← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2002年7月



サンドリアのアイドル、Curillaタンとツーショット。ハァハァ・・・

のゲームを始めて、早くも1ヶ月がたった7月のはじめ。後に地獄のパッチと呼ばれるバージョンアップが行われた。

いままで「とても強い敵(通称:とてつよ)」を狩って、毎回経験値を200もらってウハウハだったのが、今回のバージョンアップで「とてつよ」な敵が本当にとても強くなって簡単に倒せなくなってしまったのだ。

私はちょうどジュノ周辺でレベル上げしていたので、事態の変化をアリアリと痛感した。いつものようにPTを組み、いつものように「とてつよ」に挑み、そして、何度も全滅した・・・

「こんなハズでは・・・」 「おかしい!何かおかしいよ?!」

PT全員は狩場で呆然と立ち尽くした・・・ あの、もうだめぽ・・・な諦めムードはいまでも忘れない・・・

ほとんどのプレイヤーの意見は「なんでこんなに難易度を上げたんだ!元に戻せ!」というものだったが、「いままでとても強い敵を倒せて、簡単にレベル上げできてたほうが不自然だ」という者もいて意見は様々だったけど、とにかく遊びづらくなったのは確かだった。

難易度的に、経験値200くれそうな強い敵と戦っても、結局は100前後。つまりは、いままでの戦いでは半分しかもらえない事になってしまったのだ。それでもなんとか頑張って、ついに運命の分かれ道(?!)でもある、レベル30に到達できた!!(つ、つかれた・・・) レベル30になると「エキストラジョブ」を追加するためのクエストに挑戦できるのだ。

キストラジョブになれるこの時を、私は心待ちにしていた。正直、赤魔道士は中途半端すぎたのだ。打撃は弱いし、装備も良い物を選べないし、MPないので回復役としても不十分、攻撃魔法も黒魔道士には到底かなわないときたもんだ。ガルカで赤魔道士を選んだのがそもそも間違いだったけども、これでようやく中途半端なジョブとおさらばできる。(*ガルカでは中途半端という意味ですので誤解無く)

エキストラジョブには、ナイト、暗黒騎士、獣使い、狩人、詩人の5つがある。そのうち獣使いと狩人はある意味「趣味」みたいなジョブなので論外(ぉぃ) 詩人はイマイチPTでの立ち回りが分からない・・・ 戦士の挑発と合わせると最強の「壁」となるナイトか、ジョブナンバーワンの攻撃力を誇る「アタッカー」暗黒騎士か、この2つのジョブで非常に悩んだ・・・

なにせまた1から育て直すコトになるので、エキストラジョブ選びは慎重にならざるを得ない。そして悩みに悩んだ末、ナイトになる事に決めた。PTの攻撃を一身に受け止める「白き壁」うーん、カッコいいかも!ガルカにとっても似合っているだろうし。というワケで、いざ、ナイトになるためのクエストを受けられるサンドリアへと移動だ!!

イトになるためには、試験を3回受けなくてはいけない。最初の2回はレベル30では簡単だったけど、最後の試験が難関だった。「ダボイ」というオークの巣窟奥のアイテムを取ってこなくてはならないからだ。

ダボイのオークは、レベル30でも強敵。とても1人で潜入するには難しすぎる・・・ということで、ナイト志願者のメンバーを募り、ダボイへと潜入する事に。ミ、ミンナデイケバ、コワクナイ・・・

・・・と、ダボイへ入ってすぐ事件は起きた。なんとメンバーの1人が岩場にハマって動けなくなってしまったのだ。いわゆるゲームのバグで、ログアウトしようが無駄だった。しかたなくGMを呼ぶことに。私にとっては初めてのGM拝見。真っ赤に燃えててカッコ良かった・・・

で、カンジンのナイト試験アイテムは、あと少しという所でオークの集団に出くわして大混戦に。 「うがー!!オークが6匹もリンクしたぁ!!」  「あの角を曲がればアイテムある!急げ!!」  「えー?!どっちーー!!」  「そっちじゃない、こっちだー!!」  「うあ、俺あと一撃で死ぬよー!!」  「しばらく俺が壁になる(挑発!)はやく川から上がれって!!」  「いまケアルする!!」  「ちょい待ち、俺マップ持ってないよ!!」  「俺についてきて、もうすぐ!!」  「うぁ、今度はスライムの集団だ!!」  「とにかく敵は無視!!アイテム取ってー!!」  「取ったーー!!」  「どこどこ?!」  「その井戸を調べれって!!」  「これ?OK!取った!」  「みんな取った?OKか?・・・ぐは」  「うん、取った!・・・ぐは」  「OK!!・・・ぐは」  「ぐは・・・・・」  「・・・・・・」

・・・結局全滅しながらも、全員無事にアイテムをゲット。晴れてナイトにジョブチェンジ可能になりました!!うぉっしゃー!!!!

