← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2002年10月



街で見かけた全身まっ白なエルヴァーンのお姉さん。ハァハァ・・・

ヶ月目突入です。この間、ビッグスクーターミーティングにまったく参加してなかったせいか、巷ではRufa死亡説(ぉぃ が流れているらしい・・・ うぅ、このままでは忘れられてしまう!?

危機感を感じながらも、プレステの電源を入れてしまう・・・うーん、ある意味、死んでますな・・・ ちなみにこの4ヶ月で得られたものは、5キロの脂肪だけです・・・

ともあれ、先月に引き続き黒魔道士育て。10付近まではソロでも問題なく経験値が稼げる強さが凄い。ガルカの魔道士なんて全然ダメだと思っていたので、意外な驚きと、未来の希望が見えてきました。

ファイアを覚えるレベル13になった頃、パーティーのお誘いが・・・!黒魔道士として・・・いや、後衛としては始めてのパーティー戦にちょっとドキドキ・・・

なにせこのゲームを始めてから、ずっと戦士(前衛)として働いてきたので、後衛の仕事は勝手が分からないので不安・・・んが、しかし、やってみると、これがけっこう簡単でお気楽なのでした!

前衛の仕事は、敵探し、釣り、盾(挑発)、連携などなど、やる事が沢山あるのに対し、黒魔道士はただ精霊魔法を連発するだけ。まったくお気楽である。その反面、戦闘に緊張感が無くなって、ちょっとつまらないのも事実だけど・・・

魔道士育ての本拠地にしているウィンダス。タルタルの出身国だけあって、魔道士が多い。魔道士が多いので魔道士の装備や魔法も充実しているのが便利なのだ。ちなみに、この街の競売所の前には名物タルタルバザーが見られる。

まるで手を繋いでいるように一直線にタルタルが並ぶ光景は、バザー見ていて楽しい。そしてカワユイ・・・ハァハァ

ベル15を過ぎたあたりで狩場&本拠地をセルビナに変更。ちなみにガルカ黒は強いといっても、ソロの時の話。さすがにMPが少ないので、パーティー戦闘ではイマイチ人気がない。というか誘われない。参加希望出してたって、1時間2時間放置はあたりまえである。

なので自分でリーダーやってパーティーメンバーを集める事になる・・・なんか、苦しい戦士時代を思い出してしまった・・・

セルビナでパーティー集めをしていた時、どうしても前衛が集まらずに黒魔道士だけのパーティーを組んだ時があった。戦法は、みんなでガンガン強力な魔法をうちまくる!作戦名「ガンガンいこうぜ!」。これがまたけっこう強くてビックリ。こういう戦い方もあるんだなぁと勉強になりました。

ちなみにこのパーティーの時、偶然私と同じガル黒さんとも一緒に!目的はやっぱりデジョン。みんな考える事は一緒なのね・・・

いに、黒魔道士レベルも17になり、念願のデジョンを習得!!

17じゃちょっと中途半端なので、MP消費が少なくなるコンサーブMPというアビリティを覚える20まで上げました。

念願のデジョンもゲットしたし、さっそく種族装備ゲットクエストへ!ナイト40/黒魔道士20にジョブチェンジ。チョコボでダンジョンへ行き、宝をゲットしたらデジョンで街へ一瞬に帰還!いやぁ、便利すぎ!!

デジョンのお陰で、いきなり種族装備4種類コンプリートできちゃいました!!デジョン様様です。もちろん、種族装備クエ以外のクエストでも大活躍!ちょっと他の街へ買い物に行くときだって、行きは飛行艇、帰りはデジョンで楽々です。

衛を経験して、その気楽さにすっかり慣れてしまったわしは、前衛のナイトに戻るのが億劫になってしまった(ぉぃ

しかもせっかく集めた種族装備はガル魔道士のための装備ときたもんだ。ちなみに種族装備全部でMPは100もアップ!エレクトラム装備も合わせると、160もアップする!

・・・ってなワケで、しばらくは後衛をやってみる事にしました。後衛といえば花形「白魔道士」だ!

ずももーん・・・!!(注:白魔道士です)

全然、癒し系の白魔道士に見えないよ!!怖いよママン・・・
黒魔道士の時の本拠地はウィンダスだったので、白魔道士の本拠地はサンドリアにしてレベル上げ開始。(ただ単に気分転換)

さて白魔道士ですが、これまたガルカでもけっこう強い。いや、ガルカだからこそ強いのか、山の幸串焼きという攻撃力がアップする食事をすると、サクサクと敵を倒していける!

