← トップページへ戻る


FINAL FANTASY XI ONLINE
Rufaのヴァナ・ディール冒険記
2002年5月29日〜6月30日



バストゥークのアイドル、Ayameタンとツーショット。ハァハァ・・・

002年5月16日、待望のファイナルファンタジー11の発売日。
今までファイナルファンタジーは、ドラマティックな物語と斬新なシステムがウリなRPGだった。しかし今回はいままでの流れをひっくり返してMMORPG(多人数参加型大規模オンラインゲーム)として登場。FF4からのファンだった私はかなり動揺したが、それ以上に未知のオンラインゲームに対する期待と好奇心が大きかった。

というワケで、いざゲームショップへ・・・
しかし「プレイステーションBBユニット」がないとプレイできないと追い返される・・・ そう、ネットワークに繋げるアダプタとハードディスクが必要だったのだ。当たり前といえば当たり前な話だけど、実は私は発売日当日までは知らなかった・・・アホな自分に嘆きつつ、すぐさまBBユニットとソフトを注文。

FF11の環境整えついでに、HDDが内臓できる新型PS2本体まで買い換えてしまった。私が持っていたPS2は初期型だったので、HDDが外付けになってしまうからだ。結局、FFのために5万以上出費した私って一体・・・

5月29日、注文から2週間近くかかってやっと「プレイステーションBBユニット」が到着した!在庫が少なく、流通がフン詰まり状態らしい・・・さっそくその日の夜9時にセットアップ開始。今ならテレホタイムを避けれるかなァ・・・

PSBBのセットアップからプレイオンラインのセットアップ、FFのセットアップと進んでいく。しかし、そのセットアップ作業がやたらと時間かかる・・・パソコンの再インストール以上に時間が・・・・結局、全てのセットアップが終わるまで2時間もかかってしまった!

9時に始めたので、セットアップが終わった時はもう11時。テレホタイムにぶつかってしまった・・・この先のFF11の認証作業がチト心配・・・そう、FF11のセットアップで一番怖いのが認証作業らしい。ネットワークの状態や機器の状態では認証がうまくいかず、ゲームが始められないらしいのだ。特に古いPS2だとうまくいかない事が多いとか。

恐る恐るネットワークに接続。しかし心配をよそに、あっけなく認証は通りログインに成功!何のエラーメッセージも出なかった!新機種に買い換えたのが吉だったのかな?ともあれ、いちおう5月中に始められてホッとする。

まずは肝心のキャラメイキング。FF11ではキャラクターをある程度自由にカスタマイズできる。種族や性別、髪型や身長まで選択でき、300種類以上の組み合わせがある。

これから数ヶ月・・・いや、もしかしたら1年以上付き合う事になるキャラだから、慎重に選ぶ。こういう場合、無理して変にカッコイイキャラや、女性キャラなんぞになってしまっては、途中で疲れてしまだろう・・・ なので、一番自分に近いキャラクター作りがコツだ。・・・というワケで、種族をガルカに設定。理由は・・・言わずもがな・・・ジョブは、初期投資も少なくてガルカに似合っているモンクに決定。

出身国はバストゥーク共和国。ヴァナ・ディールで一番大きな大陸、クォン大陸の南に位置する、まだ歴史の浅い新しい国だ。金属の精製や加工が盛んな工房都市で、街の中央にはかの有名な「シド」が働く大工房があり、街の南には鉱山もある。街の周辺は、草木も生えぬ厳しい大地グスタベルグが広がっている・・・

すべての設定が終わり、バストゥークの街に投げ出され、

Rufaの冒険が今、始まった!