・・・とはいえ、またレベル1から育て直しなんだよなぁ・・・はぁ・・・

っかく1からレベル上げするなら、他国のクエストも一緒にやりながらと思い、ウィンダスに引っ越す事にした。・・・と、その引越しの道中、モンクの集団と遭遇。ぐるっと輪になってる・・・ なんでも、モンク限定集会イベントだとか・・・

面白そうだなぁ、俺も昔モンクやってたなぁ、続けてれば良かったかなぁ・・・などと思いながらウィンダスに到着。

他国の土地でのレベル上げは新鮮でお得だ。自然とクエストもこなせるし、街の構造も覚えるし、他国領土で戦えば個人戦績も多くもらえるし、一石四鳥だ。

地獄のパッチも良い具合に影響した。強い敵は倒しにくくなったけど、反対に弱い敵は倒しやすくなったので、ソロでの低レベル上げは非常に楽になったのだ。しかもナイトは戦士並みのパワーに加えて回復魔法が使えるので、楽な敵相手には連続5、6回戦も余裕〜!!

クサクと気持ちよくレベル上げてましたが、ちょっと一時中断。なんでも、パルブロ鉱山でミスリルを掘って売ると、かなり儲ける事ができるらしく、しかも、この儲け作業は、近々下方修正されるらしい・・・との情報をゲット。 こ、これは稼げるうちに稼がなくては!と急いでバストゥークに帰国する事に。

ウィンダスからバストゥークはかなりの長旅だ。チョコボを使ってジュノ経由で行くので、なにげに世界一周する事になる。その道中、初めてメリファトの地へ来た。味気ない荒野だったけど、空中に浮かぶ岩の鎖を発見! なんとも不思議な建造物(?)だ・・・今回は通り過ぎただけだったけど、今度ゆっくり観光に来てみよう。

メリファトを抜け、ソムログを抜け、ジュノを抜け、ロランベリーを抜け、バシュハウ沼の真ん中あたりで、急にチョコボから落とされた・・・ あれ?! ・・・あぁ!しまった!チョコボ騎乗はリアル時間で30分上限だったんだ・・・ おマヌケな私は、バシュハウ沼からトボトボと徒歩でバストゥークへ向かいました・・・トホー・・・

ミスリルマラソンと呼ばれるこの金儲け。具体的な方法は・・・

(1)裸になる。(1つでも多くアイテムを得るため)
(2)つるはしを2ダース程買う。
(3)鉱山へ行き、つるはしでミスリルを持てるだけ掘りまくる。
(4)街に戻ってミスリルを売って、ウマー!

・・・というものだ。バストゥークの街に戻ってみると、裸のプレイヤーが忙しそうに行きかっていて、一種異様な光景だ。アホらしいとか思っていたが、数分後、私はこの異様な光景に溶け込む事になる・・・

パルブロ鉱山に行ってさらに驚いた。回りはプレイヤーだらけである(しかも裸)。そして、みんな一心不乱にミスリルを掘っている。こんだけ人がいるのに会話は1つもない。サクサクとミスリルを掘る音だけが、鉱山に響いている・・・

パルブロ鉱山といえば獣人クダフの巣窟だ。私はレベル30あので、絡まれる事はないが、低レベルのプレイヤーはすぐ絡まれてしまう。ミスリル精製機の前などは低レベルプレイヤーと敵が入り乱れて、大変な混戦状態になってしまっている。助けようにも、人が多すぎてうまくターゲットが合わず、なすすべもなく低レベルキャラは死んでいく・・・ 阿鼻叫喚の地獄絵図とはまさにこの事だ。

街へ戻るための船も順番待ち状態・・・
・・・そこは、金の亡者が集まる鉱山、パルブロ・・・・

ともあれ、30分で5000ギルも稼げるんだから、みんなが必死になるのも当然だ。私もトータルで8万ギル稼いだ。その後、予想通り下方修正が入って、ミスリルマラソンはあまり儲けのないものとなった。多くのプレイヤーで賑わった鉱山も、いまはひっそりとしている。

スリルマラソンも終わったし、またまたウィンダスに戻ってナイトのレベル上げを再開。他国でのレベル上げは、様々なメリットの他にも、今まで見たこともなかった敵と戦えるので、けっこう面白い。

レベルも順調に上がり、狩場もサルタバルタからタンロギへと移動。タンロギのキリンが、経験値も多いし、落とすアイテムも高額で売れるので、キリンだけども、ウマかった。

たまにブブリムでSJ所得PTなどと混じりながらレベルを上げていく・・・

ブブリムでレベル上げの最中、倒したキリンが消えないバグが・・・しかも私だけに見えてるらしい。コワー・・・

日も今日とてレベル上げ。なんかこのゲームはレベル上げしかやる事なくて、ある意味ツマラナイ。もちろんクエストやミッションもあるけど、やり尽くすと結局レベル上げしかやる事がなくなる。