白魔道士は黒魔道士と違って、攻撃魔法が無いので、殴るしか攻撃方法がないので、腕力の強いガルカはメリットが大きいのだ。ともあれ、ガルカは何やってもソロでは強いなぁと実感。・・・あくまでも、ソロではね・・・

魔道士がレベル11になると、急にモテモテになる。ケアルUという強力な回復魔法が使えるようになるからだ。まだレベル10だった頃、「あといくつでレベル11になりますか?レベル11になったらパーティー組みませんか?」という誘いが来た程だ・・・っていうか、レベル10じゃパーティー入れてくれないんですか?そうですか・・・

ともあれ、レベル11で世界が変わる!これホント。

黒魔道士の時は、狩場に到着して、早くて1時間後くらいにパーティーができるけど、白魔道士だと、狩場に行く途中で誘われる。これには驚いた・・・

狩場はいつものセルビナ。廃船の上でタイタニックごっこなどしながら、黒魔道士の時と同じく、ここでレベル20まで上げた。

さて、セルビナでレベルを上げてた頃、一人の戦士がパーティーに入ってきたのですが、この戦士、なんと装備をまったくしていない・・・ わしが「あの装備はしてないんですか・・・?」と恐る恐る聞くと「いやぁ、だってここ(砂丘)暑いじゃないですかぁ、ムサ苦しい鎧なんて着てられないっすよ」と言いやがりました。

しまった、とんでもないヤツを入れてしまったと後悔。・・・しかし、戦闘が始まると戦士はササっと防具を装備。しかも最高装備。・・・そう、この戦士はただゲーム内の気候でロールプレイしていただけなのだ。

それを知ったわしは急に恥ずかしくなってしまった・・・わしは、いつからこんなに余裕が無く、ギスギスしてしまったのかと・・・

それ以来、わしは回復マクロの際に「パワーー!」とセリフを入れている。

魔道士も白魔道士もレベル20になった所で、レベル上げのメッカ、ジュノへとお引越し。セルビナで白の誘いの早さに驚いたが、ジュノはそれ以上に凄い。なんとログインして10分しないうちに速攻お誘いが来る。同じ魔道士でも、黒の時は不人気だったのに・・・白魔道士の人気は種族の関係はないみたい。

しかし、MP少ないガルカなので、一人ではとうてい回復が追いつきません。なので、たいがいは回復サポートとしてのお仕事。

ヒューム白やタル白と組む事が多いのですが、ガルカ白はちょっとタル白に好かれる傾向がある?なんとなくだけど・・・ 前に組んだタル白さんは、ずっと私の股下にもぐってました。

わし「マッスルパワーーー!!」(回復セリフ)
タル「まっしゅるぱわーー!!」(可愛くマネする)
わし「気合が足りーん!ケアルはパワーだ!熱いパワーなのだ!!」
タル「あい!!!」

・・・か、カワユイよぅ

ジョンを覚えて用済みだったハズの黒魔道士も、白魔道士のサポ用にと一緒にレベル上げ。時間に余裕が無く、パーティーが組みづらい平日の夜は白魔道士。時間に余裕のある休日に黒魔道士。というローテーションでレベル上げ。

うーん、なんかすっかり後衛の仕事に慣れてしまった・・・このまま魔道士で行こうかな?便利な魔法もいっぱいあるし・・・と心揺れ動く今日この頃。

魔道士の便利魔法の代表といえば、テレポ!各地のテレポポイントまで一瞬で移動できる便利な魔法だ。しかし白魔道士レベル36で覚える魔法なので、戦士だった私は気にしてなかったのですが、白魔道士を育て初めた今、急に意識し始めたのです・・・ホスィ・・・

というワケで、テレポ取りツアーを企画。なんと16人のフルアライアンスができてしまった!

16人でゾロゾロと出発。

16人いれば敵が何匹リンクしようが怖いもん無しです!

せっかく集まったので、道中のボスティン氷河で記念撮影。

古墳のテレポ、要塞のテレポ、グスゲンのテレポと順調にゲット。最後の最後でボムの自爆で死者が出てしまいましたが、なんとか参加者全員テレポ全種類ゲット!・・・すべて終わった時は午前4時でした・・・土曜の夜で良かった。

レポも取ったし、こうなったら習得できるレベル36まで白魔道士を頑張るぞー!と心に誓う。それに、白魔道士はサラリーマンにとてもイイのです。

ログインして10分、遅くても30分以内に誘われるので、平日夜のプレイ時間が少ないサラリーマンにはピッタリのジョブなのです。

・・・戦士時代、1時間2時間放置されていたのが嘘みたいです・・・

しかも、連携やバッシュなど、画面を凝視してなくてはいけない仕事が無くなったので、なにげに目にも優しい!

・・・ナイト時代、スケルトンのガ系魔法をバッシュすべく、画面を凝視して目が悪くなってたのが嘘みたいです・・・

ガルカ魔道士は良く珍しがられる存在だけど、最近になって、タル戦士(前衛)も増えてきた気がする。

タル「ルファさんはなぜガルカで魔道士を・・・?」
わし「うーん、便利な魔法使えるってのと、なにより、前衛に飽きちゃったので・・・
   タルさんもなぜに戦士を・・・?」
タル「連携攻撃やってみたかったのと、なにより、後衛に飽きちゃったので・・・」

なるほど。と思いましたさ・・・・

しはゲーム世界で、自分の事を「わし」と言っている。なんとなく、ガルカっぽいイメージでロールプレイできるからだ。・・・しかし最近、「わし、ミソラーメンで」とか、「わしと同じ操作をして下さい」とか、リアル世界でも「わし」を使うようになってしまった・・・これは、ヤヴァイ・・・

はっ・・・!!そういえばこのレポートでも「わし」って言ってるし・・・・

Rufaの冒険は、まだまだ続く・・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.