・・・目的は、まだ、無い。

ストゥークの街へ投げ出された私。右も左も前も後ろも分かりません。何をしていいか分からず、右往左往する私の横を、他のプレイヤーが忙しそうに駆け抜けていく。 

最初はワケわからん状態でしたが、街をまわっているうち、何もする事がないようにみえて、実はやるべき事が沢山ある事にだんだん気づいてくる。
 
今回のFFは「ストーリー」らしきものがない。その代わりに、ミッションやクエストといったある種「お使いイベント」が多数用意されている。古くはかの名作「ロマンシング・サガ」を思い出されるスタイルだ。

私が始めてやったクエストは、バストゥークの街中にいるNPCのスタンプ集めだ。おかげで街の構造を覚える事ができた。他にもお金や武器や防具をもらえるクエストもある。

それらクエストを数多くこなすためには、敵を倒す必要もあるのでレベル上げをし、レベル上げにはお金や装備が必要なので、クエストをこなして報酬を得る。といった循環が自然とできあがる。

積極的に世界に協力すれば、世界はそれにちゃんと応えてくれる。まったく上手く出来ていると思う。

そうやって、一人一人が、一人一人の物語を創って行くのだ。ストーリーなんて無くても、その世界で生活しているだけで楽しいという事。

そんなこんなで、いつの間にかどっぷりハマっている自分に気づく。休日の平均プレイ時間15時間・・・・FF廃人になりそうな予感・・・

こ数日、ソロでレベル上げやクエストをこなしてきたけど、ソロでは太刀打ちできない強敵もチラホラ出てきた。無理に強敵と戦う必要もないんだけど、クエストの中には強敵を倒さなくてはならないものもあったりするのだ。

というワケで、初めてのパーティープレイをする事に。街でパーティー募集をかけると、すぐに仲間ができた!慣れない手つきでチャットコミュニケーション。そして力を合わせて強敵を葬る!いやー、1人の時とは違って、メチャ心強い!!
 
今まで苦戦していた敵も、危なげなく・・・いや、余裕で撃破していく。そのかわりPTだと経験値が減ってしまうけど、強敵と戦えばそこそこ入るし、ソロよりいくらか効率が良い気がする。

なにより、他の人と協力し合えるのが楽しいし、心強い。いやはや、このパーティープレイこそ、FF11の最大の醍醐味なんだなぁと確信。

の日もまた、パーティーを募ってレベル上げ。集まったのは戦士1人と赤魔道士1人。しかし、赤魔道士さんがなにやら様子が変。なにが変って、戦い終わった後にヒーリングをしないのだ。
 
見かねて「なぜ回復しないの?」と訊ねても「私は・・・まだいいです」とワケの分からない答え。その後も赤魔道士さんはヒーリングする事なく、ついにMPは尽き、HPも危なくなってきた。
 
たまらず私は「PTのためにもヒーリングして下さい!」と訴えると「あの・・・ヒーリングって何ですか?」と、トンデモ発言!!私は思わず「ギャグですか?!」と聞き返してしまった。
 
そう、赤魔道士さんはヒーリングを知らなかったのだ!なのにレベルは10。一体どうやってレベルを上げたのか問うと、モグハウスと街のツェールン鉱山を往復して10まで上げたらしい・・・いやはや、ある意味凄いというかなんと言うか・・・

日は休日!さぁ、思いっきりプレイしちゃうぞー!と張り切ってパーティー組んでレベル上げしていたら、突然相方の戦士の姿が消えた・・・なに?!どしたん?!と思っていたらイキナリ画面がブラックアウト。そして「回線が切断しました」のメッセージが・・・
 
そう、いわゆる「サーバーダウン」それも1回や2回ではない。ここんとこ週末プレイしてると頻繁にダウンしまくる。だいたい5時間くらいで復活するけど、酷いときには24時間プレイ不可なんて時も・・・ちくしょー!!サラリーマンは休日にしかプレイできないのにー!!!!

重なるサーバーダウンに耐え、なんとか赤魔道士レベル8に。え?なぜにモンクだったのが赤魔道士になってるかって?

実は、序盤の山場でもある「サポートジョブクエスト」のアイテムを落とすモンスターが、物理攻撃に強くモンクでは役に立たない所か邪魔なだけという情報を知り、気分転換と戦力アップの訓練を兼ねて、モンクから赤魔道士にジョブチェンジしたのでした。

殴るだけのモンクと違って、赤魔道士は回復魔法や攻撃魔法も使える、スーパージョブなのだ!
 
