲットだぜ!ついでにデジョン2もゲット!

ームを始めて半年。いろんな土地へ行き、いろんな敵と戦ってきた。もう全ての土地に行ったつもりでも、しかし意外と行ってない場所が多かったりする。

その1つに、バタリアの南にある離れ小島がある。橋も船もなんにも交通手段のない小島。あそこへはどうやって行くんんだろう?そもそも行けるのだろうか?けっこう気になっていたのだ。

この小島には石碑があり、バタリア石碑ゲットツアーに参加。そしてとうとう、ずっと気になっていた離れ小島へ到着!!行き方は、バタリアに点在する古墳から行くのだが・・・古墳内部の仕掛けを動かしたりと、とても1人では行けないのだ。

島からバタリアを眺めてみる・・・おぉぉぉ・・・なんだろうこの感動は!!実際にこの地に来た人間にしか分からないと思うけど、例えるなら「こっそり校長先生のイスに座ってみた感じ」に似てるだろうか。ほほぅ、こういう眺めですか!!みたいな。

当然、島とバタリアの間には海が・・・石碑以外なんもない島だったけど、いい経験だった!この島には幻のモンスターも出るらしいので、また来る事になるのかな・・・

ベルも上げまくり、ついに40台後半になってきました。50に近づくにつれ、そろそろ50になった時の備えを気にしだすお年頃。

その備えとは、ズバリ限界突破アイテム。この限界突破をしないと、レベル50からレベルが上がらなくなってしまうのだ。

その限界突破には必要なアイテムがある。クロウラーの巣で取れる「エクソレイの粘菌」 エルディーム古墳で取れる「古代魔法パピルス」 ガルレージュ要塞で取れる「ボムの炭」 の3つだ。

その中で「エクソレイの粘菌」と「古代魔法パピルス」は、40代後半のレベル上げで戦うモンスターから出るので、レベルを上げつつ、アイテムをゲットできたりする。んが、しかし・・・

上の写真は、クロウラーの巣にて「エクソレイの粘菌」目当てでモンスターの出現を待つ人々の図である。限界突破に必須のアイテムを出すモンスターなのに、個体数が少なく、このようにギスギスとした取り合いをする事になる・・・

まさに限界。人間関係の限界突破。ムキー!ヽ(`Д´)ノ なのである。

かなかゲットできない限界突破用アイテム・・・

限界突破アイテムの中で、最も取りやすく、最も取りに行くのが嫌なアイテム。・・・それは「ボムの炭」・・・ そのボムの炭ゲットツアーに参加をしてみた。

戦法は、ボムの自爆を避けるために、近くのコウモリを操ってボムにぶつけてかくかくしかじかなのだが、なぜかうまくいかずにボムと直接戦うハメに・・・

そして、ボムの自爆で前衛メンバー全員死亡・・・1回だけではなく、ほぼ1戦ごとに前衛メンバー死亡・・・レベル40代後半はロストする経験値も多いのでこれはキツい・・・ 私は後衛だったので、死は逃れたけど・・・

何度もダンジョン脱出、再挑戦をくり返し、終いには巨大なNMモンスターに絡まれたりしつつ、アイテムを集めていく・・・ いちおうアイテムは集まったけども、こりゃ、2度とやりたくないっす・・・ でもレベル上げればまた新たな限界突破があるんだろうな・・・

ともあれ、このツアーで炭をゲットし、他の2つのアイテムもレベル上げのついでにゲットできました!あとはレベル50になるのを待つだけだ!

て、11月の後半になって、ようやく今月のバージョンアップが行われた。といっても、大半が高レベル用のクエだったり、職人さんが喜ぶようなものばかりなのだった・・・ ちぇ、私にはカンケー無いや、レベル上げしよ・・・と、いつものようにPT組んで狩場に行ったら・・・

な、なんか違う?!

ダンジョン奥に行かなきゃいない敵が入り口付近にいたり、昨日まではいなかった敵がいたり・・・ しかも、全体的に敵のレベルが上がってて、さらには経験値が減ってしまっている!!とどめにはケアルヘイトが異常に高くなってる!!!

なんじゃこりゃぁぁぁ!!

最初は攻撃してる前衛がタゲ握ってるけど、途中から白の私へ集中砲火が始まり、どんどん攻撃されて瀕死に・・・ 慌てて自分で自分を回復しちゃうので、さらにタゲは固定されていく・・・

そして、回復間に合わず死亡。次は回復補助だった黒さんが死亡。何回も、何回も死にましたよ、ええ。

どうしろと!?ヽ(;´Д`)ノ

なんだか、7月の「地獄のパッチ」を思い出してしまった・・・これからまた新しい戦法を考えなきゃいけないのかぁ・・・・やだなぁ、修正されないかな・・・修正して・゚・(つД`)・゚・

いうっかりM11受けてしまった方〜!一緒にフェ・インのボスを倒しに行きませんか〜!?ヽ(;´Д`)ノ

とある平日の午後、私の切実なシャウトがジュノ下層の街に虚しく響く。

M11というのは、ランク5になるためのミッションの次のミッションなのですが、イベントの話の流れでついつい受けてしまったのだ・・・ で、とある日バストゥークからウィンダスに移籍しようとしたら・・・