そんな殺伐とした感の中、初めてのオフィシャルイベントが開催された。イベント内容は迷子になった21匹のモーグリを探し出せ!というものだ。

各地21箇所の散りばったモーグリを見つけると、モグポイントというものが貰える。このポイントは、低レベルでできるだけ多くのPTで行くと多くもらえる。たとえばレベル20のソロで貰えるモグポイントは30だけど、レベル1の6人PTで貰えるモグポイントは99と、その差は大きい。

さっそくバストゥークに戻ってみると、告知モーグリの周りはプレイヤーであふれ返っていた。ラグはもちろん、回線落ちもたびたび起こった。

回線落ちの危機に幾度となく悩みながらも、なんとかできるだけ人を集める。

結局12人の2PTアラでモーグリを探す事に・・・ちなみに、こんな大勢と行動するのは、私はコレが初めてです・・・まさかアラ初体験がモーグリ探しイベントになるとわ・・・

街を出てみると、タルタルの集団と遭遇!思わず鉄球を投げてみたくなる光景だ・・・(ぉぃ)

ホケーと見物してるとワラワラと集まって来た。 ついつい「はぁい!迷子さんはいないかなぁ?先生にちゃんとついてくるのよー!」と言いそうになる。タルタルだけの集団でモーグリ探しらしい。面白そう・・・そしてカワユイ・・・ハァハァ

ともあれ、我々もモーグリ探し開始。12人もの集団でワラワラ移動するのは初めてなので、とっても新鮮だった! しかしラグが激しいのでみんなワープ(?!)しまくり。

迷子モーグリの周りはプレイヤーだらけ。ちなみに、このイベントは時間制限があるので、みんな必死だ。場所によってはラグや回線落ちが激しく、まともに移動できない場所も。とくにセルビナ周辺は酷かった・・・ このイベントは後に高負荷テストとまで呼ばれる事に。

バストゥーク、北グスタベルク、涸れ谷、コンシュタット、セルビナと順番に迷子モーグリを捜していく。が、セルビナに来たあたりで、ラグが最悪な状態になり、10歩歩くごとに回線落ちの状態になってしまった。PTとも連絡が途絶え、しかたなくソロになってラテーヌの迷子モーグリを見つけ、東ロンフォールに向かう途中で時間切れになってしまった。

結局私は「シルバーモグベルト」をゲット。HPが+2%アップするだけの、まったく役立たずアイテムだったけど、記念品としてはやっぱ嬉しい。でも時間制限がもう少しあれば、ゴールドモグベルトまで行けたのにな。ちょっと悔しい。

しかし、12人での集団行動など、いままで体験できなかったし、レベル上げで殺伐ししてたので、良い気分転換になった。

ーグリ探しイベントの熱も覚めやらぬ内に、めでたい出来事が!なんと万年最下位だった我が国バストゥークが、初めて1位になったのだ!!

1位になったという事は、国で売られるアイテムがランクアップしたり、領土が増えるのでレベル上げが楽になったりと、いろいろな利点がある。とくにアイテムのランクアップは重要で、まさにその時にしか買えないアイテムもあるので、心待ちにしていたプレイヤーも多い。

さっそく武器屋に行くと、早くも大勢のプレイヤーが集まっていた!人が多すぎて、SSを撮った瞬間に回線落ちしてしまうほど。しかもこの混乱の中で不具合が起きたのか、武器屋にGMまで登場する始末。

しかし、せっかく店で売られるアイテムがランクアップするといっても、ほとんど高レベル用なので買えるワケもなく、せっかく1位になったのに何も買えない寂しさにショボーン・・・

1位になった証拠である、サーカス団も登場!!バストゥーク万歳!!!祭りだ祭りだー!!

りといえば、プレイヤー同士の企画により「ウィンダス盆踊り大会」が開催された。

主にタルタルが噴水の周りを踊るイベント。みなモーションを巧みに使って踊っている。あぁ・・・かわゆい。。。。

お祭り騒ぎ3れんちゃんでバタバタとしながらも、レベル上げを再開・・・

ウィンダスでのクエストも大体消化したし、せっかく自国に戻ってきたので、近くの涸れ谷でレベル上げ。ここに出てくるゴブとウサギは高額で売れるアイテムを落とすので、レベルも上がってお金も稼げてウハウハ。

コツコツとレベルを上げていき、ようやくレベル17になりました。リザードシリーズを装備して記念写真。・・・しっかし、全身茶色いとますます獣人に見えるなぁ・・・

涸れ谷では物足りなくなたので、かつてSJを取得したセルビナへ・・・ しばらくはここでレベル上げの毎日が続くでしょう。 しっかし、またこの地に戻ってくる事になるとはなぁ・・・・

Rufaの冒険は、まだまだ続く・・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.