しかし、ガルカの赤魔道士はMP無くてすぐガス欠するんですけどね・・・

レベル8にもなると、街近くのグスタベルグの敵では経験値をもらえなくなるので、一路ワンランクレベルの高い、コンシュタット高地へ・・・

・・・その道中、とてつもなく大きな滝を発見・・・!グスタベルグは荒野ばかりで見所ないと思ってたけど、なかなか壮大で良い感じです。唯一の観光スポットか?!

グスタベルグからコンシュタットへ入っても、しばらく細い亀裂路が続くのでエリアが切り替わった気がしないのですが、しばらく進んで亀裂路を抜けると、突然視界が開けて・・・

青い空と、緑の大地と、白い巨岩が目の前にババーンと広がる!

思わず「おぉ!!」っと感嘆の声をあげる・・・この世界は自分が想像しているよりも遥かに大きいかもしれないと思ったのだった・・・

荒野のグスタベルグとはうって変わって、コンシュタットは緑豊かな大草原だ。その中央には、やたら大きな巨岩がでーんと鎮座している。

その巨岩の前には、怪しく光るクリスタルが・・・どうやら「テレポ」という魔法を使うワープポイントのようだが、新米の私には意味の無い場所だろう・・・

コンシュタット東側にはグスゲン鉱山がある。バストゥークにもツェールン鉱山があるし、グスタベルグにもパルブロ鉱山がある、鉱山だらけの地域なんだなぁ・・・やっぱり、ここのグスゲン鉱山も亀地獄だったりするのだろうか?

発クエストの他にも「ミッション」という連続性クエストがあって、私も挑戦してみたのですが、クゥダフという亀型獣人の人形集めで挫折してしまいました。クゥダフの巣窟パルブロ鉱山へ挑戦しにいったのですが、ともかく敵の数が多くて逃げ帰ったのです。

だって何も無い場所から急にクゥダフが何匹も現れたりするんですよ?後にバグだと分かったのですが、あの理不尽な亀地獄の恐怖はトラウマになってしまいました・・・

り場をコンシュタットに移動し、通称「ミミズ谷」でレベル上げ。ここには、弱いけど経験値を多くもらえるミミズが大量にいて、しかもやっかいな獣人がいないので、安心して狩りができる貴重な場所だ。

順調にレベルは上がっていく・・・が、実は街からこの狩り場まで、ゲーム時間で半日、現実時間では15分もかかってしまうのが辛い。

さて、いままでパーティー組んでレベル上げてましたが、やっぱり経験値が減ってしまうのが痛い。レベル12くらいまでは、ソロで戦った方が効率がいいことに気づき、ひたすら一人で黙々とレベル上げ・・・

調にレベルは上がり、ついにケアル2を覚えられるレベル14に!!これで戦いにますます余裕が。反面、もらえる経験値は少なく・・・

さらなる強い敵を求めて、コンシュタットよりもさらにワンランクレベルの高い、バルクルム砂丘へ。

ちなみに、この砂丘に来る途中の洞窟に、恐ろしい殺人コウモリがいると聞いてビビっていたのですが、私がウワサの洞窟を通り抜ける時にはいませんでした。誰か倒してくれたのだろうか?

さて、来たはいいけど、敵がとてつもなく強くなっている!!はっきりいって、ソロでは到底太刀打ちできない。「楽な相手」のうさぎ相手に、瀕死状態・・・
 
これが良く言われる「ソロの限界」か・・・ でもパーティー組むと経験値は頭割りで少なくなるんだよなぁ・・・ でもソロではもうどうしようもないし、しょうがない、パーティー組むか・・・

渋々ながらもパーティー募集すると、周りは同じ境遇(ソロの限界)の人達ばかりなのか、10分もしないでフルパーティーが出来上がる。すると、面白いように強敵相手に戦えるではないか!!
 
ソロだと、経験値120くらいが最高だったけど、パーティーで強い敵に挑めば、200なんて数字も!!落とすアイテムも高額なものばかりなので、ウマー!である。パーティープレイ最高〜!!

経験値が減ることばかり気にしてパーティーを倦厭していたけど、ちゃんと強い敵と戦えば経験値もちゃんと増えるのだ!