ミッション遂行中は他国への移籍はできません。と言われ・・・

というワケで、やりたくもないミッションを遂行するハメに・・・ ジュノでシャウトしたら、意外と同じ境遇の人がけっこういて、すぐに仲間は集まった。

攻略法などはネットで調べて準備万端。情報によると、フェ・インの奥にいるボスを倒すらしい。ボス戦では「大きい骨」と「小さい骨」が出てくるので「小さい骨」は無視して、ひたすら「大きい骨」を叩け!との事だった。

サクっとフェ・インへ移動して、いざボス戦へ!!いやぁ、ボス戦なんて数ヶ月前のドラゴン退治以来でドキドキ。

奥へ進むと、たしかに大きい骨が3匹いる・・・ん?3匹?!えぇ??3匹なんて聞いてない!どっち倒すの?!どっち倒すの!?ヽ(;´Д`)ノ

なんて、あたふたしているうちに、小さな骨が奥からワラワラと出てくる出てくる出てくる。リンク!リンク!リーンク!!(・∀・)

・・・この状況をなんていって説明したらいいでしょうか。えっと・・・ そう、ベヒーモスの縄張りで、1PTしかいなくて、エリア内にいる骨全部がリンクして襲って来たといえば適切でしょうか。

とにかく、3匹いる大きい骨の中の1匹を集中攻撃。回復順やら連携やらもうメチャクチャ。途中で暗黒騎士さんが回線落ちしたり復帰したり、女神が2回発動したり、魔力の渦も発動したりとにかくガムシャラに攻撃して、MPも尽き、アビも尽き、もはやこれまでか!という所で、集中攻撃していた1匹の大きな骨が倒れる!

・・・すると、戦闘が終わり、イベントシーンへ!!おぉ!やった!やりました!!!3匹のうちの1匹で正解だったみたい。いや、もし3匹とも倒すのが条件なら、たぶん2回くらい全滅してるでしょうが・・・ しかし、こういったギリギリの戦いもたまには楽しい!!

ともあれ、これで移籍ができるように!・・・でもあと少しでランク5の装備が貰えるんで、それゲットしてからウィンダスに移籍しよっと。

他共に認めるFF廃人な私ですが、とうとうPC版FFに合わせて新型PCまで買ってしまいました。デルのFFパッケージモデルです。FFのために16万円です。ダメ人間でごめんなさい。廃人でごめんなさい。

スペック

Dimension 8250
Pentium4 2.4Ghz 850E
512MB RDRAM
GeForce4 Ti4600 128MB
120GB HDD 7200rpm
Sound Blaster Live! 5.1

タルタルベンチの平均スコア:5500

■PC版FFのメリット
・画像がとてもとてもキレイ!ポリゴンのギザギザが無い!
・当然、文字もとっても読みやすくなる。
・チャット過去ログ回覧が早い。
・天候エフェクトがOFFできるので、吹雪や砂塵が表示されなくて視界クリア!
・解像度が高くなるので、邪魔だった状態アイコンが小さく隅っこに移動。

■PC版FFのデメリット
・音がまともに鳴らない。多PTの狩場や、エレの出る気候になると無音状態に
・お好みのIMEが使えない。
・エレコムのパッドが使いにくい(特に十字キー)
・連携などのエフェクトが派手すぎ・・・(画面いっぱいにドバーっと広がる)
・自分以外の影が、すべて丸型。
・ひこうていや、しゅうどうくつなど、FF用語が辞書登録されてなくて面倒・・・
・その他、細かなバグ多数。(アイコンの周りが半透明じゃなかったり)

なにより一番のデメリットは・・・

ウィンドウモードが無い!

私はFFの他に、半年ほどウルティマオンラインをやった事があるのですが、このウルティマはウィンドウモードがあって、便利ソフトや攻略サイトなどを同時に起動できるので、とても便利でした。

で、FFも当然このモードがあると信じてた私はスタン食らいました。ばななや連携神といった便利ソフトや、攻略HPを一緒に立ち上げられないのです。ウィンドウモードが無いばかりか、FF以外のアプリが立ち上がると・・・

問答無用で落されます!

うっかり、キーボードのアプリボタンや、ウィルスソフトの自動更新なんかが始まると
それでアウト!強制的にFFが終了してしまう・・・ 特に怖いのが「ウィンドウズキー」これも押すと一発で落とされます。しかも「Altキー」の横にあるので、押し間違いやすいのだ・・・コワイヨ

なので、キーボードのアプリボタンは使用不可にして、ウィンドウズキーとタスクキーはキーボードから外しました。PC版で快適FF生活が送れると思ってたのに、なんか違う、なんか違うよぅ!!ヽ(;´Д`)ノ

しかし、さすがはPC版。グラフィックだけはキレイです!グラフィックだけは!!


ジュノの街角ミスラたん。(クリックすると大きな画像)


夕暮れの大工房。(クリックすると大きな画像)


ソムログをチョコボで駆ける。(クリックすると大きな画像)

Rufaの冒険は、まだまだ続く・・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.