の狩り場、バルクルム砂丘は「パーティープレイでウマー!」なのはいいんですが、いかんせんバストゥークからの移動が現実時間で30分もかかるのがツライ・・・しかもコンシュタットへ戻る途中の洞窟には恐怖の殺人コウモリがいるときたもんだ。
 
そんなこんなで、セルビナに入り浸る毎日が続く。 レベルはけっこう上がったし、今度はサポジョブアイテムが欲しいなー・・・などと思っても中々手に入らない・・・

パーティー仲間はどんどんゲットしていくのに私だけ・・・いいんだ!泣かない!だって強いガルカだモン!!夕日に向かってダッシュだー!!(ToT)

そんなこんなで、我が国バストゥークでは、サポジョブアイテム争奪やミッションアイテム(亀人形)争奪による犠牲と、セルビナ入り浸りによるシグネット不足により、コンクエストが劣勢状態となり領土が縮小。雰囲気がギスギスしているのだった。

ベル上げのため、セルビナに来て早1週間。いまや目的はサポートジョブアイテム取得に変更。ちなみに、ここに来た時のレベルは14だったですが、すでにレベル19になってしまいました・・・
 
レベルは順調に上がれど、サポジョブアイテムはゲットできず・・・アイテムは出る事は出るんですが、ロットイン負けしてしまうのです・・・なんとかせな・・・というワケで、トレジャハンターのある高レベルシーフさんを説得してサポジョブアイテムのお手伝いをお願いしました。
 
高レベルシーフさんは、すでにサポジョブゲット済み。そして次々とパーティー仲間をスカウト。集まってみれば、なんと私以外のメンバーはサポジョブゲット済みメンバーでした!
 
こ、これはいけるかも?!高レベルシーフさんのトレジャハンターのお陰でサポジョブアイテムがザクザク出現!!しかも私しかロットインしないのでロット負けすることなく、確実にアイテムゲット!!

そしてついに!全てのサポートジョブアイテムをゲット!!!1週間苦労しても駄目だった事が、わずか1日で達成!!!!うおぉぉぉっしゃー!!
 
ちなみに、ゲットした時の時間は日曜日の午前1時(^^; ゲットしたとたん、パーティーから次々にメンバーが離れていく・・・私のために無理して付き合ってくれたんだなーと思うと、申し訳ないやら有難いやら、熱い想いがこみ上げて来ました!!ありがとう!!

っと念願のサポートジョブをゲット!これで、さらに強くなれる!!さっそく、戦士をサポートにつけてみると・・・・赤魔道士20/戦士1・・・ありゃりゃ、これは戦士を育てなくては、サポートジョブの意味がないというもの。

というワケで、戦士を1から育て直し。グスタベルク、コンシュタットで1人でコツコツとレベルを上げて、戦士をレベル10まで育てました。これで、赤魔道士20/戦士10に!魔法も剣も使えて、挑発でピンチの時には壁にもなる。万能戦士の出来上がりー!・・・万能だけど、1つの能力で見ると、激しく中途半端なんですけどねー・・・・

ポートジョブを手に入れたら、やっとスタート地点に立ったと言ってもいいくらい、やるべき事は山ほどある。次の目的は憧れの「チョコボ免許」ゲットだ!!チョコボは2倍の速さで移動できて、しかも敵に絡まれない。これからの冒険に必須なのだ!

ネットの情報によると、チョコボ免許は「ジュノ」という高レベルエリアの街で取れるらしい。また、ゴゼビ薬草というアイテムが4つ必要らしい。という事で、ジュノへ旅立つ前に、ゴゼビの薬草をゲットすべく、ダングルフの涸谷へ・・・

あ、ちなみにこのゲームは、ネットの情報無くしては、絶対1人では攻略できません。多くの冒険者達が知恵やアイデアを出し合って、みんなで進んでいくゲームなのです・・・

涸れ谷にて、ゴゼビの薬草を必要数ゲット。しかも、グスタベルクの滝つぼに行ける洞窟があったので、ついでに滝つぼまで行って来ました。あの大滝を下から見上げる事になるとは・・・なんか不思議だ。

あ、アイテムは揃った!いざ、ジュノへの旅立ち!!・・・とは言え、これが楽な道のりではありませんでした・・・

我が国バストゥークからジュノまで、じつに5つものエリアを越えなければならないのです。まずは南グスタベルク→北グスタベルク→コンシュタット高地と移動。ここまでは問題ないのだけれど・・・・

問題は、コンシュタット高地を越えてから。まずバシュハウ沼を越える。このエリアは、ほぼ90%雨が降っていて、ジメジメした陰気な場所。当然、敵も強く、しかも雨で発見しにくいというイヤーな場所なのだ。上の写真は、奇跡的に晴れた貴重?なバシュハウ沼の姿です。いまがチャンス!とばかりに歩を進める。

バシュハウ沼の次は、ロランベリー耕地。ここを抜ければジュノなのですが、さすがに敵の強さもハンパではなく、見つかれば即瞬殺される超危険エリアなのだ。風景やBGMはのんびりとしているのに・・・

敵に見つからないよう、メタギアしながら(隠れゲーム、メタルギアソリッドのように)慎重に進む・・・

とにかく1人なのが心細くて、ずっとパーティー希望を出しながら進む(意味無かったけど)。そしてようやく、ジュノの街が見えてきました!!バストゥークから実に1時間以上もかかりましたー・・・・ふぅ・・・・2回も死んだし・・・TT

ジュノの街は変わった構造になっていて、1つの大きな塔?が街になっています。最上階は、まるで天空の城のようです・・・

高レベルな場所にあるから、悪魔城みたいな感じだろうか?猛者どもが集まるに相応しい、コロシアムみたいな感じだろうか?と、ジュノに来る前にいろんな妄想していたのですが、フツーにお上品な街なので拍子抜け。

・・・と、ジュノ観光もそこそこに、さっそくチョコボの元へ急行!!

ョコボと初対面!!リアルになったけどカワイイ!!

さて、さっそくチョコボ免許クエストを開始したんですが、これがまた大変でした・・・1日に1度、エサを与えるだけのクエストなのですが、これが連続6回やらなければならず、しかも1日はリアルでは1時間もかかるため、合計6時間もかかります。

レベル上げの途中でエサあげに行ったりしながら、ともあれ、ようやくクエストも終わり、やっとチョコボ免許を取得!!やったー!!

ちなみに、ガルカとタルタルでは、こんなに身長に差がありますが・・・

・・・この差は、チョコボにも現れます。こんなに大きさが違う!

免許も取れたし、ジュノは用済み・・・と思いきや、ジュノ周辺はレベル上げに最適な場所と分かり、しばらく滞在する事にしました。

もちろん、ソロでは勝てないので、パーティーを組んで戦います。バランス良くパーティーを組めば、経験値200もらえる「とても強い敵」をサクサク狩れて、サクサクレベルも上がって、非常にイイカンジです!!

とはいえ、いつもバランス良いパーティーが組めるとは限りません。なぜなら、パーティーに必須な、白魔道士や黒魔道士の数が少ないからです。かわりに、人口の多い戦士があぶれてしまうという結果に・・・私は一応回復魔法の使える赤魔道士だったので、誘われやすかったですが、戦士の人はパーティー組むのに2時間もかかったりと大変みたいでした・・・

私的に、レベル上げでオススメなのが、クフィム島。雪が降り積もる極寒の孤島です。ジュノからすぐに来れるので便利。

そこにいる巨人が、経験値はそこそこながら、お金をたくさん落としてウマーなのです!しばらくはこの巨人相手に、3,4人の少数パーティーでレベル上げ&お金稼ぎをしてました。

ュノに入り浸って、2週間くらいたちました。レベルも20から28へと大幅アップ!!たくさんの仲間と出会い別れて、ここまで成長できました。しかし、レベル上げに夢中になって、肝心な事を忘れてました、そう、クエストやミッションをまったくやっていなかったのです・・・

というワケで、レベル上げを中断してミッションをやることに。挫折していた亀人形集めは、競売で売っていたのを買ってクリアしました。出費は痛かったけど、亀地獄のパルブロ鉱山にはもう二度と行きたくなかったですから・・・

そして、現在のミッションは他国を渡り歩いて、情勢を調べろというもの。

まずはウィンダスへ行くため船旅を初体験!!どきどきです。

船はいいですねー・・・旅をしてるって感じです!・・・と、のんびり船旅を楽しんでいたら、急に船内が慌しくなってきました・・・何事か?!

なんと、めったに登場しない海賊の奇襲が!!いっきに船上が戦場に!!船内に海賊が乱入して、もう阿鼻叫喚の地獄と化しました。なにが起こったのかサッパリ分からぬまま、どんどん死者の数が増えていく・・・

しばらくして海賊は去り、気がついたら、生存者は4名だけでした・・・30人近く乗っていたのに・・・恐ろしや・・・ガクガクブルブル・・・

旅初体験は、とんでもない結果になりましたが、ともあれ、ウィンダスに到着。

ウィンダスは都会的なバストゥークとはうって変わって、緑豊かなイナカ街です。のんびりしたBGMと相まって、とても雰囲気が良い。街が広く感じるのは、初めて来たからだろうか、まるで迷路のようだ・・・

ここでの任務は簡単なお使いイベントだったので、観光もそこそこに、さっさとつぎの国、サンドリアへ移動・・・

ウィンダスやサンドリア周辺の景色は緑豊かでけっこう素晴らしいです。荒野だらけのバストゥークとは大違いだ。

というワケで、サンドリアに到着。(早っ いやーチョコボ使えば、あっという間です。ウィンダスはバストゥークとは正反対な街でしたが、サンドリアはバストゥークにちょっと似てるかも。大きな門があって、大きなお城があって、いかにも中世ファンタジーな外観だ。重苦しいBGMがちょっと窮屈な印象。

さて、ここでの任務はドラゴン退治。問題は仲間探しです。とても一人では遂行できません。事前に2人だけ同じ目的のプレイヤーを集めていたけど、3人じゃ心細い、なにより、赤魔道士・戦士・モンクじゃ、全滅間違いなしだ。

というワケで、現地サンドリアで仲間探し。とにかく、回復担当の白魔道士さんがいなくては話にならない。1時間・・・2時間・・・と、我々の必死の呼びかけも虚しく、時間だけが過ぎて行く。結局、白魔道士さんは仲間に入って来なくて、集まったのは赤魔道士×2、戦士×2、モンクの5人・・・こんな戦士系PTじゃ、戦死間違いなし・・・

しかし、いくら待っても白魔道士さんが仲間に入ってくれる気配もないし、この5人でドラゴン退治に行く事に。

「・・・死ぬのも、まぁ、勉強でしょう!」

・・・すでに死ぬの決定ですか、そうですか・・・

・・・PTの足取りも重く、ユグホトという獣人オークの巣窟の奥へ潜入です・・・

ダンジョンを奥深く進むと、そこには恐ろしい容姿の魔族が!!ガタガタブルブル・・・

そしてドラゴン登場!!初のボス戦!!こ、怖いよー!死んじゃうよぅママン!!!ビクつきながらも、ドラゴンの強さを調べてみると・・・

「ドラゴンは楽な相手だ」

・・・え?! ら、楽な敵ですか?!ジュノ周辺のゴブより弱いんですか?!と、困惑しながら戦っていたら、あっけなくドラゴン死亡・・・

ジュノ周辺のゴブより弱かったです。

なんだ、ビビらせやがって!と言いつつも、実は内心ホっとして、ミッションをクリアできました。平均レベル30だったので、戦士PTでも余裕で倒せたのでしょう。

サポートジョブをゲットし、チョコボ免許もゲットし、ドラゴンを倒し、ようやく一人前の冒険者として、バストゥーク国からも認められました!

Rufaの冒険は、まだまだ続く・・・・


← トップページへ戻る

■各月の冒険記へのリンク

■2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2005年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2004年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

■2003年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

■2002年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

Rufa's Archives

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

ゲーム画像の著作権
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.